来週末の大阪EBP講習と、12月16日の東京(新!)EBP講習について。

b0112009_23281432.jpg
再告知になりますが、10日後の9月16日を皮切りに、大阪でEBP定期講習を開催します!約3ヵ月に1講習のペースで大阪市立青少年センター(KOKOPLAZA、新大阪駅から徒歩5分)にて毎回異なるテーマでの定期開催(全4回、7講習)をする予定です。

第一回: 9月16日(日)
13:00ー16:30 ①EBP基礎編: スポーツ傷害評価編
16:45ー17:45 阿部と語ろう *質疑応答形式のワイワイお喋りタイム
受講費:10000円(学生9000円)
フェイスブックのイベントリンクはこちらから
お申し込みはこちらから

<継続受講割システム>
継続して受講される方には、受講2回目以降で継続受講割が適応になります。受講すればするほどお得!

第二回: 2019年1~2月開催予定
②EBP臨床応用編: 評価 - ACL損傷評価法
③EBP臨床応用編: 評価 - 手首の痛み評価法

第三回: 2019年4〜5月開催予定
④EBP基礎編: 治療介入編
⑤EBP臨床応用編: 治療介入 - 腱障害とリハビリ

第四回: 2019年8〜9月開催予定
⑥EBP基礎編: 予防医学編
⑦EBP臨床応用編: 治療介入 - AMIと抑制解除療法

楽しくエビデンスを使いこなせるようになろう!がテーマのこの講習。本来クローズドの講習であるところ、主催者さんのご厚意でオープンにして頂きました。資格関係なく誰でも参加可能です。初級者もエビデンス苦手な人も、もちろん学生さんも大歓迎!定員は50名で、満席になり次第締め切られます。

よく東京以外の他の地域でもEBP講習はしないのかと聞かれますが(機会と要望があれば私もしたいのですが)、今のところこの大阪講習以外に予定はありません。いつも東京開催ばかりで行きにくいという方はこの機会を是非ご活用ください。この大阪講習はいつも主催をしてくださる高橋さんを介していない都合でBOC-EBP CEU (継続教育単位)は一切つきませんATC有資格者の方、ご注意下さい。



さて、そして続きまして12月16日(日)に行う東京EBP講習のお知らせです。こちらの講習はいつも通り高橋さんの主催で行いますので、BOC-EBP CEUsが付きます!(ややこしくてすみません、BOCの決まりがあるのです)。申込みウェブサイトは近日中にご用意できますのでまずは日程だけ、興味のある方はメモメモしてみてください。

今回は基礎レベルの「スポーツ傷害評価編」と(3時間、3.0 EBP CEUs)、臨床応用レベルの「評価・ACL損傷編」「評価・手首の傷み編」(各2時間、それぞれ2.0 EBP CEUs)をまとめて一日で開催します。全3講習に出席すればBOC EBP CEUを一気に7.0も獲得可能です。新講習(両臨床応用レベル講習)が盛りだくさんですし、本年のEBP講習開催はこれが最後になりますのでこの機会をぜひお見逃しなく。日程と構成は以下の通りです。

<講習日時>
2018年12月16日(日)
9:30am-12:45pm  エビデンスに基づくスポーツ傷害評価: 基本から応用まで
           *途中休憩15分含む3時間講習
12:45pm-14:00pm 昼食(各自)
14:00pm-16:00pm エビデンスに基づくスポーツ傷害評価 ACL損傷の評価法 *NEW!!
16:15pm-18:15pm エビデンスに基づくスポーツ傷害評価: 手首の傷み評価法 *NEW!!

ちなみに、基礎レベルの講習は「エビデンス(科学的根拠)に基づく…」とかよく耳にするけれど、どういうことか実はよくわからない、今更ヒトにも聞きにくい、という完全初心者さんウェルカムな講習で、むしろエビデンスに対して不信感とか苦手意識のある方にこそ来ていただきたいと思っています。エビデンスに基づく実践って思ったほど難しくないや、結構楽しいかも!と思って帰っていただければそんな幸せなことはありません。

午後に行う講習ふたつはどちらも新作の「臨床応用レベル」の講習で、今まで教えてきた「基礎レベル」の講習から一歩踏み込み、感度や特異度というコンセプトを踏まえた上で実際に臨床の現場で皆さんがぶつかっていそうな症例にとびかかり食らいついていきます。「エビデンスに基づくスポーツ傷害評価: 基本から応用まで」講習の事前履修を強くお勧めしますが、必須ではありません。感度や特異度、陽性/陰性尤度比の何たるかがわかっている方であれば問題なく楽しめる内容になっております。

ACL損傷編では「ACL損傷に使えるSelective Tissue Testにはどんなものがある?」「それぞれの有効性は?」「そういや結局Lelli Testとやらって使えるの?」など紐解いた後で、「では、実際に現場でこんな状況では、あんな状況どうすれば?」というところまで実技を交えて議論、手首の傷み編では臨床で見落とされがちな1) 舟状骨骨折; 2) 有鈎骨鈎骨折; 3) TFCC障害の3つに焦点を絞り、それぞれを「どう評価するのが最善か?」をエビデンスを探し、読み解きながらこちらも実践を交えて検証します。

全講習、参加者の資格は問いません。元々ATC資格保持者さんのためにと思って企画した講習でしたが、今までPT、OT、柔道整復・あんま・鍼灸師さん、医師の方や大学教員・研究者さんなど幅広くご参加頂いています(ありがたやー)。学生さんも大歓迎です!リピーターさんも、リフレッシュにまたという方も結構いらっしゃいます。

<会場>
〒190-0022 東京都立川市錦町3-3-20
   JR中央線立川駅南口より、徒歩13分
   JR南武線西国立駅より、徒歩7分
   多摩モノレール立川南駅より、立川南通りを直進、徒歩12分

<定員> 各講習50名

参加は一番興味のあるコースひとつだけでも、お好きな組み合わせで1つや2つでも、3つ全てでももちろん可能です。複数参加される方には一昨年から導入した『セット割引』システムが適応、そして『学生割引』も健在です。

<受講料> 
一般 3時間講習(基礎編) 9,000円; 2時間講習(臨床応用編) 各6,000円
   2講習同時申込で10% off
    (例: 基礎+臨床応用で1,500円引き、臨床応用講習2つで1,200円引き)
   3講習以上同時申込で15% off
    (例: 基礎1つ+臨床応用2つで3,150円引き)
学生 3時間講習(基礎編) 8,100円 (10% off - 900円引き);
   2時間講習(臨床応用編) 各5,400円 (10% off - 600円引き)
   2講習同時申込で20% off
    (例: 基礎+臨床応用で3,000円引き、臨床応用講習2つで2,400円引き)
   3講習以上同時申込で25% off
    (例: 基礎1つ+臨床応用2つで5,250円引き)
     *現役大学・専門学校生(国内外不問)さん対象。申込後に学生証の提示が必要です、

今回、新作の講習2つは私が個人的にもうだいぶ長いこと、ずーっとやりたいなーと思っていた内容ですので自分でいうのも何ですがなかなかワクワク楽しいものになるんじゃないかと思っています。より多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしております!セミナーの内容に関して質問があればここのコメントか私に直接ご連絡ください。申し込みウェブサイトが完成したらまたSNS等でお知らせしますー。

[PR]

  by supersy | 2018-09-06 23:00 | Athletic Training

<< Sports Medicine... 小脳に関する論文まとめ・おまけ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX