東京EBP講習を終えて、と、立命館大学訪問。

16日に日本に帰国しましたが、17、20、21日と東京は立川でもはや恒例になっているEBP講習を行ってきました。遠方から(南は熊本、北は岩手や仙台)来てくださった方々も多くいて、本当に感謝しかありません…。夜行バスで来ました!や、飛行機で帰ります!という逞しいお声を頂くたびに、ありがとうございやす!へへー!と頭が下がる思いです。
b0112009_09023912.jpg
今回のEBP治療介入編講習では、従来からの「基礎編」に加えて「臨床応用編・AMI」「臨床応用編・腱障害のリハビリ」という2つの新たな講習を追加しました。個人的にはこれら両講習の準備はとても楽しかったですし、腱障害リハビリ編では参加者さんにもバリバリスクワットをやってもらって後日複数名から「筋肉痛になりました」と報告を受けるほどの実りある(笑)ものになりました。

次回はEBPスポーツ傷害評価編講習を発展させ、「基礎編」に加え、「臨床応用編・前十字靭帯断裂」や「臨床応用編・肩痛鑑別」なども提供できたらいいなーと思っています。これらの2トピックは完全に私の個人的な趣味なんですが、現場で活用できる方は決して少なくないと思うので…。実現には半年か一年かかるかもしれませんが、地道に進めていきたいと思います!



b0112009_14462160.jpg
それから、19日は立命館大学びわこ・くさつキャンパスにお邪魔してきました。ジョージさんに、「うちの学生に、良いAT Studentになるには、みたいな話してよー」と意外とゆるーいご依頼を頂いて、「What I look for in an Athletic Training Student」というタイトルで、講義と呼ぶにはあまりに雑談に近い一時間半ほどのワイワイ談義会をしてきたのです。英語での講義でしたが、英語でバンバン質問を返してくる学生に逞しさを感じました。ATの大先輩、東さんや秀樹さん、ジョージさんにジデンも座っての豪華なひとときでした。キャンパスツアーもしていただいてほくほく!お世話になった皆さん、ありがとうございましたー。
b0112009_14462610.jpg
そんなわけで帰国してからここまで個人講習をどどどどどっとやってきましたが、これで一区切りです!残るはPRI講習x2。個人講習ではない緊張感を楽しみながら、明日から2日間の横浜のマイオキン、それから27・28日の帝京大学でのポスチュラルを思いっきり教えきってこようと思います。それが終われば仕事納めじゃー!気持ちよく年を越すぞー!

[PR]

  by supersy | 2017-12-22 14:45 | Athletic Training

<< 寝る子は育つ?睡眠時間を延長す... Modified Neer I... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX