目まぐるしい日々。

えーと。何から書いてよいやら。

まず、女子バスケットボールのシーズンが終わりました。
土曜日の試合に勝てばプレイオフ進出の可能性が、という試合だったのですが、
相手はカンファレンスチャンピオン。一時はリードを保ちつつ優位に展開していたものの、
底力の差で徐々に追いつかれ、引き離され、残念ながら負けてしまいました。
b0112009_10424878.jpg
ちなみに、対戦相手はCentral Arkansasという大学で、かの有名なマイケルジョーダンと
共にブルズ黄金期を築いたScottie Pippenの出身校なんだそう。
彼の写真がアリーナのそこらじゅうに飾られていました。

シーズン終了をかみ締めながら、それでもたった12人という小さなチームで始めて、
一人も欠けることなく12人で終わることができてよかった、と思いながら、
アーカンソー州から飛行機でほぼ一日かけて帰ってきたのが昨日。

で、今日になって、コーチ陣の一斉解雇が発表されました。
去年の成績より今年はあがったものの、プレイオフを2年連続で逃すとなると、
やはり周囲の目は厳しいものです。
つい昨日まで一緒に働いていたコーチ達がここを去ることになってしまいました。
予想してなかったとは言わない。しかし、なんて展開が早いんだ。
すごく仲の良かった、良くしてくれたコーチもいたので…なんと声をかけて良いのか悩んでいます。
b0112009_10581635.jpg
一方で良いニュースもありました。
今日、私のメールボックスにProvost(学長)とVice Provost(副学長)が連名差出人の郵便物が来ており、「何かしたっけ?!」と一瞬冷や汗をかいたものの、恐る恐る開けてみると、
「I wish to extend congratulations on your receiving the A&M System Student Recognition Award of $2,500 for Teaching Excellence for Fall 2011.」と書いてありました。Teaching Excellenceというのはつまるところ優秀な教師に送られる賞で、私の授業を履修した学生が授業を高く評価してくれたことで、私がこの賞を頂ける経緯に至ったようです。に、$2,500の臨終収入!
うちの大学内で選抜されるのかと思ったら、実はもっと規模が大きくて、
A&M Systemという、テキサスA&M系列の全11大学(College station, Commerce、Kingsville, San Antonio etc)の中から選ばれた教師のみが受けられる賞なんだそう。
新米教師なのにこんなに良い思いをしていいんだろうか…恐縮です。
でも、授業は教師だけでなく、履修している学生とのキャッチボールで一緒に創るものだから、本当に楽しんで授業を受けてくれた生徒たちに感謝です。これからも気を引き締めて、精進します!

そんなわけで、良い事も悪いことも目まぐるしく降りかかって来ますが、
一日一日をしっかり頑張り、学生や選手と真摯に向き合うことを忘れずに進みたいと思います。
これから数週間は練習も無いので、リハビリや治療に専念できるし、
AT学生たちにもこういう機会だからしっかり時間を取って教えられること、というのもあるしね。
そろそろ終わりを意識し始めているので、悔いのない仕事をしようと思います。
少しでも多く、ここの学生や選手たちが私から何かを吸収してくれて、
それがのちの彼らの人生をすこしでも有意義なものに変えられますように。
[PR]

  by supersy | 2012-03-05 20:30 | Athletic Training

<< Vertigo(眩暈)について... Professional De... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX