<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

“You notice everything.”

“おはよー、昨日膝打ったでしょ、大丈夫だった?”
“あ、大丈夫。触るとちょっと痛いけど、腫れたりはしてない”
“そうかそうか!ならいいんだけど。練習後に、冷やしておけよー!って言うつもりで、ばたばたして(←リハビリで別室へいかなければならなかった)言いそびれちゃったから気になってたの”

いつもどおりの練習前の忙しないAthletic Training Room。
続々と現れる選手にひとりひとり声をかけていたときでした。
私にとってその日の選手の調子を確認するのは至極当たり前のこと。
何気ない会話のつもりだったのだけれど、彼女が急に神妙なトーンで
“...Sy, you notice everything (何でも気がつくんだね).”とつぶやきました。

“あのね、ただぼーっと立ってるわけじゃないのよ、
私が練習の場にいるのには理由があるんだから!”と笑って返したものの、
気がつくことに気がついてもらえた、というのは何だか良い気分でした。
b0112009_89682.jpg
というのも、数いる私の直属となる学生達に(現時点で8人)、
最近どうすれば「どう練習を見るべきか」を教えらるのだろうかと考えていたところだったのです。
私達アスレティックトレーナーは練習の前後は治療にリハビリにとバタバタ大忙しですが、
練習中は(怪我さえ起こらなければ)ともすればヒマ。
学生はというと、ぽけーと練習を見ているだけの子がほとんどで、
中には退屈でおしゃべりを始めてしまう一年生もいたりします。


でも、この練習をどう見るかって、とっても大事だと思うんだな!

- 誰が自分を追い込むのが上手いか、誰がすぐに諦めちゃうのか。
  (= リハビリとかで重要になってきます)
- 誰が汗をどれくらいかくか、誰が水を(自主的に)どれくらい飲むか。
  故に、誰に水分補給をpushすべきか。
- 誰にどんな動きの癖があるのか。それが怪我につながっていないか。

などなど、練習を見ながら、私の脳は毎日常にフル回転中です。
b0112009_8324747.jpg
そんなわけで、コンディショニングの直前に生徒を集めては、
「今日、体調を考慮して、『要注意!たぶんinhalerが必要だろうな』って
私が予測している選手が2人いるんだけど、誰だと思う?」
とか、

コンディショニングの最中に、
「この中で走り方がしっちゃかめっちゃかで、それを直せばめちゃめちゃ早くなるだろうなー、
って選手が3人いるんだけど、誰だと思う?どういう怪我につながりやすい?どう直したらいい?」
とか、

練習の終盤で、
「今、練習が終わったら声をかけようって思ってる選手が2人いるんだけど、
誰だと思う?どうして?」
と、色々質問をしながら、自分の「今」の考えをshareするようにしています。
練習は漠然と見るもんじゃない、色々考えることはあるし、
見ているからこそできるようになることがいっぱいあるんだよ、って気がついてほしくて。



その甲斐あってか、生徒の中で数人がよく“気づく”ようになってきました。


選手が足を一瞬滑らせた、床が濡れているのかも?タオルを持って見にいってみよう!

あの選手、右足を庇って動いてる。捻挫でもしたのかな?次の水休憩に声をかけてみよう。

さっきから手の甲を気にして、ユニフォームでこすってる選手がいる。掠り傷かな?ユニフォームにもかすかに血が付いてる。gloveをはめて、血を落とす準備と絆創膏を用意しなきゃ!


ちょっと注意していれば、こんなにできることがあるのです。
私が何かを言う前に、ささっと率先して動けるようになってきた学生達を見て、
成長を感じて思わずにまりと笑みを浮かべてしまったりする。
戻ってきた生徒に、「よく気がついた!えらいぞ」とhigh five。
今年の子達は乾いたスポンジのよう。
きっとすくすくのびるぞぉ。
皆で毎日わいわいやりながら、私も一緒に成長させてもらってる感じです。

一日一日、頑張っていこう!
来週からはいよいよ、本格練習開始です!

-------------------------------------
追記です。
Facebookやtwitterでも多くの人が宣伝していたので、ご存知の方も多いかと思いますが、
皆さんとshareしたい、Athletic Trainerという仕事をpromoteする動画があります。
Health Care Professionalの方々はもちろん、一般の方にも見ていただけたらなぁと思います。
あなたの今日の24時間のうち、5分間だけこれに使ってみませんか?
                      → “Advocates for Injured Athletes”
[PR]

  by supersy | 2011-09-29 18:30 | Athletic Training | Comments(5)

続・Football Helmetの種類とConcussion Rate。

前回のエントリーを受けて、Jidenがお勧めのArticleを教えてくれたので、
今回はそれを読んだまとめをちょこっとしてみたいと思います。
b0112009_2364775.jpg
b0112009_2464525.jpgまずはこのSeries(↑)からPart 13。
気になっていたけど全然Full-textが手に入らなかったんですよね。
見つからないなー、と困っていたら、Jidenがほいよっと送ってくれました。
Jidenありがとう!お陰様で、初めて読むことができました。

この研究では、比較的新しい5種のヘルメットの性能を比べてみる、
ということで、

   - Adams ProElite
   - Riddell VSR-4
   - Riddell Revolution
   - Schutt DNA
   - Schutt AVC  (←写真参照)

のそれぞれのヘルメットをダミーに装着させ、
NFL級のHelmet-to-Helmetのヒット(↓)なんかを
実験室でできる限り忠実に再現し、その衝撃の値を計算しました。

b0112009_2524344.jpg
全てのヘルメットに10-20%のReduction in the risk of concussionが認められた
つまり、どれもそれなりに良かったっスー、というのがこの大掛かりな研究で得られた、
えらくざっくりとしたConclusionなのですが、
残念なのは5種のヘルメットを全てblind化してしまったこと。
Helmet J、K、L、M、Nとしか後半では表記されていないため、
どのヘルメットが一番良い数字だったのか分からない。研究を読む限りでは数字にはそれなりのばらつきがあり、Helmet MとKが中でも優秀なように見えるのですが…。
せっかくだから公表してくれればいいのに!業者から圧力でもあったんでしょうか。
あ、訴えられちゃうのかな。


b0112009_1292769.jpg
2つ目のArticleはFlexiforce sensorsという最新のForce mapping systemの技術を使えば、
実際にヘルメットの一点にかかった力がどう全体に拡散され、b0112009_1242921.jpg
それがどれだけの衝撃を直接頭部にもたらすのか、ということを
今まで以上に詳しく調べられるんじゃないか、というものです。

この実験は非常にpreliminaryな段階なので、
実際このシステムを使って、具体的にこういう
Padding material (ex. high vs low density foam)がいいよとか、
もっと詳しく例えばこういうMaterialをこういう層にしてこういう配置で…というところまではまた至らず。
とりあえずこのシステムがどんな感じで稼動するのか、正確なのか、というところに
mentionするに留まっています。しかし、「これから」が楽しみですね!
つまり、前回のエントリーで私はthe HITSを紹介しましたが、
それよりも今後こっち(Flexiforce Sensors)が主流になってくる可能性もある、
もしくは、両方を合わせた者が今後よりdetailedな研究を生むかもしれない、ということですね。
要注目!

b0112009_1294049.jpg
脳震盪の診断にImPACT等を使っているチームも多いと思いますが(うちもそうです)、
Disadvantageとしては、やっぱりon-fieldのQuick Assessmentには使えない、
ということですよね。試合中にまさか選手座らせて、よいしょっとパソコン開くわけにもいかないし。

で。この研究(↑)ではthe King-Devick (K-D) testというon-field testの実用性を試験しています。私、これを読むまでK-D testというものを聞いたことがありませんでした!
読んでみて、なるほど…(↓)
b0112009_1314861.jpg
↑これは四枚のTest Cardsで、左上が例題。右上がTest 1、左下がTest 2、右下がTest 3。
このカードに書かれた一ケタの数字を左から右に、
横の列で順番にできるだけ早く読み上げる、というテストです。(クリックで図が拡大)

手順としては、
1). デモカードを見せて選手に趣旨説明、
2). テストカードを1→2→3の順番で見せ、声に出して全ての数字を順番に読み上げてもらう。
3). Testerはその3枚の合計タイムと、間違いがあればその数を記録。
全て合わせて2分かからない、というお手軽テスト。もちろん、パソコンも必要ありません。

この研究の結果としては、
- Baselineと比較して、脳震盪を受けた選手の合計タイムは平均約6秒悪化した。
- The K-D testは総じて効果的なテストであったと言える。
 The Standardized Assessment of Concussion(SAC)はCognitive functionの能力を測るのに
 適切であるが、the K-D testはCognitiveだけでなく、eye movements、attention、language
 の能力
も同時に測ることが出来る。

読んだ・自分でもこのRapid Number Namingテストを身をもって体験してみた感想ですが、
なかなか面白い!実用性もあるんではないでしょうか。
AdministerするのがATやMDでなくても良い、という記述も興味深いですね。

後は、いったいこのテストをすることで得られた数字をどういう風に使うべきなのか
というところはこれから論じられていくところなのかな、と思います。
あくまでsupplemental infoとして使われるべきなのか、
Baselineより○秒以上の悪化が見られた場合、絶対にRTPさせてはいけない、
という絶対数を設けるべきなのか?間違い数はどうなのか??
この研究によれば、ほとんどの選手は(脳震盪をsustainしていても)間違いを犯さなかった
(13人中3人:2人が一回間違え、1人は4回間違えた)ということでしたが、ということは、
ひとつでも間違えた→脳震盪アリと言って良い→自動的にNo RTPなのか?
同時に、間違いを犯した選手達の中に、タイム自体はほとんどBaselineと変わらない好記録を出した選手もいた、という結果も今回出たことを踏まえると、
合計タイムvs間違いの数の“どちらか”ではなく、“両方”に着目すべきなのか?

ま、現実的に考えれば、SACだろうがBESSだろうがK-D Testだろうが、
Any single testに頼るのではなく、やはりGood Hx Takingを含む、
General Screeningは外してはいけないんだろうなぁと思います。総体的に見ること。
例えばこれらのいずれのテストスコアはBaselineとさほど変わらない正常、と出ても、
ガンガン頭痛がしていたりしたんじゃ、やっぱり脳震盪クロだろうし。
症状が遅れて出ることもよくありますしね。だから脳震盪の診断は難しいんだけど。

…なんて、ちょっと元も子もないまとめをしてしまいましたが、
これからK-D testの認知度は上がっていくのかな?とても面白いStudyでした。

昨日の夜に、色々調べた結果をArticleと共に、
例の質問してくれたATCさんとこに送ったのですが、
「日曜の夜にこんなことしてんの?!w」と笑われてしまいましたとさ。
日曜でもなきゃー、自分の好きな勉強はできませんったら!
「面白そうだねー、ありがとう!読んでみる!」と言ってくれたので、彼の助けになれば幸いです。

さて!こんなことしてたら祝日も半分終わっちゃった!(今日はLabor Day)
私もちょっとゆっくりしようかな。皆さんも、良い休日を!
[PR]

  by supersy | 2011-09-05 13:30 | Athletic Training | Comments(2)

Football Helmetの種類とConcussion Rate。

先日、うちのATEPの実習先のひとつである高校のATCの人から、
“Sy、フットボールのヘルメットメーカー別の脳震盪率の統計とかって出てるのかなぁ?”
と質問されました。
どうも、彼の高校ではRiddellSchuttの(↓アメリカの2大フットボールヘルメットメーカー)
両方のヘルメットを使用しているらしいのですが、
過去数年の脳震盪のほとんどがRiddellのヘルメットを装着していた選手に起こっているのだとか。
これは偶然なのか?はたまたヘルメットの性能の違いなのか?気になったそうなんです。
b0112009_93378.jpg
ふーむなるほど、そういうのは聞いたことが無いなぁ、面白そう。
高校のATCは大学と異なり、文献等のResourceへのアクセスが限られていて、
できる限り彼らの知識のupdateを助けるというのもClinical Coordinatorとしての役目かな、
と思っていますので、「ちょっとfamiliarじゃないっすね…調べます!」と即お返事。
この週末の連休を利用して、今回色々と調べてみました。
b0112009_912673.jpg
まず近年のヘルメット/脳震盪の研究を語る上で外せないのが、
The Head Impact Telemetry System (HITS)という最新技術!
ハードウェアがヘルメットに内臓(↑写真左)されている、ワイヤレスのモニタリングシステムで、
これを装着した状態でフットボールをプレーして、タックル時、頭部に強い衝撃が加わったとき、
ヘルメットの、 ①どこに ②どれだけのスピードで ③どれだけの力が加わったのか
という情報を保存しておくことができます。
ヘルメットひとつで、一度に100回のHead Impactを記録可能。
で、後にコンピューター(写真中央)にダウンロードして、解析する(写真右)、という。

ちなみにヘルメットひとつで$999、the HITS receiverは$299という、
とても値の張るものなんですけどね。

あ、それからちなみに、脳震盪を起こすに満たない微々たる衝撃(15g以下)や、
手に持っていたヘルメットを落としたり、装着していない地面に置いてある状態で足が当たったりしたような衝撃はidentifyして、統計から外すことができます。念の為。

b0112009_9201120.jpg
このthe HITSを用いた研究で、最初に目に付いたのがこちら(↑)。2010年のArticle。
この研究では、NCAA D-Iの大学3つのフットボールチームでのシーズン丸々の練習と試合でこのヘルメットを装着。そして、それをチーム別・ポジション別にHead Impactがどれくらいの頻度で起こるのか、ヘルメットのどこに受ける場合が多いのか、という点に注目してまとめられています。

これによって明らかになった点を並べると、
- フットボール選手は、シーズンあたり、最大で1444回のHead Impactを受けている。
- 平均すると、練習一回あたり6.3回、一試合あたり14.3回。(→試合のIntensityは高い!)
- 頻度・場所とも、ポジションによってかなり違いがある。
頻度Linemenが一番受けるHead Impact数が多い。故に頻度も多い。
    そしてそれは過去の数々の研究とも一致する。
    →75% of the total impactsはLinemenによるもの、という研究まで過去には出ている。
    (オフェンスとディフェンスだと、ディフェンスのほうが多く出ていました、これでは)
場所:ヘルメット前方に受ける衝撃がダントツで多かった、が、QBのみは例外で、
    後方から受ける衝撃が全体の3割以上。
- チームによって練習構成が異なるためか、
  シーズンを通したHead Impact総合計数には、チームによってかなり差が出ていた。
  が、試合中に起こるHead Impactの数にのみ着目した場合、ほぼ差は無い、という結果に。

b0112009_9202396.jpg
そしてこちら(↑)が高校生を対象にした研究。
で、面白いことに大学生とはちょっと結果が違うんですよね。

- 高校における脳震盪の怪我件数は、QBとRBが一番多い。
  (大学のOffensive linemenが一番多い、というのとは異なる)
これに関しては、高校生ではチーム内の対格差にかなり差があり、
身体の出来ている子(=大きい子)は必然的にlinemenのポジションを任される場合が多く、
Head mass/首の筋肉の強さがある分、ぶつかっても耐えられるのかも、という考察が。
そして、この研究では更に頭部にかかる加速度も計測されていたのですが、
- 大学生よりも高校生のほうが総じて加速度がぐんと高い(=頭に強い衝撃を受けている)。
- 部位別で言うと、ヘルメット上部に衝撃がかかったときの加速度が最も高い(=最も危険)。
  →正しいタックルの技術があれば、ヘルメット前方を使ってのcontactがセオリー。
  高校の研究においてヘルメット上部のhit絶対数が多いことから、
  高校の選手は大学の選手ほどスキルがない、ということと同時に、
  高校レベルでのコーチによる正しい技術指導が非常に大切である、ということが言える。
b0112009_1118451.jpg
(ちなみに左が正しいtackle=ヘルメット前部、右が危険なtackle=ヘルメット上部)
あとは、高校で働いた経験のある皆さんはご存知かと思いますが、
高校だと(しかも小さな高校であればあるほど)、選手の数が足らず、
多くの子供がオフェンスとディフェンスの両方をプレーしなければならないとう現状もあり、
結果、脳震盪を含めた怪我の確率が高まる、ということは十分に考えられると思います。
単純にプレータイムが増える→Impact Exposureが増える、ということもありますし、
肉体的精神的に疲れてきて集中力が欠けると、より怪我も多くなる、という研究もありますしね。
こういった、高校にしかないユニークな特色と傾向をまじまじと見せ付けられると、
脳震盪の対策は、高校レベルでは大学・プロと同じように実践していてはいけないのかな、
と考えさせられます。


b0112009_9212823.jpg
それで、ようやく本題です!メーカーでいうと、ヘルメットはどこのものが一番いいのか?

先に結果を言ってしまうと、メーカー別をガチで比べた研究は見つけられなかったのですが、
ひとつそれに近いものを見つけました。
上の研究(↑)はRiddell社の“Revolution”という2002年に出た最新ヘルメットと、今までのスタンダードなNOCSAE-approvedヘルメットを比べた、という私が見つけた唯一のものです。

Revolution Helmetを装着した高校生の脳震盪発生率は5.3%で、
スタンダードなHelmet7.6%と比べてstatistically significant differenceが認められました。
これは"There was a 31% decreased relative risk for sustaining a concussion among athletes wearing the Revolution helmet."(Revolutionヘルメットは、それを装着しない選手に比べて、相対的脳震盪発生率は31%低くなる) ということになるんだそう。ふむふむ。

脳震盪は足首の捻挫等と同じで、一度やると二度・三度と起こし易い、という性質があるので、
過去に脳震盪をsustainしたことがある選手を除いて計算しなおすと、
Revolution Helmets= 3.7%Standard Helmets= 6.2%という数字になり、
"Wearing the Revolution helmet was associated with approximately a 41% decreased relative risk for sustaining a concussion in athletes who have never been concussed."
(約41%の脳震盪発生率の低下が認められる)
 という風に数字も更に上がるようです。

脳震盪をsustainした後のRecovery TimeもRevolutionを着用していた場合のほうが早い、
という結果が出ています。脳震盪を起こしてから、RTPするまでの平均日数を比べると:
Revolution Helmets= 10.9 daysStandard Helmets= 13.0 days
脳震盪を過去に一度も起こしたことの無い選手に関しては、同様に、
Revolution Helmets= 10.5 daysStandard Helmets= 12.2 daysだそう。
約2日ほど復帰が早い計算になりますね。

個人的な見解ですが、これ、3年間のcohort studyだから結構良いEvidenceになるんじゃないかと思います。サンプル数もトータルで2000を超えていて、かなり大きいし。
唯一文句をつけるとすれば、Revolution以外のヘルメットをOther standard NOCSAE-approved helmetsと一まとめにして、特に会社が指定されていないところ。つまり、Schuttも、旧デザインのRiddellも、色々なものが含まれているから、Riddell vs Schuttではなくて、Riddell Revolution vs the rest、みたいな構図だった、っていうところかな。

そんなわけで、この研究の結論は、Riddell社のRevolutionに用いた新デザインは、
脳震盪予防に他のスタンダードヘルメットよりも効果がある
、という、
冒頭の私の知り合いの見解とは全く逆のものになりました。
ま、彼のコドモたちがRevolutionを使っていたかは確認していませんがね。

今までメーカー同士の商品を比べた研究ってあまり読んだことがなかったので
(だってモロに利益に影響でそうですもんね、結果次第で)、今回はなかなか勉強になりました。
もし他に何か面白い情報・研究をご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご一報ください!
Riddell、Schuttだけでなく、Xenithとかどうなんだろう???
もうちょっと調べてみます。
[PR]

  by supersy | 2011-09-04 21:30 | Athletic Training | Comments(2)

新学期始動、新チーム始動。新たな一年!

こないだ、とある検診で引っかかって、精密検査的ところまでいったのですが、
1週間で結果が出ます、と言われてから2週間近くしても何も音沙汰無し。
あのーう、まだ結果の連絡を頂いていないのですがどうだったのでしょう…と、
昨日恐る恐る電話をしてみたら「あ、あれ、大丈夫でした」とのことでした。

そっか、結果良し→患者に連絡しない、という国なのか。
手術まで覚悟して、ちょっとドキドキしていたのに…。
ここはアメリカだった。今更カルチャーショック。

--------------------------------------
さて、お久しぶりです、さゆりです。
学期が始まる直前から異様な忙しさになり、学期が始まったらもっと忙しくなり、
パソコンの前にゆっくり座る時間がありませんでした。
今週末はLabor Day Weekendで3連休なので、ちょっと一息つけそうです。
ふぅー。


9月になった、ということで、ニュースレター9月号を刊行いたしました。
反響は結構大きく、送るたびにACI/CIたちが「今回のもいいね!」と返事をくれたり、
学科や学部のお偉いさんや広報担当の方たちも是非目を通したいと言ってくれたりで、
作り甲斐があるってもんです。「これをやるのが長年の夢だった」という上司はすっかり、
「生徒にも送る?この人たちにも?あの人たちは?」と舞い上が…もとい、盛り上がっています。
個人的には、今年はあくまで“試験的”なのでこじんまりやりたいんですけどね(苦笑)。
b0112009_5293289.jpg
もちろん、これはATEPとACI/CIの新たなコミュニケーションツール、という建前
…というか、大前提があるのですが、
私としてはこれを介して、「EBPを広めていこう!」という隠れた意図も持ってやっています。
私達が日々現場で対峙する問題や現状と、最新の研究等をさらっとからめることで、
リサーチに対する苦手意識と言うか、“私達の世界とは異なる次元のもの”という認識を
とっぱらってもらえたらなぁって思っています。

ちなみに新学期はどんな感じか、というと実にてんてこまいです。
今年はClinical Coordinatorとしての仕事に益々力を入れていかねば!と決意しているのですが、
まずはキャンパス外との実習先のコミュニケーションに東奔西走、そして
高校生のようにキャッキャする、我々の世界の常識を把握していない新入生達に翻弄されまくり。
教師としては、担当する授業も、履修する生徒が昨年の二倍近くに膨れ上がっていたり、
あと、今回初めてなのですが、学生の中に障害のある子がいる(傍目には分からないけど)ので、
大学内のDisability Servicesという局と連絡を取ってaccommodateしたり。
アメリカはこういうところは徹底しているので、なかなか勉強になります。
そして、女子バスケットの練習は、コンディショニング初日から救急車を呼ぶ始末…ということで、
Academic・Athletic面共にEventful(盛りだくさん)!!!という表現がぴったりです。

b0112009_6321032.jpg
あ、ちなみにこのあいだ誕生日を迎えまして、28歳になりました。
学期開始前日という最悪のタイミングだったのでお祝いらしいお祝いは何もできませんでしたが、
上司・同僚・部下たちがケーキ(↑)やカードでサプライズしてくれました。
ちなみにこの写真をtwitterでupしたら、姉が「青い…!!」と大爆笑したようです。そうか、私、感覚麻痺してきちゃったけど、そうだよね。紫や黄色や、緑の食べ物なんて、日本にはそうそうないよね。

また長い一年になりそうですが、学生達にとっても、選手にとっても、
素晴らしいものになるよう、一日一日を精一杯やっていこうと思います。
今年は新しい、ちょっと大胆なこともやりたい!水面下で色々と進めています。
アメリカの大学・高校で働く皆さん、この一年、頑張っていきましょうね!
皆さんにとっても、躍進の一年になりますように!!
[PR]

  by supersy | 2011-09-03 16:30 | Athletic Training | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX