<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Trip to Texas 4: BBQ Party

いやー、やっぱり更新ってするものですね(苦笑)。
連続でぽこぽこupしていますが、カウンターの周りがすごいです。
新記録が出たのでちょっと嬉しいです。皆さんいつもご訪問ありがとうございます。

さて、6/19、金曜日。
この日も一日コンベンションセンターの一角でほとんどの時間を過ごし、
そのあと、夕方からBraunig Lakeという車で30分ほどのところに移動。
日本人のATたちが大勢集まって、BBQパーティーが行われました!
アメリカでBBQというとバーガーとホットドック、という感じですが、
日本人のBBQはもっと手が込んでいて、下味を付けた牛やら豚やら鶏やら、
野菜もあり、手作りクッキーもあり。とにかく豪勢でした。こんな(↓)に沢山の人が集まりました!
ちなみに今回の企画もQ氏。頭があがりません。
Q氏の統計によれば40人近くは来ていたそうです。
b0112009_20333546.jpg

気がつけばスイカ割り大会(↓)も勃発…。
b0112009_20335510.jpg
毎年コンベンションの大きな楽しみは、沢山ある出会いの中で、
人生を変えうるとっても刺激的な人たちに何人か出会えることなんですけれども、
今回は、今まで何回かお会いしていた要さん(↓)とじっくりお話をさせていただく機会があり、
B型の生き方の極意を伝授していただきました(笑)。
b0112009_20341650.jpg
素敵な人たちとの出会いがあると、元気をもらえるだけでなく、
もっともっと自分に厳しく生きて、夢に向かって突き進んで輝いていなければ
人生もったいない、と危機感と興奮がコンボでやってきたような気分にさせてもらえます。
ゾクゾクする?という表現が正しいのかな。
これが楽しくて、苦手なビールを飲んででも毎年行ってるようなもんです(笑)。
5年前のインディアナポリスでは一番年下だった私も、
(私の記憶が正しければ他にUndergradの日本人には会わなかったような気がします)
今回は年だけなら中堅くらいにまでなってしまいました。
上のひとからも下のひとたちからも、刺激をもらいたいしあげられる存在でもありたい。
うーん、やっぱりもっと成長しないとダメっす!
うす!がんばります!

こう思えただけでも、今回のコンベンションに来た甲斐があるってもんです。
[PR]

  by supersy | 2009-06-19 23:59 | Fun | Comments(2)

Trip to Texas 3: 我鎮固三対三篭球戦@参庵斗仁男

6/18、木曜日。
コンベンション一日目(私にとって)。
今回は遊びに来たわけでもあんまり講習を聞きにきたわけでもないんで、
まぁ一日忙しくしていたわけですけれども。そこは割愛するとして。

しかーし。この日、午後には大きなイベントが待ち受けていたのです!
日本人同士が集まってやる、バスケットボールの大会が企画されていたのです。
今回のタイトル、“ガチンコ3on3バスケットボールトーナメント@サンアントニオ”と読みます。
(オフィシャルなタイトルなんです、これが。えぇ、年の為…)
mixiでコミュニティーを立ち上げ、数ヶ月間かけて練りに練った企画です。
参加者を募り、チームオーナーを作り、ドラフトまでして、本格的にやることにしたこの大会。
合計で16人の猛者が集い、4人一チームの編成。
その中でも私は幸か不幸かチームオーナーに選ばれたので、
6月8日にオーナーがドラフトもばちばちの火花を散らしながら行いました(笑)。
本当に長い時間をかけて、企画者・Q氏が暖めてくれた大会です。
(改めて、ありがとうございます!)

タイトルの通り、今回のバスケはガチンコ。
経験者も初心者も混じって、真剣勝負です。
Trinity UniversityというSan Antonio郊外の大学の体育館を使わせてもらって、
4チーム総当りでまずはレギュラーシーズンゲーム3連戦。
そのあと、上位のチームでプレイオフが行われ、優勝チームを決定しました。
いやいや、みんなマジです(↓)。アツかったです。
b0112009_661981.jpg
私のチームはTKO氏、慶太郎氏、素子氏。
元実業団経験者の方から体育でやったのみという初心者が入り乱れて、
とにかく本気で頑張りました。思った以上に皆真剣で迫力満点でした。
私らはというと美しいまでのスクリーンがよくかかったりでですね、結構善戦したんですけど…。
プレーオフ第一戦でかなえ氏のチームとガチンコし、惜しくも敗退。
そのまま勢いに乗るかなえ氏チーム、その後、決勝戦で大地氏のチームと激突し、
レギュラーシーズン余裕で一位だった大地氏のチームをかなえ氏チームが苦しめに苦しめ、
おおっ、これは勝ってしまうか、というところまで追い詰めたのですが、
ここは初心者ゼロという場数で有利の大地氏のチーム。
底力を発揮し大逆転勝利を収め、見事優勝したのでした。いやー、白熱した一戦でした!
b0112009_665421.jpg
↑試合の合間のショット。次はここはもっとああしたほうが…。ごにょごにょ。
うーん、この日のために練習積んできたんですけどね、情けないことに最後の方は、
“あと一回ジャンプしたら両足同時に攣る!”とカラダが悲鳴を上げっぱなしでした(笑)。
もちろんこのあと、この日の夜は風邪が見事に悪化したという…。当たり前か。。。

b0112009_1382526.jpg
16人全員の集合ショット!皆さんお疲れ様でした&熱い試合をありがとうございました!

b0112009_1384061.jpg
    ちなみに…本日のベストショット。Diceさんの華麗なるダンクです。
    (このゴールがミニバス用のゴールってことは、内緒ですよ、内緒!)
[PR]

  by supersy | 2009-06-18 23:59 | Fun | Comments(2)

Trip to Texas 2: Tubingに前夜祭!

6/14、日曜日。
Momo氏とふたりでマイミクTonyさんのお宅にお邪魔し、
ゆったりした時間を過ごさせて頂きました。
Tonyさんのお家に来ると、せわしない日常を忘れてリラックスできるというか、
文字通り一息つける、オアシスのような場所です。
これからも目標を持って自分らしく突き進みなさいと、叱咤激励を頂きました。
ありがとうございます!


6/15、月曜日。
Texas Stateで同期だった友人と落ち合い、
San Marcos南部にある、Prime OutletsとTanger Outletsという、
ふたつの巨大アウトレットモールへ足を運んできました。
b0112009_9383619.jpg
このふたつのモールは隣接していて、さながらひとつの超巨大アウトレットになっているのですが、
(その大きさたるや、全米でもベスト3に入るほどだそうです)
年々更に敷地を広げ、何かなんだかわからないような状態になっています(苦笑)。
大きくなりすぎて、もはや把握できないんですよねぇ。
同じブランドのショップがいくつもあるし。
ここのCoachとあそこのCoachはどう違うわけ?
結局すぐに見疲れてしまって、何も買わずに帰ってきました。
あー、やっぱり買い物は苦手。


6/16、火曜日。
Momo氏と、お昼頃にSan Marcosを出発し、コンベンションの開かれるSan Antonioへ。
途中、San Antonio空港へ到着したYuya氏と慶太郎氏をピックアップして、
これから4日間滞在するHistoric Menger Hotel(↓)へ移動しました。
b0112009_712964.jpg
このホテル、コンベンションセンターからたったの2ブロックという、
便利なところにあるとは聞いていたのですが、着いてみてびっくり。
アラモ砦とRivercenter Mallに挟まれた、絶好のロケーションにあるじゃありませんか。
Historicというだけあって外観も内装も歴史を感じさせるちょっと古めかしい手の込んだ造り。
何だか数百年前にタイムトリップしたみたいです。
ちなみに、この写真は夜のアラモ砦(↓)。びっくりするくらい、ホテルのすぐ横です。
b0112009_9475578.jpg
b0112009_9163066.jpg午後の時間を使ってアラモ観光をしたり、
アラモ周辺のお店を見て回ったりと、ぶらぶら。
それからもちろん、テキサスに帰ってきたら食べなければいけないのがTex-Mex(←)!このTex-Mex(てっくすめっくす)というのは、つまりは“テキサス風メキシカン料理”のこと。テキサスはメキシコから近いこともあり、ヒスパニック人口も多いため、独自の料理が発達しているのです。写真は、慶太郎氏が頼んだタコサラダ。豪華!

やっぱりテキサスはメキシカンが美味しいー。
私がフロリダでメキシカンを食べる気がしない原因はここにあります。
そのあとはHard Rock Cafeへ場所を変え、もっと大勢の方々と合流してわいわい。
いやー、コンベンションの前夜祭って感じです!


6/17、水曜日。
一応この日がコンベンションの初日ではあったものの、
ごく一部の人を対象にしたWorkshopしか行われていなかったので、
実質、参加できるものは無し。登録だけ済ませて、皆でSan Marcosへ行ってきました。
目的は、Tubing!
Texasに住んでいるときは時々やっていたし、Floridaに引っ越してきてからもGinnie Springsという
川へ行ってやったことがある
し、南部ではよく見られるものと思っていたんですが、
Yuya氏も慶太郎氏も亮太氏も“経験したことがない、ちゅーびんぐって何?”というので、
これは是非にと連れて行くことにしたのです。
本当は、Guadalupe Riverという、
もっと大きく長く、2~5時間流れていられる川の方へ行こうかとも思ったのですが、
時間や値段や、風邪気味のMomo氏の体調等考慮すると、
San Marcosのほうにしようか、ということに予定変更。わざわざこっちまで来てもらいました。
(ちなみにTubingって何?と思う方は、旧ブログの記事を参考になさってください)
さて、そして懐かしのLion's Club(チューブレンタル屋さん)へ!
ここで一人ひとつチューブをレンタルし、それを使って川をぷかぷか流れ、
最終地点で川から上がったら、そこにシャトルが待っている手筈になっていて、
それに乗ると開始地点まで送迎してもらえる、という流れになっています。便利です。
b0112009_82342100.jpg
        チュービング前に唯一bottom無し浮き輪を借りてはしゃぐYuya氏。

私の母校周辺の自然を堪能してもらいつつ、
ゆっくりゆっくり一時間半ほどかけてSan Marcos Riverを流れていきました。
いやー、楽しかったと言ってもらえたし、こういう体験を皆にさせてあげられてよかった!

夕方ごろにSan Antonioに戻ると、UFの同級生・あみちゃんもホテルに到着していました。
無事に合流して、夕方に慶太郎、Momo、あみちゃんと4人でRiverwalkへ。
(*Rivercenter Mall = ショッピングモール、Riverwalk = それに隣接している川沿いのレストラン街)
b0112009_9231290.jpg
Riverwalkは、川を挟んだ両側にレストランが立ち並ぶ、雰囲気の素敵な通りです(↑)。

美味しいステーキ屋さんでご飯を食べ、お腹を満たした後は、またも飲み会へ。
日本人の方々が集まっているのも然り、もちろんアメリカ人も皆同じようなことをしていて、
UFのAlumni Partyにも顔を出したのですが、あんまり楽しくなかったのですぐ退却。
というか、つい最近まで皆に会ってたし、あまり懐かしさは無いなぁ(笑)。
風邪っぴきだったMomo氏の風邪が徐々に移ってきて、私も万全の体調じゃなかったので、
この夜は早めに抜けさせてもらいましたが、いやいや、皆元気が有り余っていますね。。。

とりあえず、コンベンションが始まる前に遊べるだけ遊んでおかなきゃということで、
この数日でみっちり遊びました。
いよいよ明日からは正式にコンベンション開始です!
しかし、午後や夜のイベントもまだまだ盛りだくさん…。
次回に続きます!
[PR]

  by supersy | 2009-06-14 23:59 | Fun | Comments(4)

Trip to Texas 1: Pool & Gun Shooting

いやー、しばらく放置していて申し訳ありません。
実は時間があるときに少し書いては、書き上げずに更新せず仕舞い、
ということを繰り返していたのですが…。そう、だから放置ではないんです、放置では…。
別に仕事が終わってしまって腑抜けていたわけでもありません。
色々やることがあって、なんだかんだ忙しいもんです。

さて、実は6/12~22までテキサスに帰っていました。
何のためかというと、
  1) 弟(分)のMomo氏他、懐かしい面々に会いに行く
  2) NATA Convention(6/17~20)に出席する
というわけでですね。そうなんです、今年もまたやってきました、コンベンションの季節が!
例によって今回ももれなく長い濃い10日間を過ごしてきたわけですが、
一日一日全て書いていると大変なことになりそうなので、
軽くさらーっと、でも濃厚に、振り返ってみたいと思います。
----------------------------------------

まずは初日。6/12。
お昼過ぎに懐かしのAustin空港に降り立つと、
普段時間通りには現れて、エスカレーターを降りてくると笑顔で迎えてくれるMomo氏の姿無し。
あれ、珍しいなぁ、渋滞にでもはまって遅れてるのかなぁ…と思いながらBaggage claimに向かい、
まぁまだ電話するほどでもないか、と、荷物が出てくるのを待っていました。
待つこと10分ほど。あ、私の荷物が出てきたー。
取りに行こうとすると、スッと目の前に現れる人影。
そしておもむろに私の荷物を掴むではありませんか。
えええ!?と思ったらなんとMomo氏。びっくりさせようと隠れてたそうです(笑)。
いきなり荷物を奪われたら違う意味でびっくりするってば!

さて、今回彼が用意していたサプライズはこれだけではありません。
一ヶ月も前に車を買い替えていたというのに、一言も教えてくれてなかったんです。
“mixiに書きたかったんですけど、さゆりさんをびっくりさせるためにガマンしました” (Momo氏談)
ちなみに資金は“奨学金を色々合わせて総額$8000くらいもらったんで、それで。”
車はほぼ新車なpimp carです…とんでもないやつです。

その日はTexas Stateをちょっと歩いて懐かしい教授陣に会い、
そのまま炎天下の中Momo氏のWorkoutに付きあわされ、
さらにMomo氏の友人宅のPool BBQ partyに招かれ、
仕舞いには初対面のはずの皆と相当仲良くなって、
“明日Gun shootingに行こうぜー”と盛り上がって終わりました。
b0112009_754651.jpg
ちなみに写真右はスイカを割ってウォッカに漬けたもの(↑)。
美味しくなるはずだったんですが、皆でおぇってなりました(笑)。

全くもって、初日から濃い一日です。


2日目の6/13、土曜日。
この日は昨日の約束どおり、Cole、Mike、Christina、Momo氏と私の5人で、
San Marcosから車で20分ほどのLulingという田舎町へ。
ここはColeの生まれ育った町であり、今でも家族は全員この町に住んでいるそう。
で。Coleのお祖父さんが、油田周りの壮大な草地を保有しているのですが、
その草っぱらで幼少時代からしょっちゅうクレー射撃をやっているというので、
今回皆でやることになったというわけです。

そもそもの発端は、私とMomo氏が“射撃を一度もしたことがない”と前日に言ったからで、
テキサスにそれだけいて一度もしたことがないとはナニゴトだ!と盛り上がった男共に叱咤され、
弾丸やクレーの買出しから(ちなみにウォールマートでID提示も無しで買えちゃいます、恐ろしい)、
あれこれと引っ張りまわされ、更にはColeの父親宅や祖母祖父宅に立ち寄り銃を借りてきて、
ようやく着きました、えーと、とにかく膨大なまでの原っぱ!
b0112009_733052.jpg
着いて、車に積んであった大量の荷物を引っ張り出し。
Coleは慣れた手つきでクレーを飛ばす機械(写真右)をぱぱぱっと組み立ててくれました。
それから銃に弾を詰め、“これがセーフティー。今はonだから、撃つときに押してoffにして、はい”
と、ぽんと銃を渡されました。え、え、でかい、重い。ど、どうやって撃つの?
b0112009_738149.jpg
構え方から教えてもらって、“行くよー”とクレーを飛ばされ狙ってみるも…
当たらん!ってか、こんな素人に、いきなり動く的なんて当たるわけがない!
というか、もっと言うと、惜しいのかどうかすらも良く分からない。弾道が見えないんです。
しかも一発一発のkick(反動)がすごい。肩をよほどbraceしてないとブレちゃう。
のあー、むつかしいよー。

以前軍隊にも所属していたMikeは連射も可能なもっと本格的な銃を持ってきていて。
それは本当にすごい轟音なので、耳栓かヘッドセットをしていないと大変なことになります。
うひー、何で皆そんなの普通に持ってるの…?
b0112009_7371776.jpg
どこかの刑事モノドラマに出てきそうなMomo氏。イケてます。

いやいや、初のgun shooting体験は面白かったんですけど、
終わる頃には異様なまでの暑さと緊張感からか、ぐったりしてしまいました。
そのあとColeのお祖父ちゃんお祖母ちゃんにお礼を言って、San Marcosへ帰郷。
Gun shooting。一度は体験してみたかったから本当に良かったけど、
やっぱりああいう危ないものは、びびりな私には向いてないや。
今度でも、もしまた機会があるとしたら、動かない的を狙ってみたい…かな?
------------------------------------

最後にオマケ。
b0112009_10481016.jpg
ついに私の絵が教科書に載りました!
とはいってもDr. Ransoneが個人的に出している本で、
全米で販売中、って感じではないと思うんですけれども。
Dr. Ransoneから一冊頂いて、ようやく手にすることができました。
絵のひとつひとつにサインを入れろ!とうるさく言われていたので、
絵の数だけしつこいくらいに名前が載ってます。あ、ちなみにこの原画は
←左下のMy Study RoomからAnatomy Picturesに飛べば見られるはずです。
いやぁ、こうして苦労した絵が本になると、ちょっと嬉しいですが、
でもその反面、反省も多々あります。ここはもうちょっとこうすればよかったかも…。
こういう反省は、次に活かしていきたいですね。もしあるなら。うむ。
[PR]

  by supersy | 2009-06-12 23:59 | Fun | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX