<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

曖昧なのがいいのかも。

明後日が卒業式なのですが、両親と姉が家族総出でやってきます。
ついさっき電話で話したのですが、家を出る少し前ということでした。
あと24時間もしないうちにこっちに付く予定です。楽しみです!

さて、それでは久しぶりに少し真面目な更新など。

自分の授業は全て終わっていたのですが、
まだTAをやっていた授業が最後まで残っていたんです。
そのクラスはFinalが今週の火曜日にあり、まぁようやく、これで本当に学業関係は全て終了です。

そのTAをしていたクラスとは、Clinical Human Anatomy for Exercise Scienceとかなんとか
という正式名称だったと思うのですが、まぁつまりはCadaverを扱った献体解剖の授業でした。
この授業は大学院一年目に履修して、とにかくものすごく面白かったので、
是非2年目にはTAとして戻ってきたいとずっと願っていたクラスだったんです。
だから、TAをしていてもとても楽しかった!

b0112009_746062.jpg以前にも書いたと思いますが、この授業の教授がDr. Borsaという人で、
とにかく解剖マニアで面白い面白い。
人体のFasciaにおける重要性を教えてくれたのもこの人です。
ある日、授業で、私たちがえっさほいさと解剖を進めていたとき、
彼がぼそっとこんなことを言いました。
  B: I think Peroneus Tertius is a myth...I don't think it exists.
    I teach this class every year but I've never seen it before.
  私: No we found it last year, remember?
  B: Really? ...I don't remember, I think it's just a myth.
Peroneus Tertius(←第三腓骨筋)が存在しないとか
すごいことを言い出してしまうBorsa。
確かに“私たちが馬だった頃は(Borsaのお気に入りのフレーズ)”大事な筋肉であったのが、進化の過程で今では無くても人体には全く影響を及ぼさない程度になっているとは思いますが、そして場合によっては退化しすぎて明確なひとつの筋肉という区別が付かなくなっている可能性もあるとは思いますが、存在しないと言い切っちゃうのは気が早いと思うんです。
 私:存在しないと言うなら、どちらかというとITB(腸脛靭帯)のほうじゃないかと思うんですけど…。
   ITBってほとんどアレですよね、Quadsを丸々包んでいるFasciaの延長上って感じで、
   いわゆる私たちがITBはココ、って習う場所は、こう、ちょっと周りより厚くなっているだけで、
   別にITBっていうdistinctなものが、シュッっと走っているわけじゃないじゃないですか。
 B:まさにそのとおりだよ、Quadsを全部囲んでるんだよ。
   区別なんか付かないよね。人体って教科書で習うより曖昧なものだからねー。

今学期扱った人体もとにかくおかしなことばかりで、
Spleenの表面の一部に軟骨みたいな組織がへばりついていたり、
膝のlateral condyleの後部に妙なbony tipがぽこりとついていたり、
解剖を進めていたら妙な金属のコードが出てきて、ぬお?と思ったらペースメーカーだったり。
まず生まれてくる段階でもひとりひとりカラダは違うのに、
それぞれの人生と生活に合わせて刻一刻と変化し、進化していくものだから、
新たな献体を解剖をするたびに新たな発見があって、驚かされます。
その度に思うのです。教科書どおりのカラダなんて有り得ないんだなぁって。
人体って、曖昧なものなんです。
ちなみに英語も曖昧です。
解剖学と言語、どちらにも共通しているのは、ある程度の基礎をベースに作ったら、
あとは臨機応変じゃないといけない、ってとこですかね。
解剖学の現場での応用の仕方、自分らしい言葉の使い方、というのはどちらも、
自分で試行錯誤して見つけていくのもなのかも知れませんね。

良くわからないシメになってしまいましたが、
完全に頭が卒業モード(というか家族が来たらああしてこうして…という数々のプラン)で頭がいっぱいなのに、実は明日からSpring Footballが始まります。こっちも気合を入れて掛からないと、最近すごく暑くなってきてるし体力的精神的にやられてしまう…。バランスを取るのって難しいです。なんとかこの一週間を楽しく健康に乗り切りたいと思います!
[PR]

  by supersy | 2009-04-30 21:00 | Athletic Training | Comments(2)

20年間の学生生活の終わり。

感無量です。
今日、今学期最後となるFinal(期末試験)を受けてきました。
そうなんです、CompはCompで、卒業のための試験、というわけですが、
今学期は今学期で、現在履修している科目の受けるべき試験はちゃんと受けなきゃいけません。
当然、パスしないと単位が認められないから卒業できませんしね。

今日のテストは、Evidence-Based Lower Extremity Physical Examinationという
授業のものだったのですが、受け終わってからクラスメートが、
“What the f***? That was brutal!!!(あれはないわ!ひどい!)”
と笑い出すほどの、なかなか手厳しい内容でした。
(数ページにも渡るチャートを丸暗記していないと解けないような問題勢揃い。。。)
“まぁ素晴らしい終わり方とはいかなかったけど、とにかく全部終わったのよ!”
という友人の言葉が耳に残りました(笑)。これで、私たち大学院2年生の試験は全て終了。
つまり、そうなんです、大学院、実質終了です!
よく考えてみたら、6才で小学校に入学してから、
もうここまで約20年も“学生生活”を続けてきたことになりますが、
その学生生活がついに終了したことになります。…少なくとも、今のところ、は。
20年って!長いなぁ。

テストにびびりまくるクソ真面目な性格は20年たってもそのままで、
相も変わらず昨日の夜はお腹痛くなるわ頭痛はするわで恐怖におののき倒しでしたが、
終わりました。全部終わりました。
仕事は5月一杯まで続きますが、学校は、もう、これで全部終わりました。
あ、いや、厳密には、TAしている授業はまだ続くし、試験もあるのですが、
それは試験を出す方なので、まぁ、ね。


これから数日は“祭り”になることと思われます。
卒業前の試験ラッシュで、妙に同学年の友人たちの結束も高まってきたので、
皆でわいわい今夜は騒いでこようと思います。

長かった。人生で一番長い2年間だった。
でも、“年を取ると時間が経つのを本当にあっという間に感じる”と言う人が多い中で、
これだけ濃い2年間を過ごせたことは、きっととてつもなく幸せなんですよね。

あ、前回の更新のあと、電話、メール、メッセージ、コメントくれた方々、
本当にありがとうございました!嬉しかったです!
友人って、大事だなぁ、一人ではとてもここまで来られなかったなぁ、と、
しみじみ思う今日この頃です。
[PR]

  by supersy | 2009-04-21 19:45 | School | Comments(8)

Passed the Comps!!!

前回、Compsがある、とは書いたものの、それが何であるかはちゃんと書いてなかったですね。
UFのGraduate Athletic Training Programは、non-thesis(論文無し)なので、
Defense(日本語にすると論文の最終審査…??)とかはありません。
そのかわり、Comps、と呼ばれる卒業試験が存在するのです。
月曜日と火曜日、2日に渡ってそれぞれ3時間の試験を終えてきました。
範囲は主に、大学院で履修した中の5科目が中心。
  Seminar + Ortho (UE&LE) by Dr. Tripp
  Strength & Conditioning by Keith
  Patho by Dr. Borsa
質問は基本的にエッセイ(小論)形式。例えば、“ヒトが痛みを感じるメカニズムとその客観的測り方を"fast"と"slow"を区別しながら説明しなさい。また、人体の様々なレベルで行われる、痛みの知覚をブロックする理論を全て説明しなさい”みたいな問題がどどん、と書いてあって、その答えを自分の言葉で、ひたすらパソコンとにらめっこして打ち込んでいくという…。辛く長い闘いでした。
いやいや、3時間もnon-stopで脳みそフル回転してると、疲れるもんです。
終わったら文字通りぐったり。
勉強しているときにカロリーが沢山消費されているというのは、本当かも。

で、前述したように、このテストをパスしないと、卒業できません。
とはいえ、ミスした生徒を卒業させないほど、教授たちも意地悪じゃありません。
出来に問題のある生徒は採点後呼び出され、自分の解答をdefendするチャンスが与えられます。
先生を納得させることができれば、無事合格と見なされます。

とはいえ、ここまでの2年間、文字通り死に物狂いで頑張ってきたことを考えれば、
ギリギリや温情で卒業させてもらうのではなく、
コイツは自信を持って送り出せる、と教授たちにも思ってもらいたいし、
自分の全てを駆けて臨んで、呼び出し無しで納得のいく結果を出して胸を張って卒業したい!
そんなプレッシャーから、テスト前は胃が痛くなったり眩暈がしたり吐き気がしたり、
ちょっと本当に大変でした…。BOCよか緊張した…。背負うものが違うからですかね。
その反動で、終わった後の解放感はすさまじいものがあり、火曜の昼、試験を終えた後は、
お昼からスポーツバーに繰り出して皆でビール飲んでました(笑)。

----------------------------------------
結果は今週末までには出せるかな、とうちのボスが言ってましたが、今日わかっちゃいました。
というわけで、タイトルどおり、やりましたーー、Unofficialではありますが、パスしました!
Unofficial(非公式)ってことは、まぁつまりは書面で“合格”とまだ受け取ったわけではなくて、
個人的に教授たちから聞いたのですが、その経緯がそれぞれちょっと面白かったんです。

まず、Dr. Tripp。私たちの直属の上司。今日の授業で、彼が突如こんなことを言いました。

  Tripp: Compを受けた2年生は、それぞれ個人的に私のオフィスに来るように。
  皆: えええええええ!

一気に顔から血の気が引く私たち。というのも、去年は、合格ラインに達さなかった学生のみが
呼び出されたらしいと聞いていたので、ええ、ま、まさか全員!?とびっくりしたわけです。
でも聞いてみると、

  Tripp: Dr. Borsaのパート以外の採点が終わって結果が出てるから、
     とりあえず個々にそれを話すだけ。問題ない子は、問題ないね、で終わりだから。

うおおおおお、恐ろしいことやってくれるじゃないですか。もったいぶらないで早く教えて~!
その授業が終わってからすぐにでもDr. Trippに話しに行きたかったのですが、
そのあとTAをしている授業があった私は、
“Tripp、Cadaverの授業が終わったら電話します!その時にまだTrippがオフィスにいたらそっちに行くんで!!”と、言うと、あー、うん、そうだね、えと、ちょっとおいで、と呼ばれ、
“Don't worry about it, you are all set. (Syは問題無いからいいよ)”と、こそっと耳打ちされました。

うおーーー!
呼び出し無しー!
残るはDr. Borsaの採点を待つのみ!
だったんですが、彼は偶然にも私がTAをやっているクラスの教授。
つまるところ、今学期はここまでずっと一緒にCadaver labで仕事してきています。
ダンディーなのにファンキーでモンキーでピンキーな解剖マニアのおっちゃんです。
毎年人体解剖の授業を担当しているくせに、生徒がたどたどしい手つきでcutしていると、
ちょっと貸しなさいっ、と生徒を押しのけて目をキラキラさせてメスでさくさくfasciaを切ってます。
大好きな教授のひとりです。

そんなBorsaに、授業へ向かう途中廊下でばったり会ったので、
“まだ採点していないんですか?”と聞くと、
“ぜーんぜん。これからやる。
 Syのを1番に、Andrea(同級生でもうひとりのTA)を2番目に採点してやるよー”
と、飄々と言ってのけるBorsa。
私たちにとっては死活問題なんですよー、なんつーゴーイングマイウェイ。
“答えもそうだけど、皆がどういうプロセスを踏んで考えてるか、ってことなんだよ、大事なのは。
 知識をどう繋げ、どう答えとして表現しているか、というトコロなのさ。僕が見たいのは”
と真面目な顔で言っていると思ったら、ふんふんふ~んと鼻歌を歌いだし、次の瞬間に、
“あっ、そうだ、こないだ頭蓋骨を切って脳を出したんだけど、ちょっとめちゃちゃにしちゃってさっ!
 皆切る前にマニュアルをちゃんと読むように徹底させようっ!”
“ええっ、Cranial nerve見れないんですか?誰がやったんですか?”
“俺がやっちゃったの!だから皆にも読むようにとっ!”
“マニュアル書いたのBorsaでしょ!ってか、私Cranial nerve大好きなのに!どうするんですかっ!”
と騒いでいたりする、コミカルなおっちょこちょいさんでもあります(笑)。
そんなマイペースな彼は、今日も授業を少し説明して、
“あとはSyとAndreaに任せたっ、俺はオフィスに戻るわ”と、ぴょこぴょこ帰っていってしまいました。
気分屋さんなので、よく、ふらっと来てふらっと帰ったりします(笑)。
で、私たちで授業を終えて、家へ帰ってきて。
もう採点終わったころかなぁ、とBorsaにメールを打ってみました。

  “How's the grading coming along? Can I start drinking now?”
   (採点は順調ですか?祝い酒にはまだ早いでしょうか?)
送信すると、2分とせずに返事が返ってきました。どきどきしながらメールをあけてみると…
  “Have a drink on me!”
   (俺が奢ってやろう!)
うおぉぉぉ。かっこえぇぇぇぇDr. Borsa!!あーざーーーす!!
こんな風に合否を伝えちゃうアメリカが好きだ(笑)!!

卒業前の大きな大きな山をまたひとつ越えました。
まだまだするべきことはありますが、とりあえずほっとしています。
とーさんかーさんありがとう。もうちょっとです。
[PR]

  by supersy | 2009-04-09 16:00 | School | Comments(5)

もうすぐで…。

そろそろあまりの更新の無さに心配される頃かなと思って出てきました、さゆりです。
書き溜めている記事は多々あるのですが、何しろ完成させる時間がなく、更新が滞っております。

来週の月曜・火曜と、大学院卒業試験である、通称“Comps”が迫っていて、
まぁ内容は、大学院で学んだこと一通り全て、というか何というか、
これをパスしないと卒業できない、とにかく大変な試験なのです。
それが終わるまでは、ちょっとまともな更新が出来ないと思います。
申し訳ありません。

大学院生活も、残り一ヶ月。
気合と根性で乗り切りたいと思います。
勉強あるのみ。
[PR]

  by supersy | 2009-04-01 22:30 | School | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX