<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

911。

今私の携帯電話の最新発信履歴に残っている番号です。
アメリカで911という電話番号は、日本で言う110と119が合わさったような番号で、
いわゆるEmergency Number。警察、救急車、どちらを呼ぶときにも使われます。
それが私の携帯に残っているということは…
そうです、そんな場面に出くわしてしまったわけです。

今日は木曜日ですが、HomecomingのFootballの試合がありました。
Buchholz、East Side、Gainesville High Schoolと言ったGville内の大きな高校は、
全てのVarsity Footballのホームゲームを、それぞれの高校ではなくCitizen's Fieldという、
まぁ要は市民球場のFootball版みたいな、大きな会場で行うのです。
で、例えばBuchholzとEast Sideが同じ週にホームゲームがあったりしたら、金曜日に同じ会場で2試合やることは時間的に不可能なので、木曜日に一試合、金曜日に一試合、と散らして行う都合がありまして、必然的に私たちも木曜日によく試合をするんです。

ここで試合をするのはまだシーズン2回目。慣れてもいないし、“ホーム”って感じは全くしないのですが、今日は名義上はホームゲーム、今日は一応ホストしている側ってわけです。
ホームチームのATCとしてやらなければいけないことの中に、相手チームのATCに試合前自己紹介をして、“何か必要でしたらいつでも仰ってください”と挨拶をしておくことがあります。
アップ中に相手チームのとこにてけてけ向かってみたのですが…うーむ、どこだ、トレーナー?
相手コーチに“トレーナーさんはどちらでしょう”と聞いてみると、“今日は木曜日の試合だから、
うちのトレーナーは来られなかったんだ。だから何かあったら頼むよ”と言われました。
自チームのサイドラインでもてんてこ舞いになるのに今日は仕事が2倍?むむ…嫌な予感。

大きな怪我もなく試合は進み、この予感が間違いだったかなと思い始めたころ。
ハーフタイムの途中に、ロッカールームでのバタバタが一息ついて外に出て、
Fieldに戻って後半の準備をしておこうかなと思って歩き出すと、うちのコーチが駆けてきて、
“相手チームのコで息が苦しくなってるコがいるから見てあげてくれ”と言われました。
なんだろうと走っていってみると、相手選手がひとり地面に倒れこんでいて、
そのコの親御さん、コーチ、それからうちのチームドクターが彼を囲んでいました。
胸の痛み、息苦しさ…。考えられる最悪の事態は、未診断の心臓疾患。
息をするので精一杯といった状態で、症状は見る間に悪化していき、質問に首を振る程度には答えられていた彼の意識レベルはぐんぐん下がって、そのうちSternal rubにしか反応を示さなくなりました。Historyをアタマに入れながら、もしかしたらこれは大したことなく終わるんじゃないかと思っていた私はこれを見て一気に血の気が引いて、命の灯が目の前ですぅっと消えてしまうような感覚に“あ、このコ死んでしまう”と本気で思いました。

Team Doctorと顔を合わせて、“Paramedicsを呼ぼう”ということになり、
EAPを無視して私が911に電話。事情を説明して救急車を送ってもらうことになったのです。
幸い彼の症状は救急車を待っているうちに良くなり、意識もしっかりして話せるようになり、
最終的には立ち上がって(ふらふらとではありましたが)歩けるようにまで回復しました。
よくよくコーチたちからもハナシを聞いてみると、過去練習中にHyperventilation(過呼吸)になったこともあるようなので、どうやらそれではないかという結論に。救急隊員の人たちは念のため病院に行って検査をするよう進めましたが、彼が断固としてそれを断り続けたため、
親御さんともお話して、"それじゃあ明日にでも病院に行くように”ということで落ち着きました。

とりあえずこの状況がなんとか治まりそうだったので、私は続行中の試合に戻ることに。
こっちも放っておいたらもっとひどい怪我なんかが起こるかも知れませんしね。
後で戻ってきたTeam Doctorに“Hyperventilationでchest painが起こることってよくあるんでしょうか?"と聞いてみると、“カラダ全体が酸欠状態になるからね。心臓にも酸素が足りなくなって、痛みが出ることは十分に考えられるわね”と言われて、なるほどー、と納得。
“最初は大袈裟に騒いでるだけかと思ったけど、本当にVerbally unresponsibleになってちょっと焦ったわ”とうちのドクターまでも言うので、“Sternal rubしてやっと起きましたもんねぇ、私も大丈夫かなと思い始めた矢先だったので、ちょっと怖かったです”と素直に感想を応えました。

その後も相手チームのコでちょっと大き目の怪我が起きたりして…。
やっぱり、VarsityのFootballの試合には、各チームに最低でも一人ATCがいないとキツいなー。
うちのコドモタチに大きな怪我が無かったのは本当に良かったけれど。
何とか試合を終えたあと、相手チームのコーチに非常に感謝されて、それからうちのコーチにも“お疲れ様、よくやってくれたなー”と声をかけてもらって、ほっとしたらどっと疲れがやってきて頭痛と眩暈、心臓痛に教われました(笑)。
試合を気持ちよく勝ってくれてよかった!これで負けてたら疲労倍増だぜっ!

まぁでもしかし、思い返しても彼が、ふっ、と意識を失いかけた瞬間は怖かったです。
ヒトの命がものすごく儚いもののように見えた、あの一瞬。
CPR(心肺蘇生)始める覚悟、しましたもん。
それと同時に、ヒトの体に宿る生きようとする力、みたいなものも見せられたような気がします。
あっぱれ生命力。よくぞ這い上がってきてくれた。
病院での検査も、異常が無いことを祈ります。

---------------------------------------
おまけ。
チームはいつもスクールバス2台(オフェンス1台、ディフェンス1台)で試合会場に向かいます。
帰りはディフェンスのバスの乗り込んで帰ってきたのですが、学校に戻ってくると、オフェンスバスの選手がひとりが“あのねー、僕らね、Coach Higgins置いてきちゃったの”というのでびっくり。
へ?どういうこと?と聞いてみると、バスが出発してちょっとしてから、置いていかれたと気づいたとあるコーチが、首から提げていたホイッスルをピピピーと鳴らして走って追いかけたのだとか。
それに気が付いて急いでバスを止め、事なきを得たそうですが、
ホイッスルを鳴らしながらバスを追いかけるコーチの図…。ちょっと、いや、かなり、笑えます。

…。
ぷぷっ。
[PR]

  by supersy | 2008-09-25 23:59 | Athletic Training | Comments(4)

初めてのJersey Finger。

金曜日のFootballの試合中でのこと。うちのATSが、“選手が指曲げられないって言ってる”
と、言うので、ほいほい、私が見ますよと取って代わりました。
ざわ、と嫌な予感。このテの予感はここ一年大体当たる。
選手の顔を見て、まず思ったのは、彼はちょっとしたことで大騒ぎするタイプではない。
痛みに顔をしかめているわけではない→恐らく骨折や脱臼の類ではない。この条件下で
“指が曲げられない”というのがchief complaintとなってくると、うーむ、アレだろうか。

Evalの結果、この予測が嬉しいやら悲しいやら見事的中。
痛みこそ全く無いものの、薬指のDIPが曲がらない
そうですアレです。FDP断裂。俗に言う“Jersey Finger(↓)”ってやつです。
b0112009_1041825.jpg
指を全部曲げようとしてもこう(↑)とかこう(↑)とかにしかならないんですよね。
実物を見たのは初めてだったけれど、あまりに教科書通りなのですぽーんと分かりました。
ぬおぉぉぉ、と思ってTeam Physicianに相談して、“あー、だね”と、ひと目で彼女も納得。

jerseyとはジャージのこと。というのも、一番のcommon mechanismが、
“フットボールでタックル時に相手のジャージを掴み、そのまま指を取られて腱が切れる”
だから、Jersey Finger。今回のMOIもまさにコレ。ジャージ掴んで、ばちーん。
Arnheimには“ほとんどのケースは薬指”と書いていますが、これもその通り。
薄利骨折を伴う場合もありますが、幸い今回これだけは免れました。ふぅ。

簡単に解剖学の視点からこの怪我を見てみたいと思います。
ヒトは生活をしていく中で、モノを掴んだり離したり、様々なコトをしますよね。
チカラ加減も動かし具合も絶妙なコントロールができてこそ、それらが実現可能なわけです。
この正確なfine movementを生み出すために、手の中には腱たちが沢山走っているのです。
中でも注目なのが、Flexor Digitorum Profundus(FDP)とFlexor Digitorum Superficialis(FDS)。
b0112009_10484688.jpg
FDP(左上)もFDS(右上)も、“親指以外の四本の指を曲げる”という機能を担っています。
一見ほとんど同じように見えるこの筋肉、
実はdistalの腱になっている部分をよーく辿って見てみると…。
b0112009_10485990.jpg
FDPの腱はDIP joint(遠位指節間関節、所謂指の“第一関節”)まで降りているのに対し、FDSはPIP joint(近位指節間関節、同じく“第二関節”)で止まっているのがお分かりでしょうか?
つまり、FDPが筋収縮を起こしたときに、動きが生まれるのはDIP joint。
第一関節を曲げる、のです。同様に、FDSは第二関節のみを曲げることになります。
同じ“指を曲げる”機能でも、曲げている関節が違うんです。

さて、これをふまえて。このJersey Fingerという怪我は、FDPの断裂です。
一番上の写真にあったように、PIPは曲げられるけどDIPが曲げられないという症状が出ます。
ここまで読んでくれた皆さんならもうお分かりのように、FDSはintactだからPIPが動かせて、
FDPがdetachしてしまっているからDIPが全く動かない、という状況なわけです。
意外とシンプルでしょう?

※この記事を書きながら、“何でFDSではなくFDPの断裂が圧倒的に多いのだろう?”とか、
 “何でほとんどの場合は4th finger(薬指)なんだろう?”とか、疑問は幾つか
 出てきたのですが、恐らくその答えはbiomechanics的なものだったりするんだろうなと
 妙に納得していたりして、つまるところそこまで調べ上げる元気はないので
 ドツボにハマる前にやめておきます。

さて、問題はこの処置です。
とりあえず痛みが全くなかったのが不幸中の幸い。body tapeをして試合を続けたものの…。
MRI取らないといけないよなぁ。医者に見せる必要のある、ちょっと大きな怪我です。
怪我が起こってしまったのは金曜日の夜だから、アポを取るにしても月曜日の朝イチ。
(個人的に、だから金曜日の夜に試合のある高校のフットボールは嫌いです)
私はこのタイプの怪我は手術をする、というのがthe only treatment planだと思っていましたから、この先どうするんだろうと週末ずっと悩んでいました。彼はSenior。恐らく大学からも声がかかるであろうプレイヤー。このシーズン丸々を棒に振ってはそれもナシになってしまう…。指が一本曲げられない、という症状以外支障はないのだし(これも十分支障はあるけれど、Linemanとしては致命的なダメージとは思えない)、シーズンをプレーするだけしてその後手術、みたいに待つこともできるんだろうか…。うーむ、でも千切れた腱はそのままになってしまうわけだしそこらへんはどうしたら…。
ああ、プレーを続けたせいでtorn tendonがより落ちてしまった可能性もあったりして…。
ううぅむむむ…。
と、悶々と考えていたわけなんですけれど。
悩んでもここは専門家に任せるしかない。餅は餅屋、手の怪我は手のスペシャリストへ。

アポ取りはスムーズに行き、無事に月曜の朝にHand specialistのお医者さんへ診せに
行くことが出来て、夕方の練習前に彼がATRへ来てくれたので結果を聞いてみました。

“お医者さんなんて?”
“Syの言ったとおりだった、FDPとかの断裂って”
“Flexor Digitorum Profundusだね”
“そう、なんかそんな感じの”

やっぱりそうかー。いや、そうだと思っていたけど、そうじゃないといいななんて思っていて。

“お医者さん手術とか言ってた?”
“手術はしない、だって手術するとなると…”
“12週間くらいかかるよねぇ”
“うん、10-12週間って言われた。シーズン棒に振ることになるから…それはしない”
やはり、彼も親御さんも、大学のAthletic Scholarshipがかかっているから
このままプレーを続けるという決断をしたそうです。

“ただこの指が一生曲げられないってだけでさ、別に平気だよ”
と、彼は言ってみせたけど、その言葉尻がどこか哀しいような気がして、
そうだよなぁ、そんなに大きなことじゃなくても、何か“一生出来なくなる”ってちょっと辛いよなぁ、とこっちもちょっとやるせない気持ちになりました。でも、これがきっと彼にとって一番な道。
大学フットボールにかけられる高校最後の一年は、今しかない。
大学でプレーしてたらどんなだったかなぁと、オトナになってから後悔させるよりこっちのほうが
きっと良いと思うのです。自分も昔スポーツに人生をかけてきた身なのでそう思います。

よし、じゃあ、出来る限りの治療をして、この手と付き合って頑張っていこう!
と励まして、とりあえずsoreはiceで治療、それからGrip strengthを強くすること、
を目標にやっていくことにしました。

調べてみたら、手術をして切れた腱をくっつける、という以外にもそれなりに方法はあるようです。
1. 何もしない。
 指は曲げられないまま。
 断裂した腱がそのまま手に残っているため、掌の痛みが消えない可能性も。
 また、炎症がchronicで起きてしまうとCarpal tunnel syndromeを起こしやすくなる。
 
2. 断裂した腱を切って取り除く
 指は曲げられないまま。
 痛み、炎症は上よりは防げる可能性大。

3. DIPをfuseさせてしまう
 つまりは第一関節を全く動かないように結合。当然指は曲がらない。
 6週間のスプリントを必要とする。
 腱はそのままなので、掌の痛み、炎症の可能性は1同様起こり得る。

3は何がいいの?と思ってしまうのですが、これから彼が恐らくするであろうのは、1と2のコンビネーション。とりあえずシーズンが終わるまでは何もせず、終わってから2をやる、ような感じになりそうです。Carpal tunnelだけは避けねば。これからも彼の手をしっかり見ておこう!
怪我と上手く付き合っていく、というのも、ATCの大事な役目だと思います。
私たちは超能力者じゃありませんから、何かを奇跡的に治すことなどできない。
できるのは、治癒に理想的な環境を創り出すこと。治癒が無理ならば、それと上手く付き合えるようヒトを導いていくこと。今回私に求められているのは後者です。彼の将来のためにもできることをしていこうと思います。頑張れ、戦う高校生。おねいさんもついてるさー。
[PR]

  by supersy | 2008-09-08 22:30 | Athletic Training | Comments(5)

Football漬けの3日間。

相変わらず忙しいです。Footballのシーズンも今週から本格的に始まったし、
Cross CountryだVolleyballのトーナメントだと土曜日も仕事が入るのでたまりません。
休日が日曜日だけだと疲労が回復しきらないようで、寝ても寝てもカラダがだるくて一日やろうと思っていたことも半分もできずに終わる→自己嫌悪と次の日の仕事・学校への憂鬱→さらにぐったり、の悪循環…。平日のリバウンドなのか、今日はほとんど外へ出ませんでした。
まぁ、愚痴めいたことを言っていてもしょうがない。負のサイクルを断ち切れるのは自分しかいないのですから、時間もエネルギーもないならば作ればいい。週末は楽しんでこそ週末なのですっ。

さて、そんな暗いことはさておき、ここ3日はfootball漬けな日々を過ごしておりました。

まず、木曜日。
仕事をちょっと急いで終わらせて夜、Hawthorneまで久しぶりに車を飛ばしてきました。
自分の運転で行くのは実に3ヶ月ぶりくらいなんですが…なんていうか…遠い!!!!
こんなところに10ヶ月ほぼ毎日通っていたのかとちょっと絶句。いや、Wranglers時代に毎日100マイル通勤してましたけども。それに比べたらアレだけど、いやでもほら、遠いよ、十分。
今日はシーズンオープナーのFootballの試合がHawthorneホームであるのです。
コドモタチが“Sy、試合見に来ないの?”とひっきりなしに電話やメールをしてくるので、自分の試合スケジュールと検討した結果、都合の合ったこの日、行ってこようと決意した次第です。
まず到着するや否やチケットボックスから誰かが走ってくる、うおー、懐かしいコドモタチ。
大人しく観客席に座って試合を観戦するつもりだったのですが、コドモタチから叫ばれたり電話がかかってきて“Sy! 上にいるから上がってきて!”と要請を受けてあちこち歩いて回る。試合、見れてないじゃないか(笑)。試合の邪魔をしたくなかったので選手とコーチには終わってから挨拶をするつもりだったのですが、騒ぎに気が付いた選手たちが“Sy!!!”と叫びだして、ああ、どうしよう、と思っているとHead Coachが“そんなとこいないで、サイドラインに降りて来い”と手招き。
え、いいんですか、今は全くの部外者ですけど??
迷いましたが、選手たちが試合に背を向けて私と話そうとしているよりはいいか、と開き直って、
思い切ってサイドラインへ。とんでもなく私服ですけど、この際仕方ない!
思いがけず、特等席で試合を見ることができちゃいました。
“皆がひとりずつ毎日$5払うから、ガソリン代も出すから、だから戻ってきて!”と泣きつくコドモタチもまた可愛らしい。でもあんたたち、そろそろいい加減新しいトレーナーに慣れなさいよ。
懐かしいコーチ、親御さん、コドモたちに会って愛情に包まれた一日でした。

金曜日。
この日は私の、つまりBuchholzのFootballの試合の日。vs East Side。Season Opener。
終始こちらがリードしていたのに最後の最後でぽんとTDを奪われて10-16の敗戦。
でも結果に嘆いてる暇もないほど、やっぱり自分の試合は昨日よか断然に忙しい。
b0112009_12375260.jpg目の上をぱっくり切った選手がいて、Steri-strips(←)で塞いだのですが、少ししたらまた出血。チームドクターであるDr. Padillaが“こうなったらもうstitch(縫合)しましょう”と、観戦に来ていたお母様の許可を取ってハーフタイムにロッカールームで縫合。うぉーハードコアだぜぇ。私といえば、ハーフタイムも選手をテープしたり他の怪我の面倒を見たりで大忙し。on fieldで(とは言ってもロッカールームですが)stitchするprocedure見たかったのに。

試合を終えて片付けも全部終えたら、家に着いたのは12時。
一般学生にとっては“Friday night”は待ちに待ったお楽しみかも知れませんが、
私たちにとっては仕事漬けの一日、というくらいの意味しか持ちませぬ。

土曜日。
この日は朝からCross countryのmeetをホストしていたので、朝の5:30に起床。
前日の疲れもあり、起きた瞬間に“行きたくない…”と気が滅入りそうになりましたが、
うちのATSの“体調が悪くて今日行けません”というケータイに入るメールにもめげずに
眠いカラダにムチを入れてBuchholzへクーラー等を取りに。むむぅ、一人だとなかなか大変だぜ。
荷物を全部持って、会場のSanta Fe Collegeへ移動。何でホームミートなのに別会場なのだ?という疑問はさておき、ヘルプに来てくれたあみちゃんの助けもあって、meetはスムーズに進みました。気分が悪くなるコは何人かいたけれど、吐く子はいなかった!奇跡だ奇跡。
そのあとはUFキャンパスに移動して、友人のヘルプへ。売り子さんのお手伝い。
Football試合前のごっちゃごちゃのキャンパスを練り歩きながら物売りです。いかがっすかー。
途中働きづめ+寝不足で猛烈にひどい頭痛に襲われ早めに抜けさせてもらい、
Tailgateしている友人たちの元へ。余りに眠くてSeanの車でこっそり昼寝。
b0112009_1041469.jpg
で、初めて行ってきました、UF Gator Football Game!!
これでもかというほどすごいヒト。Crazyに盛り上がるスタジアム中の観客。歌って踊って大忙し。
すごいやぁ。ヒトは誰しも“これがあるから頑張れる!”っていう人生の楽しみがあるもんだけれど、
Gator Nationのここ、Gainesvilleでは多くのヒトにとってそれがFootballなんだなって実感しました。スポーツ大国アメリカは伊達じゃありません。ヒトが文字通り狂喜乱舞するのです。
ちなみにMiami相手に26-3の圧勝でした。強いぞGators。
只今全米ランク5位ですが、また上がるでしょう。

こんな感じで、3日もうFootball漬けでした。
おなか一杯でしばらくFootballはいいや…って感じですが、月曜日にはまた練習があるのでそうも言っていられません(笑)。アメリカでは好きなヒトは金曜日に高校、土曜日に大学、日曜日にはプロと、毎週末文字通りFootball漬けなんだもんなぁ。よくやるよ。感心しちゃいます。
[PR]

  by supersy | 2008-09-07 23:59 | Sports | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX