睡眠を理解する。

前回、本当に久しぶりの更新だったんですけれども、
コメントもそうですが、電話やメールで色々リアクションを頂いて嬉しい限りです。
大学院に入ってからと言うもの、ゆっくりゆっくり進んでいるこのBlogですが、
皆さん懲りずにお付き合いいただけると幸いです(苦笑)。

さて、先日金縛りに生まれて初めて遭ったと書いたんですけれど、その反響も少なからずで
でしてですね。そうそう、ついでに言うと、実は最近夜上手に眠れなくて困ってるんです。
お陰で朝起きるのも辛いし、疲れも一日中引きずってしまうしで良いこと無しなんですが、
イマイチこう、打破する決定打が見つけられないというか…。もうトシかなぁ…。
まぁそれはともあれ、今回、金縛りってそういえば何でなるの?と聞かれたので、
この機会に金縛りと、睡眠そのものについて取り上げてみたいと思います。
b0112009_1285980.jpg
さーて、そんではまず健康的な睡眠のリズムについて。
睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠がある、というのは恐らく皆さん耳にしたことあると思います。
ヒトの一晩の睡眠をグラフにすると、こんな感じ(↓)になります。
b0112009_1038062.jpg
まずはそれぞれのサイクルの特徴を挙げてみましょう。
レム睡眠…浅い眠り。肉体的には寝ている(=筋肉の緊張は解けてだらりとしている)が、
  脳は覚醒に近い状態(時折筋肉が軽く痙攣したり、眼球がぐるぐると動いたりする)。
  レム(REM)という名前はこの急速眼球運動(Rapid Eye Movement)から来ている。
  御存知のようにヒトが夢を見るのはこのレム睡眠中で、
  脳波はθ波(4~7Hzの低い周波数)が主。レム睡眠中は体温は上昇する。
  自律神経系の活動が不安定となり、血圧・心拍・呼吸が上がったり不規則になることも。
  (原因不明の睡眠中突然死に関して、こうしたレム睡眠中の自律神経の乱れが
   原因となって心筋梗塞などを引き起こしていることがあると言う説がある)
  この時脳は起きて何をしているかと言うと、実はレム睡眠中に記憶や感情を整理し、
  その固定・消去を行なうという重要な役割を担っている。レム睡眠をとらないと
  学業の習得にも影響を及ぼし、成績と密接な関係があるという研究も多くある。

ノンレム睡眠…大脳が休息をしているため眠りは深く、
  少しの物音や軽く揺さぶられる等しても起きない。この状態で突然起こされても、
  大脳がまた活動を始めるまで少し時間がかかるため、所謂“寝ぼけた”状態になる。
  ノンレム睡眠でも実はヒトは夢を見ているらしいが、レム睡眠時ほど内容ははっきりせず、
  ほとんどの場合覚えていない。
  脳波はθ波より更に緩やかなδ波(1~3Hz)へ。呼吸・脈拍・血圧は落ち着き安定する。
  体表面の温度は上昇、発汗作用が活発になり、結果、体温は下がる。
  成長ホルモンの分泌、免疫増強作用などもこの時行なわれ、
  細胞の増殖・損傷に対する修復が起こる。メンテナンスメンテナンス。
  さらにその深さによって4段階に分けられる…が、これは長くなりそうなのでやめときます。

さて、上のグラフに戻りますが、ノンレム睡眠を経てレム睡眠に入るまでを睡眠一周期とし、
個人差はあるもののおよそ90分でひとサイクル巡ります。その際、レム睡眠が終わるごとに
ヒトの脳は覚醒に近づくわけですから、即ち90分ごとに目覚めやすくなるわけです。
だから、睡眠時間は一時間半周期でその○倍、に設定するのが、生理学的には
理に適っているわけです。例えば5時間寝るなら30分削って4時間半にするとか、
1時間寝るならもうちょっと増やして1時間半、とかですね。
b0112009_1292783.jpg
ちなみにこのレム・ノンレム睡眠の割合、年齢と共に変化していく(↓)ようで、
b0112009_11493621.jpg
年を取れば取るほどノンレム睡眠の割合は上がっていきます。つまり、全体の睡眠時間そのものは減少傾向にありますが、その眠りは深く充実したものである、ということが言えそうですね。
それにしても、ということは、赤ちゃんってきっと色んな夢を見てるんだろうなぁ。楽しそうだなぁ。
b0112009_1295023.jpg
今回色々写真検索をしていたら、こんな幸せそうなネコちゃん(↑)まで発見してしまいました(笑)。
金縛りの話までいかずに、長くなったので続きは明日!
[PR]

  by supersy | 2008-10-28 23:00 | Athletic Training | Comments(4)

Commented by ケニ太 at 2008-10-29 13:40 x
さゆりさん元気っすかー?
で、この画像はあれですか?あきちゃん支給の画像達ですか?笑

てか一個前のconcussionの話。

MLSで初めてトップチームの試合一人でカバーした時、あろう事かaway gameでconcussionが起きましたよ。On Fieldでは彼の状態/反応も良くて試合に戻したんですけど、試合後、速攻Re-Checkしたら彼は俺がFieldにいた事すらあまり覚えてませんでした。Anteroかよー。って。自分のその時の判断は今でも正しいとおもいますけど、ただConcussionはできればConservativeに行きたいって言うのが本音っす。

このconcussionの後もトップからユース入れて10件くらいconcussionでましたけど、今の職場+サッカーだと脳震盪で選手交代決断する時のプレッシャーったら無いっすよ。

で、ちなみにおれも選手の時脳震盪でAntero起こしてます。笑
Commented by カツ at 2008-10-29 21:34 x
おおっ!最後の猫の写真はおいらがMIXIで「猫と靴」という日記を書いた時の写真と同じだね。

ちなみにおいらはバタンキューで熟睡します。
Commented by かや at 2008-11-01 12:42 x
いつも気付いたら寝てて・・・というより気がついたらら朝だったってかんじかな!?最近は。 行動が深夜型で寝付きの悪いぼくは,改善しなきゃと思いつつ実行できてませんねぇ。
リラックスする香りをうっすら焚くとか・・って企んだこともあるけど。
Syが書いてるような,微妙な時間調整はよくつかいますね。
Commented by さゆり at 2008-11-10 15:10 x
>けに
おうー、おかげさまでちょっと元気になったぞ。Concussionに関しては言ってくれないと分からない、ってのは根本にあるしねぇ。self-report率は、統計的には55%くらいなんだっけ?実際には半数ないと思うな。うちも可能な限りconservativeにやってるよ。全ての怪我を完璧に扱いたいけどさ、まぁ、そうはいかない時もあるよね。でも振り返ってみて、間違ってなかったと思えるときは自分を納得させるようにしてるよ。でも、もうちょっとこう出来たらよかったかな、って考える癖はちゃんと持っていたいとも思う。
ってか、けに、たまには電話でもしてきなさい。

>カツさん
熟睡いいですねぇ…。私はホットミルクが手放せなくなりそうです。
あ、焼酎もいいかな(笑)。

>賀屋先生
私も一時間半サイクルにするのは何となく癖で、あまり睡眠時間を確保できないときにはとりあえず3時間くらいにまとめてみたりします。高校生のころなんかは、ほとんど寝ないでもいけたんですけどね…。最近は3時間じゃ昼に眠くなっちゃってダメです。

<< 沢山の人に支えられて/金縛りを... Concussion Afte... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX