Orlando Predators vs New Orleans VooDoo。

さて。今週末足を運ぶはOrlando。
ここのところ週末になるたびにTampaだOrlandoだとどこかしら出かけていて、最近ますます上がりつつあるガソリンの値段など気にも留めないアクティブっぷりですが、もう毎日1時間半にも及んでいた通勤がなくなったからトータルではかなりガスをセーブできているのです。だからいいのです。

Orlando Predatorsの試合のヘルプにまた来たわけですが、今回の相手はNew Orleans VooDoo。
来週がArena Footballにとってレギュラーシーズン最後の週になりますが、
Orlandoはたまたま最終週がBye-weekになため、今日がPredsにとってシーズン最後のGame。
6/12の時点でNational Conferenceは

     #1 Philadelphia (11-3)
     #2 Dallas (11-3)
     #3 Georgia (9-5)
     #4 New York (8-6)
     #5 New Orleans (8-6)
     #6 Cleveland (8-6)
     -----------------------------------
     #7 Orlando (8-7)
     #8 Tampa Bay (7-7)
     #9 Columbus (3-11)

という結果だったのですが、カンファレンス3~8位まで6チームが2ゲーム差以内という大混戦状態。負ければPlayoffはほぼ絶望的、勝てばPlayoff進出ほぼ決定という分かりやすい絵図は、Predsだけでなく同じNational Conferenceの多くのチームも同じ。つまり、今日の試合はOrlandoにとってもNew Orleansにとっても負けられない試合、というわけです。
b0112009_7552465.jpg
そんな緊張感の中、一進一退の攻防で試合は進み、ラスト2分。51-49とPreds2点リードでボールがNew Orleansの手に渡ってしまい、ここぞとばかりに盛り上がるVooDoo Box。ここでPredsが脅威のディフェンスで4th Downまで粘り、VooDooが起死回生を狙ったロングタッチダウンパスを見事にDBがブロック!ラスト44秒でまたボールを取り返したPredsオフェンスはボールを確実に進め(AFLでは"Take a knee"してクロックを減らすことができません、ボールを前に進めないとクロックも進まないルールになっています)、タイムアウトを使い切らしたVooDooは打つ手をなくしてそのまま試合終了。51-49でPredsが見事に勝利を収めました!実力が均衡した両チームだっただけに、気持ちで勝ったPredsが勝利を自分たちの手でもぎ取った、と言える本当に良い試合で、終わった後も清々しい気持ちになれました。あー嬉しい。こういう渾身の試合を目の前で見られるから、この仕事はやめられない。

(今まで私が手伝いに行った2試合共Tampa相手に負けているのと、去年のAustin WranglersはLosing Seasonだったので)試合前Schroederに“Syがいると負けるじゃないか、この2試合もそうだし去年もそうだったし…”といじられていましたが、やっとPredsの勝利を拝むことが出来ましたし、これでもうBad Luckとは言わせませんっ。

-----------------------------------
さて、おまけ話をいくつか。

●D-Lew!!!
New Orleansにはまた友人がひとりいるのですが、彼とも今日会うことが出来ました。
彼、D-lewは去年Austin Wranlgersのエース・ワイドレシーバー。
今年は残念ながらシーズン開始直前にACL断裂でSeason Endingになってしまい、今もリハビリしている最中なのですが、たまたまそんな時に頼まれてやった自チーム試合のTV解説が好評に好評を呼び、“最初は一試合って言われてやったんだけど、気に入られて次も次もってなってさー、
b0112009_8203426.jpg結局全部やってるんだよね”だそう(笑)。今日もTV中継があったのでその仕事も兼ねてaway戦もチームと常に帯同しているそうです。“いいじゃん、お金もらえるんでしょ?”と聞いたら実はそうではないらしいのですが、“でも今度大学の放送もやってって言われたから、それはサイドビジネスになりそう”とニコニコで、K-Nickと一緒に“人生何があるか分からないもんだねぇ”なんてことを言ったりもして。彼は喋りも非常に上手な生まれついてのエンターテイナーなので、そういう役柄もぴったりだと思います。でもでもやっぱり、しっかり治して来年走り回る姿を見せて欲しいけど!(ちなみにこの写真、私は階段に乗ってます。D-lewは背高いです)

●見てはいけない舞台裏。
こんな仕事をしていると、試合前やハーフタイム等に、見たくなかった…という舞台裏場面に遭遇することがよくあります。例えば、マスコットの中に入っている人の素顔。ここ、Orlandoにはその名の通りPredator(直訳すると肉食動物・略奪者!?)くんがいるわけですが、こんな(↓写真右)見た目をしています。お客さんに見えないロッカールーム⇔Box間をてけてけ走って移動していると、このごっつい鎧を着込んでアタマの部分だけ外しているPredatorくんを発見。ワイルドな見た目ならともかく、あまりに素朴なおにーさんだったのでなんだか拍子抜け。
それから今日は何故か、ハーフタイム中にスターウォーズのキャラクターが出てくるイベントがあり、舞台裏ではR2D2がころころ進んでいたり、ストームトルーパーとダースベイダーがマスクを外して談笑していたりしました。ああ、普通のおじさんたちだった…。なんかちょっとへこむ。
b0112009_8511372.jpg


●信じられない怪我。
試合中、見事なキャッチを決めるPreds WRに横からタックルを決めたVooDooのとある選手。フィールドにとすりとそのまま倒れたと思ったら、起き上がらなくてInjury Timeoutが取られました。Hard hitでもなかったし、動いてるし、喋ってるし、そんなにひどい怪我でもなさそうだと思って私はあまり心配せず自分の選手に水をあげていたのですが、意外にEvalに時間がかかっているし、何やら現場に変な緊張感が走ってる。むむっ、EMTの面々と、Spineboardが出てきた。ええ、Spine/Neckじゃないでしょ、頭動かしてるし。。。。結局その選手はその場で痛み止めの注射を受け、そのままストレッチャーに乗せられてフィールドを出ました。マッサージ師のMikeと“なんだろ?” “なんだろね”と小声で話していたのですが…。
少ししてEval結果を耳にしてびっくり。
なんとBilateral Patellar Tendon Ruptureだったそうです。恐らくhitしたときじゃなく着地したときだと思うのですが、Patellar Tendon Ruptureが、しかも両方同時に起こるなんて…。
派手な接触があったわけでも、着地を失敗したようにも見えなかったので、こっちのMedical Staff一同も“How come!???”とびっくりしてしまいました。大変なのはその選手ですよ。両方同時だから、Rehabも大変になってしまうことでしょう。長い時間をかけてでも、ちゃんと復帰できれば良いけれど…。他チームながら心配です。まさかシーズンの最後にこんな怪我をしてしまうなんて運命の神様も時に非情であります。

●Vooooo。
b0112009_9215374.jpgスコアボードなどの電光掲示板に表示されるVooDooという名前が、
全部大文字だったために
“VOODOO(ブードゥー)”=“VOOOOO(ブーーー)”に見えて、
New Orleans Voooooって…と考えてしまって
独り笑いをこらえるのに必死だったのは内緒にしてください。
ちなみにVooDooってガイコツ頭の魔術師、呪術師みたいなキャラクターです。

●おまけのおまけ。
日曜日に家に帰ってきてTVをつけたら、まさにこの試合が放送されていてびっくり。あ、ライブじゃなかったんだ。一日遅れて放送ってヘンなの。そして自分の顔をTVで見るってヘンなの。
D-lewが軽快に話していて面白かったです。やっぱり上手だー。
そして、改めて見てみても、本当に良い試合でした!
[PR]

  by supersy | 2008-06-13 23:59 | Athletic Training | Comments(4)

Commented by もとこ at 2008-06-15 10:58 x
さゆりさん、はじめまして。たまにブログ読ませていただいています。私は今、Chicago RushでAthletic Training Internしてます。Arena Football面白いですよね!それにしてもBilateral Patellar tendon ruptureはすごいですね。RushにもシーズンはじめにPatellar tendon ruptureをやってしまった選手が今がんばってリハビリしてますよ。コンベンション行かれるんですよね?ぜひお会いしてみたいです。
Commented by from-columbus at 2008-06-16 01:05
院生さゆりさんに、僕もぜひお会いしてみたいです。笑
Commented by カツ at 2008-06-17 00:27 x
確かに舞台裏は見ちゃうと幻滅する時があるよね。
でも、マスク外したくなる気持ちはよく解る。
そうとう暑いらしいよ、マスコットの衣装って。
Commented by さゆり at 2008-06-24 18:32 x
>もとこさん&まさ
お二人ともコンベンションでお会いできて良かったです!
Arena Footballはまだまだ日本人には知名度が低いので、
仲間を見つけると嬉しいですねー。Playoffs頑張ってください!

>カツさん
私も着ぐるみ入ったことあるので分かります。
重たくて暑いですよね!息もこもるし。視界悪いし。
ちなみに中学生の時にピーポくんの着ぐるみを着て地元のお祭りに出てました。子どもたちに蹴りやパンチやタックルをたくさん浴びせられて泣きたくなりました(笑)。

<< NATA Convention... 進む日本人離れ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX