My Case Study。

時間軸が前後しますが、書き留めていた5/23~25のTampa小旅行記をupしました。
宜しければどうぞ!

---------------------------------------
学校も仕事も終わって好きなことを勉強する時間もできたので、
これからちょっとAthletic Trainingの内容をupしていけたらと思っています。
さて。Case StudyのPoster PresentationをしにSEATA conferenceに行きましたー、
という話は以前書いたことがあるのですが、それに関してどんな発表を
したのかここで具体的に書いていなかったので、簡単にですが残しておきたいと思います。

そもそもの始まりは、秋学期のSeminarの授業でのひとつの課題でした。
“高校の現場で、なにか珍しい怪我、斬新なリハビリ、よく見る怪我だけど珍しいMOIで起こったもの等、とにかく何でもいいからケーススタディとして研究・発表しなさい”という課題が出たのです。
それ以来、高校で怪我が起きるたびに、“うーむ、これはCase Studyにどうかな?”
とevalをするたびにこっそり考えていたのですが、なかなか丁度いいものもなく、
困っていたときにある選手がFootballの練習中に怪我をしました。

その選手は、ダミーをhitして地面をrollしてまた次のダミーをhit…というドリルの最中に、
地面をrollする際に右親指から着地してhyperextend & hyperabductさせてしまったのです。
怪我をした直後に私のところに来たのですが、evalにおいて見つけたものは、
  ・No popping or snaping sensation
  ・No immediate swlling or discoloration
  ・Pain all around MCP joint
  ・Tenderness over ulnar border of MCP joint
  ・Decreased ROM in all 4 directions
  ・Positive Percussion Exam (on the tip of the thumb)
  ・No vascular or neurological involvement
まぁ当然MCPのUCL sprainが真っ先にアタマに浮かんだわけですが、Valgus stress testでIncreased laxityは見られたものの、痛みのせいでフルにストレスをかけることができなかったためruptureかどうかに関してはinconclusive。とりあえず練習ももう終盤で残るはフォーメーション確認とコンディショニングだけだったので、テープで固めて練習を終わらせたのですが、練習後にもう一度チェックするとmild swellingが出没。痛みとそれに伴うROMは少しマシになっててくれないかなと期待していたのですが改善はなし。Percussionが未だにpositiveなのと、flexionとextensionのROMがかなりlimitedだったことも含め、むむ、avulsionいってるかも…と嫌な予感。
X-rayを撮りたくとも医者のアポを取るには時間が遅かったので、とりあえずsplintをしてiceをして、明日また私に会いに来るように言いました。で、結局彼は次の日用事があって学校に来られなくなってしまったため2日後にまた診たのですが、症状には一切改善なし。やっぱり医者だ!と親御さんとも話してアポを取り付けました。

お医者さんも同じように思ったらしく、X-rayを撮った医者の最終診断の結果は、
UCL rupture at MCP joint associated with avulsion fracture & Stener lesion。
即手術が必要ということで、結局怪我をしてから9日目にopen reconstruction surgeryが行なわれました。その手術も見せてもらいにいって、お医者さんも詳しく説明してくださり、とっても勉強になったのですが…。実はStener lesionというコトバをお恥ずかしながら聞いたことがなかったんです。だからこそこのトピックに興味を持ったんですけど。で、何だろうと色々調べてみたらコレが面白い面白い。知らなかったことが沢山あって、とてもinspiringだったので、もうCase studyにはコレしかない!と決めて取り掛かったわけです。

さて、ここまでがHistory。ここからStener lesionとは何か?という話題に入りたいのですが、そのためにはまず簡単な親指のAnatomyから説明しなければいけなくなるので、
久しぶりに続きモノ、明日に続きます!
[PR]

  by supersy | 2008-06-01 20:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< 卒業式と"War o... そんなことを言っておいて。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX