世界で一番変な会話。

“I like your green eyes.”
“They ain't no green, my eyes are brown.”
“They are green sometimes.”

と、いう会話を今日選手としたんですが。
私の頭の中ですぐさま世界一不可思議な会話に認定されました。
ガキどもってわからん。ときどき目が緑ってどういう意味??

--------------------------------------

いよいよ。
明日がHawthorne最後の日です。そう、つまり明日がSpring Football Gameなのです。
フットボール選手とコーチはともかく、明日お世話になった全員に会えるわけじゃないので、
スタッフの人やコドモタチにすれ違うたびに“実は明日が最後でね”と挨拶をしてたら、
なんだかめっちゃ寂しくなってしまってやるせない気分です。
食欲のしの字もあったもんじゃありません。

灯台下暗しとはこのことで、実はフットボールのヘッドコーチが、
今日になるまで“私が明日で最後”ということを知らなかったのです。
来年も戻ってくるのが当然と思っていたようで、びっくりされました。
“戻ってきたくないのか?”というので、いや、戻ってきたい気持ちは山々なんですが、と答えると、権力でなんとかしてやるぞ、戻ってこい戻ってこいとずっと言われて困りました(苦笑)。
ちゃんと、もっと良いathletic trainerになるためにも動かなきゃいけないんです、と説明しても“こんなに苦労を共にしてきたのに…お前は本当に去っていくのか、ワシは信じられん”とぶちぶち最後まで言っていましたが、実は一番別れが惜しいのは私にとってこの人なのです。
父親のように良くしてくれて、私がトラブルに巻き込まれそうになったときにも真っ先に手を差し伸べてくれ、俺はいつでもお前の味方だぞ、と言ってくれた人で(そんな人にいなくなることをちゃんと伝えていなかったのは私の責任なのですが)、夏のシーズンでも2-a-daysの私の仕事ぶりを見てからはすっかり信頼してくれたようで、怪我に関する一切のことは“お前の判断に任せる、お前の言うとおりにするよ”と全権を委ねてくれました。お陰でこのSpring footballなんか本当にスムーズでしたもん。怪我に関して分かったような口を挟むコーチも高校レベルでは多いので、こういう人と仕事ができるとこっちとしては無駄なことに労力を使わなくていいので本当に精神的肉体的に楽です。やるべき仕事に専念できます。
お別れを言うときは、泣いてしまうかもしれません。
このコーチにだけは、最後、カードを書いて渡そうかなと思っています。

私がいなくなると聞いて、“いやだぁぁぁSyは戻ってくるんだぁぁぁ”と叫びまくってくれた子、
“Syの上司に直訴する!電話番号教えてくれ!” “俺は手紙書く!” “俺は直接会ってSyは対人関係に問題があるので他の高校では無理ですって言ってやる!(←コレは笑えないのでやめてほしい…)” と騒いでくれた子、もっともっと一緒に写真を撮らなきゃと寂しがる子、来年からはSyの家までストレッチしてもらいにいく!お金も$5くらいなら払えるから!と可愛いことをいう子、
来年のトレーナーにも良くしてやるんだよ、Syはああしたこうした言っちゃダメだよ、と言うと、
わかった、Syの頼みなら仕方ないけど仲良くするよ、と良く分からない理屈で納得してくれた子、
みんなみんなありがとう。
苦しいこともあったけれど、ここで働けて本当に良かった。

2-a-daysの真っ只中、まだ私が働き始めてすぐに、
コドモの一人が“Syは家族の一員なんだから”と言ってくれてびっくりしたことがありましたが、
ここで一年が経って、なんだか本当に大きなHawthorneという家族の中にいるような気がします。
ここを離れていかなければいけないのは本当に寂しいけれど、I'm leaving for good。
まだまだ自分のAthletic trainerとしての可能性を新しいところで試していきたいのです。


“I wish the best to you but you don't need luck.
 You are gonna be fine because you are a cool person and you're good at your job.”
“I'm not always cool or good so I need it sometimes. If you can still wish me luck I'll appreciate it.”
“Good luck.”
“Thanks.”
コレが今日一番自分にとって意味のある会話だったかな。
[PR]

  by supersy | 2008-05-28 20:30 | Athletic Training | Comments(3)

Commented by カツ at 2008-05-29 22:19 x
最後の会話、いいねぇ。特に最初のセリフがかっこいい。今度使わせてもらおうかなぁ。
Commented by タカシ at 2008-05-29 22:48 x
ですねぇ。
こういうセリフをサラッと言えるようになりたいです。
Commented by さゆり at 2008-05-30 13:21 x
ははは。
ちなみに出典はMikeです。

<< Good-bye Hawtho... Fort De Soto! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX