東京EBP講習を終えて、と、帝京平成大学訪問。

b0112009_22292577.jpg
先週末は、東京は立川でEBP講習を行ってきました!土曜日の夕方に予防医学編、日曜日の朝に評価編、午後に治療介入編と3つ続けておこない、取りたいものに自由に参加してもらうというシステムにしましたが、蓋を開けてみれば参加者の7割は東京外、南は福岡や宮崎から、北は青森からと本当に日本全国津々浦々、たくさんの方々にご参加いただきました。お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました!

さて、情報過多のこの時代、これからのスポーツの現場、そして医療界は、良質で最新の情報を自分で見つけ、選び、咀嚼し消化し、アウトプットしていく、という今までにないサバイバル能力が問われる社会になっていくのではと思います。もちろん、資本がある方はテーブルに座って「ごはんまだー?」とフォークとスプーンをちゃんかちゃんかと鳴らしていれば美味しい料理がテーブルに運ばれてくる…なんて生活の楽しみ方もあるんでしょうけれど、我々のほとんどは自ら狩りに出て、栄養を多く含む獲物を捕って煮たり焼いたりしてむしゃむしゃ食べ、自らの血や肉へ変えていけるようにならなきゃいけなくなるんじゃないか、と思うのです。
「エビデンス迷子」にならぬよう、「こんな魚の釣り方は誰にでもできてお手軽じゃないかと思いますけど、どうでしょう?」というノウハウをご提案させていだたいているのがこのEBP講習です。釣りって大変だと思ってたけど楽しいなぁ、意外と自分でもおっきい魚釣れるじゃん!と実感して帰っていただけていれば、そしておうちに帰っても釣りの実践を続けられる方が一人でも多くいらっしゃっていれば幸いです。

この夏のEBP基礎3講習はこれで終了しましたけども、冬には新作のEBP臨床・実践編を評価や治療介入の領域でいくつかご提供できればと思っていたりもします。EBPアドバンスト講習も提供するのはひとつの夢なんですが…うーん、あまり同時に複数のプロジェクトに手を出すのは好きではないので、これに着手するにはあと数年かかるかな。しかもアドバンストって名前つけてしまったら、あんまり人が来ないんじゃないかなって気もしてまして…うーむ。ご要望などがありましたらお聞かせください。



さて、話は変わりますが、今日は実家から歩いて20分ほどの中野駅にある大学、帝京平成大学へお邪魔してきました!
b0112009_22560884.jpg
中野北口すぐの「セントラルパーク」を抜けるとそこには大学が集まる敷地があるのですが、その一角が帝京平成大学です。ここらへんは4-5年前にできたばかりで、私自身も地元(?)でありながら、ゆっくり歩いたのは今回が初めてです。パークでは水遊びをする子供たちが駆け回り、その横にはおしゃれなレストランやバー、屋台(?)なども立ち並んでいて学生にもオフィス・ワーカーさんらにも使いやすい場所になっていました。いやー、中野もずいぶん拓けましたねー…。

今回の帰国、「今までお名前は聞いた・オンラインでやりとりをさせていただいたことはあったけどお会いする機会に恵まれなかった」方や「10+年ぶりにお会いする」方などにご挨拶できる機会が続き、いやー、ご縁というのはありがたいものだなと実感しています。業界の先輩方の哲学や職業観、将来に対する予想や展望などのお話を聞くだけでも勉強になりますし、「お前はこういう道を行くといいのではないか」という良い意味で主観たっぷりのアドバイスを頂くのも心から楽しませていただいています。茶化しているわけではなくて、自分では考えもつかなかったような視点を共有していただけるので、こういうのは非常に刺激的で貴重な時間なのです。世界が広がるとはまさにこういうことです。同時に、面白いと思うものや大事だと思っていること、「芯」が似ている先輩に出会うと非常に心強くも感じます。先輩方がつけてくださった道筋をさらにもっと太く、後ろに続く人たちに歩きやすい道にできるように、私もできることがあればいいんですけれども…。

さて、明日からは仕事で仙台に行ってまいります!荷造りを終えたら寝なくては。牛タンたーべーるー。

[PR]

  by supersy | 2017-06-22 23:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< 「平均への回帰(Regress... PRIマイオキネマティック・リ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX