脳震盪受傷にすぐ競技中止をしなければいけない理由。

SNSで見かけて、面白そうだったので読んでみました。ほんの3日前に発表になった論文です。忙しくてあまり時間がないので、簡潔にまとめます。
b0112009_21103265.png
脳震盪受傷疑いがある場合は直ちにスポーツをやめ、専門のトレーニングを積んだ医療従事者の指示を仰ぐこと…とは様々なガイドラインや米国の州法律で謳われていることですが、1-3 選手自身がその深刻さに気が付いていても4 やはりその3割程はまだ報告義務を怠り、5 なんとかプレーを続けようとする傾向も根強く見られます。
「もうちょっとだけならいいんじゃないか…」「この試合終わってから報告するから…」という甘い考えを改めさせられるのがこの記事。6 脳震盪を受傷したならSecond Impact Syndrome/Diffused Cerebral Swellingの危険性を回避するために即刻プレー中止すべきである、というのももちろんですが、この論文6 によれば脳震盪を受傷後にプレーを続けた患者は即座にプレーを中止した患者に比べて脳震盪からの回復が倍以上もかかったというのだから驚きです。69人の脳震盪患者(年齢12-19歳)に「受傷後プレーをすぐ辞めたか、続けたか」を聞き、その回復を追った、というこの研究では、「受傷後もプレーを続けた」と回答したPlayed組(n = 34, 49.3%)が、「すぐに中止した」と答えたRemoved組(n = 35, 50.7%)と比較して、来院時の言語記憶、視覚記憶、情報処理能力、反応速度の全てにおいて著しく劣っており(p ≦ 0.002)、完全競技復帰までにかかった時間も44.4 ± 36.0日 vs 22.0 ± 18.7日 (d = 0.80, p = 0.003)と格段に長くなっている様子が報告されています。脳震盪界では21日以上かかっても回復しない患者を時折「Protracted recovery (長引いている)」とカテゴリー分けしたりしますが、この研究の統計によれば受傷後プレーを続けた場合、回復が「長引く(≧21日)」可能性が8.8倍高くなるそうです。

この実験の被験者が総じて若いことは特筆されるべきかと思いますが(子供の脳震盪からの回復は成人より遅いことが知られています。故に、この結果がそのまま成人に当てはまるかは少し疑問が残ります。同様の研究を是非プロや大学選手でもやってほしい)、「このプレーだけやらせて!そしたら引っ込むから!」などとbargainしようとする選手に「『あとワンプレー』で回復にかかる時間が倍になるんだよ。2-3週間をフイにするほどの価値が本当にある?」と返せる、切り札になる非常に重要な研究だなと思います。あとはこの研究と「回復が『長引いている』脳震盪患者には運動」というコンセプトを組み合わせれば、「脳震盪受傷後にプレーを続けた選手は来院時点で『high risk』患者と認定し、直ちにExercise Protocolを始める」みたいな新しいガイドラインも生まれそうな気もしてます。続報を待ちます…。わくわく…。

1. Broglio SP, Cantu RC, Gioia GA, et al. National athletic trainers’ association position statement: management of sport concussion. J Athl Train. 2014;49(2):245-265. doi:10.4085/1062-6050-49.1.07.
2. McCrory P, Meeuwisse W, Aubry M, et al. Consensus statement on concussion in sport-the 4th international conference on concussion in sport held in Zurich, November 2012. Clin J Sport Med. 2013;23(2)89-117. doi:10.1097/JSM.0b013e31828b67cf.
3. Giza CC, Kutcher JS, Ashwal S, et al. Summary of evidence-based guideline update: evaluation and management of concussion in sports. Report of the guideline development subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology. 2013;80(24):2250-2257. doi: 10.1212/WNL.0b013e31828d57dd.
4. Chrisman SP, Quitiquit C, Rivara FP. Qualitative study of barriers to concussive symptom reporting in high school athletics. J Adolesc Health. 2013;52(3):330-335.e3. doi: 10.1016/j.jadohealth.2012.10.271.
5. LaRoche AA, Nelson LD, Connelly PK, Walter KD, McCrea MA. Sport-related concussion reporting and state legislative effects. Clin J Sport Med. 2016;26(1):33-39. doi: 10.1097/JSM.0000000000000192.
6. Elbin RJ, Sufrinko A, Schatz P, et al. Removal from play after concussion and recovery time [published online August 29, 2016]. Pediatrics. 2016. pii: e20160910.

[PR]

  by supersy | 2016-09-01 07:00 | Athletic Training | Comments(0)

<< 「脳震盪受傷後に休息しても意味... 不要な筋抑制を取り除け!最新エ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX