月刊トレーニングジャーナル7月号発売。

つい最近まで日本にいたと思ったらアメリカはユタ州へと帰ってきて濃密な5日間を過ごしています。博士課程の学期もこれで7学期目(二年と一学期)、こっちにくるのもこの学期を終えれば残すところあと一回になりましたが、相変わらず楽しい毎日です。いつもは大学近くのモーテルに泊まっていたのですが、今回は仲のいい5人で「家でも借りちゃおうか!」ということでレンタルハウスしてます。バケーションハウス?とでもいうのかな?これがなかなかどうして、モーテル宿泊よりかなりお安くすむのです。連日みんなででっかいテーブル囲んでビール飲みながらあーでもないこーでもないとパソコンとにらみ合いっこ。課題とかプレゼンの準備とか。
b0112009_2258498.jpg
パティオからの眺めが素晴らしい…。



b0112009_2361120.png
さて、月刊トレーニング・ジャーナル7月号が発売になっています!
連載二回目の今回はEvidence-Based Practice (EBP= エビデンスに基づく実践)をテーマに、そもそもそれが何なのか、何故このコンセプトがここまで叫ばれるようになったのか、実践していくうえでどういう障害の存在が考えられ、それらに対してどういう解決法が考えられるか…などなど書いております。興味のある方はこちらからどうぞ。一部書店で販売していますがオンラインでも購入可能で、送料は無料だそうです。



この流れで言うのもなんですが、5月25日(水)と6月1日(水)に東京は立川で「エビデンスに基づいたスポーツ傷害診断: 基本から応用まで」と「エビデンスに基づいた治療介入: 基本から応用まで」の講習をしてきました。今回の連載で書いたことをもっと濃密に色を塗りこみ、且つ臨床的に噛み砕き、実際に我々が評価を行う上で・治療介入のプラン建てをしていく上で、これらのエビデンスをどう判断材料の一つとして使っていけるかという実践の練習まで持って行ってます。エビデンスの解釈とそれを臨床へ繋げる考え方の練習を繰り返し、「意外と難しいもんでもないのね」「エビデンスって分かってきたら面白いわね」「これならこれからも現場で使っていけるかも」と思っていただけることを目標としています。
b0112009_2495568.jpg
右下の写真はポイントを絞って英文学術論文を読む練習をしているところです。何を探すべきかわかっていれば英語論文もそんなに怖いもんではありません。トウケイテキなユウイサとリンショウテキなユウイサの違いとは、はて?

この夏のEBP一般講習はこの2講習で終わりましたが、年末か年明けにでもまた日本でEBP講習が開催できればと思っています。診断編、治療介入編に加えて予防医学編まで提供できればとりあえずEBP基礎3講習としてバランスが取れるかなと思うのですが、そこまでいけるかしら、どうかしら…。要望があれば出張という形で(closed course、内部募集のみで、とか) 病院や学校でもこういった内容の講習を行うこともあります。希望などありましたら直接ご連絡ください。

私の勉強部屋であるこのブログであれこれ告知をするのはそんなに好きでないのですが、ああいう記事(『EBPとは』)を書かせていただいた以上、EBPを(楽しく)勉強できる場を少しでも多くの皆さんに提供する責任もひしひしと感じています。断っておくと、私がこれらの講習で教えている内容は全く特別でもなければ超クールなわけでもありません。むしろ超・基本です。この内容をしっかりと教えられる人材は日本にも私以外に山のようにいることでしょう。私の講習に来なければ絶対に学べないというつもりは毛頭ありません。独りでも(ちょっと大変でしょうけれども)勉強できないことはないと思います。

願わくばこれらの内容がアタリマエに大学・専門学校で教えられるようになり、新たに世に出てくるAT・PT・OT・MDさん達ら全員にこういう基礎力が満遍なくつくようになればいいですよね。そして、こういう教育改革で取り残されがちな「既に資格を有している現場の人間」にも等しく学ぶ場があれば理想的だと思うのです。そこらへんの穴埋めのために「独りでは心許ない、丁度よい機会はないものか…」と思っている方が私の講習を好きなように使ってくだされば幸いですし、ほかの組織や人が同様の講習を提供しているならばぜひそういうのも多くの方に参加してみてほしいと物陰からこっそり願っています。

そんなわけで今回の講習に参加してくださった約70名の皆さん(若い学生さんも来てくれました、うれしい!)、本当にありがとうございました。特に治療介入編は内容をかなりいじる機会もあり、私としても非常に充実していました。皆さんの需要や学びのスタイルに合うよう少しずつパワーアップさせていくのが目標です。予防医療編もがんばってつくろう。おー。
[PR]

  by supersy | 2016-06-11 12:30 | Athletic Training | Comments(2)

Commented at 2016-06-13 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さゆり at 2016-06-15 09:15 x
ご丁寧にありがとうございます!ここでは知っていることしか書かないので知らないことが露呈しないだけです(笑)。私も日本で過ごす時間が増えたので日本の様々な専門家さんから勉強させてもらえる機会を探していきたいと思っています。知らないこと探し楽しいですね!

<< Standardized Pa... 足首と横隔膜のつながり: CA... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX