EBP&PRI東京講習終了。

ぬおー帰国してから怒涛の10日間です。

●DNS Exercise Course II
日本に帰国した翌日からの12月12・13日には東京は京橋で行われたDNSエクササイズコースのパートIIに参加してきました。お会いした方には「昨日帰ってきて?すぐ講習?」と笑われましたが、時差ボケを感じる暇もなく、一日ごろごろくるくる運動をすることになったので実は私にはこれ以上ない好条件だったのです。寝返りがちょっとうまくなりました。今回も主催・通訳の川尻さんにはお世話になりっぱなしでした。ひーいつもすみません。
b0112009_953191.jpg


●EBP東京講習
12月16・17日は、立川のたましんRISURUホール(市民会館)でEvidence-Based Practice (エビデンスに基づく医療)の講習を行ってきました。平日の夜にも関わらず50人弱の多くの方にお集まり頂き、感謝感激で涙ちょちょ切れました。16日は診断編、17日は治療介入編という観点から、それぞれエビデンスをどう現場の診療につなげていけるのかをテーマにした講習会で、具体的に『診断編』はいかに英文を読まずに必要な情報を抽出・解釈するか(例えばメタ分析の論文を眺めなから、前十字靭帯断裂の疑いがある場合、どのようなスペシャルテストを使い、その結果をどう診断につなげていくかなど)、そして、『治療介入編』は英語論文をいかに効率良く読み、特定の単語を探すことで("randomized," "blind," "p value"など)その論文の結論に書かれていないかもしれないもう一歩深いところまで読み込んだ上で解釈をして、最終的にそれらの知識を現場にこれをどう活かせるかに焦点を置いて3時間講義と実践と討論を繰り返しました。
b0112009_9425195.jpg
なーんだ、EBPって、意外と難しくないじゃん、と感じて帰っていく参加者様が多かったようで何よりです。そうなんです、EBPって真摯なクリニシャンならきっと考えもせずに日々自然と実践している『Patient-centered』な思考プロセスそのものが根底なのであって、それにほんの少し、統計学の用語とか分析力とか、正しい知識が加わればいいだけなのです。「アタマが超いいアカデミア向けの人限定」向けのものではなくて、現場で活躍するクリニシャンにこそ使いこなして欲しい・こなせるものだと私は思っていますので、そこらへんに苦手意識がある方にこそ、是非ご参加頂ければと思ってます。これからもEBP講習は定期的に続けていきたいと思っています。次に開拓すべきは、予防医学編ですかね?それともアドバンストEBP講習?

●PRI Myokinematic Restoration 東京講習
で、つい先週末、12月19・20日には西早稲田の専門学校 (人間総合科学大学鍼灸医療専門学校)を会場にPostural Restoration Institute (PRI)の基礎コース、Myokinematic Restoration (通称: マイオキン)の東京講習を例によってケニーと2日間みっちり教えてきました。
b0112009_106395.jpg
日本でのMyokin講習はこれで3回目になりますが、早速再受講をして(=参加二回目)下さった方もいたり、歯科医さんや医学生さんもいたりで今回も非常に濃い内容になりました。こんなクセのある講習に参加してくださった45名の勇士さんたち、それから今回も神がかった完璧な主催をしてくださったスポーツプログラムスさん、本当にありがとうございました!
b0112009_9233043.png


今回のPRI東京講習は私にとってもかなり特別でした。…というのも、まぁ私とケニーの『戦友』としての付き合いがもう12年くらいになるのはご存知の方も多いかと思うのですが、今回ラボアシスタントに来てくれた大学の後輩にあたるアキちゃん(PRT)もそれと同様かヘタするとそれよりも長い付き合いですし(苦楽を共に生きてきたので、完全に『弟』だと思っています)、今回は私の旦那の慶太郎(PRC)ももう一名のラボアシスタントとして来てくれたりで、なんだか文字通り家族と思えるメンバーのサポートあっての開催だったので、心強かったです。…で、更に面白いのがこんなに仲の良い4人なのに、付き合いもそれぞれ10+年なのに、4人揃って集まったのはなんと今回が初めて!いやー楽しい一時でした。
b0112009_10164398.jpg


さて、それでは今日から一週間ほど大阪へ出かけてきます!EBP講習とPRI講習、大阪会場でもう1回ずつです。体調崩さずがんばるぞー。
[PR]

  by supersy | 2015-12-22 10:30 | PRI | Comments(0)

<< EBP大阪講習終了。 地面からスパインボードへ: 患... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX