PRI大阪講習終了。

PRI大阪講習、一昨日と昨日で終了しました!
まずは参加してくださった50名の皆さん、
我々の無理なリクエストに笑顔で応え、開催会場の場を提供して下さった桃井先生、
ラボアシスタントとして臨機応変に学びを広げてくれた拓人くんに大貫さん、
本当にありがとうございました!
b0112009_10571217.jpg
全編日本語で行う、日本での初めてのPRI講習!ということで、
PRI創立者のRon Hruskaの言葉を出来る限りそのまま、でもいかに分かりやすくどう皆さんに伝えるか…。講師を務めたケニーと私とで、長い試行錯誤の末についに行えた講習当日でしたが、好き嫌いが別れる、クセのある内容にも関わらず皆さんにPRIコンセプトを暖かく受け入れて頂いて感謝しています。
講習中飛び出した質問や意見を聞いていても鋭いものが多く、日本の皆さんは真面目で勤勉で、辛抱強さも兼ね備えている、"PRI向き"の人種なのかも知れない…なんて感じていました(飽きっぽかったり短気なヒトにはしんどい内容かと思います)。終了後に書いてもらったアンケートにも、「早く他の基礎コースも!!早く!!」という意見が多くて、「もっと食べたい」と思ってくれる方が多いのは本当に嬉しいです。今回の内容も是非もぐもぐごっくん消化して、色々試した感想があればまた是非聞かせて下さい。消化不良にならないようよく噛んで。噛めば噛むほど味が変わってきたりしてまた面白いんですよー。

個人的には、正式にPRIからの依頼を受けて日本本格展開プロジェクトが動き始めて一年半ちょいかと思うのですが、こうして実現に漕ぎ着けられたというのがもう感無量です。PRIを学び始めた頃「なんじゃこれ面白いけどワケワカラン」と思っていたイチ参加者の私が、まさかこんな風に伝える立場になるとは思ってもみませんでした。今回の開催にはケニーのマニュアル翻訳が要だったので、それに費やした彼の労力と時間というのはもう、いやはや、頭が上がりませぬ。けにちゃんありがとう。講師2人という独自のスタイルでの開催でしたが、パートナーが彼じゃなかったらこう楽しくはならなかったと思います。10年来の友情あってこそ生まれた和やかな(ちょっとアホっぽい)空気もありました。

参加者アンケートを一つ一つ読みながら、
東京講習をより良いものにするために修正加えていきたいと思います!
あっ、宿題もしないとマズいかな。ぬーん。
――――――――――――――――――――――――――――――――

追記です。

今回参加して頂いた方が受講した感想をブログに書いてくださったのを、
この場を借りてご紹介したいと思います。

佐藤博紀さん: TEN ~the Space for your Life & Body~

ヒロさん(↑)は私が渡米前からATのヒーローとして憧れていた先輩。ATCとしてこの世界をずっと引っ張っていってくれている方です。そんな様々な主義のアプローチを使いこなすこの大先輩に「PRIはロジックだ(理に適っている)」という感想を持ってもらえたのは素直に嬉しいです。ヒロさんありがとうございます!

PRIを発明したのは私ではない、他でもないRonですし、全てのcreditは彼に行くべきということは改めてここで強調させてください(…私は文字通り日本語で伝えただけ)。そして、PRIのみ用いれば全ての患者は全快する、と断言する気も毛頭無いですが(=他の主義のアプローチには一切頼らない、ということはない→つまり、タイミングさえ合えば他の主義も充分に活用できる)、PRIに基いての介入が皆さんが「厄介」と感じている患者さん・症例の臨床的ブレイクスルーになれることも多いのではないかと勝手に考えています。皆様の臨床の視野を広げる「きっかけ」になれば幸いです。

b0112009_1983582.jpg
おまけの写真です。かなりの数のATCが集合したので、最後にいたメンバーで。
改めて、ありがとうございました!
[PR]

  by supersy | 2015-07-21 11:00 | PRI | Comments(0)

<< PRI東京講習終了。 ごろごろ靭帯関係文献まとめ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX