使ってますか?:AT必見!?携帯のお助けアプリたちいろいろ。

こないだ少し、携帯のAppsの話が出たので…。
忙しい中、効率よく仕事をこなさねばいけない我々。猫の手も借りたい!ならぬ、アプリの手も借りたい!ってこともありますよね。実はAthletic Trainerが知っていて得をしそうなアプリって結構あるんです。最近目にする機会があったもので、面白いなーと思ったものを紹介します。

例えば…
Injury Tracking Software - SoapNoteApp - 無料
b0112009_453344.png
評価の記録であるSOAPノートを携帯で記録できるApp。
評価中のfindingを片手で手軽に記録できるのはもちろん、
 - GPSもついていてどこで怪我が起こった場所も正確に記録可能。
 - 身体のどこに痛みがあるのか、絵をタップすることで簡単に入力できる。
 - 受傷時の写真も添付できるので、腫れや変形等の情報も保存可。
 - 入力し終えたらメールとして自分や他のセラピストに送信できる。
…などの、携帯電話ならではの便利さがあります。

Weather Apps - WeatherBug - 無料
何で天気を気にしなきゃいけないのかって?
アメリカだと落雷があれば屋外で練習をしてはいけないという厳しいルールがあり、
(以前ちょっとまとめた記事はこちら)『練習中止』を決めるのはATの場合がほとんどなので
Thumder storm (雷を伴う嵐)が近づいてきたりしたら、どのくらいの距離なのか、いつ避難を始めるべきなのか、また、いつ練習を再開してもいいのか、様々なことを決定するのに刻一刻と変化するライブお天気情報が必要不可欠なのです。

私はMyRaderというお天気レーダーアプを使ってましたが、最近このWeatherBugというアプについて学ぶ機会があって、このアプのsparkという機能に惚れました!sparkを起動させると、現在地から最も近くで落ちた雷がどこで、ここから何マイル離れているかを即座に教えてくれるのです。
ぶっちゃけ市販のLightening Detectorよりよっぽど優秀だと思う…。
(あ、もちろん普通のお天気アプとしても使えます。天気や気温、湿度を調べたり)
b0112009_5504749.jpg


Anatomy - Pocket Anatomy - 有料($14.99)
Visible Bodyは有名ですが、お値段も決して安くないので躊躇する人もいますよね。
バージョンも色々あってどれを購入するか悩んでしまうし。
もうちょっとお手軽な値段で何かないかな?と思っている方にはPocket Anatomy辺りがいいかもしれません。3Dで男女のモデルを好きに選び、画像を360°くるくる回しながら、Structureをじっくり見たり、その機能を勉強したり、ノートをとったり簡単なクイズを受けたりできます。
b0112009_744012.jpg
Pocket Heart, Pocket Brainという部位別のアプもあります(お値段はそれぞれ$9.99)。

Anatomy2 - Speed Anatomy (Quiz) - 有料($0.99)
ちょいと時間つぶしに解剖学の知識をbrush upしたい!という方にはクイズ形式のアプもいいかも。Speed Anatomyは$1ほどで手軽にできる、早押し形式の小テストアプ。
b0112009_7371818.png


Medications - Drugs.com Medication Guide - 無料
薬の名前って、ややこしいですよね。効果や副作用も、ATだとそんなにがっつり授業で学ぶ機会もないし、現場で出会って「なんじゃろこれ??」ってなる薬がほとんど。このアプがあれば一般に扱われている薬の情報が手軽に引き出せるのはもちろん、お医者さんが選手に処方した薬の発音が分かっていてもスペルが分からず、ググってみても出てこなかったり、手元に薬があるけれどこの名前が何なのか分からなかったり…うがー!となったときにも『発音検索(Phonetic search)』や『薬の見た目検索(Pill identifier)』でささっと探せちゃえます。これ、無料にしてはかなり使えるアプだと思う…。
b0112009_7465640.jpg


Vitals - Instant Heart Rate - 無料
心拍数を計りたいときに、こんなアプはどうですか?指をカメラのレンズにかざすだけであら不思議。新泊数が計れてしまうという計測アプなのです。まぁこれは本当に必要かと言われれば、そんなこともないんですけど…。話のタネになる、くらいでしょうか?
b0112009_753586.jpg


Special Test - CORE (Clinical ORthopedic Exam) - 有料($39.99)
これは正直学生の時に出会いたかったアプです。値段は高いけど、教科書と思えば安い!
部位別、名前別、症例別に約250種類のSpecial Testの検索、動画によるapplyの仕方が見られるのはもちろん、過去にそのSpecial Testに関して誰が研究をし、どんな診断価値の統計が出ているのかというエビデンスまで見られるのです!それだけではありません。それぞれの論文にはリンクがついていて、PubMedに直接飛ぶことが可能。PubMedのアクセスがある人は読みたい文献のfull textが読めるし、そうでない人もお金を払えば論文を購入することも出来ます。気になる人は、上のリンクから紹介動画を見て下さいね!

*私は個人的に今からこれを購入しようとは思わないけど、学生さんには本当にいいかもと思う!
b0112009_881431.png


他にもGoniometerのアプとか、Concussion診断の記録用アプとか、
我々が使えそうなアプリはいっぱいあります。全てが全て正確というわけではありませんし、
購入にはちょっと慎重になることをオススメしますが、
使いこなせば我々の診療がぐっと楽になりそうなものも多いです。
我々は本当に最新テクノロジーにも敏感でなくてはなりませんね!

**一応書いておくと、私は今回紹介したアプリからどんな利益も受け取っていません。
単に個人的に面白そうだなーって思った、それだけです。
それから、ちょっと無責任ですが、私はこれらの全てを購入したわけではないので、皆さんが個人的に興味があって購入する場合は説明を各自よく読んだ上で、自己責任でお願い致します。
アプリの内容に対するクレーム等は、製作者ではないので受け付けられませぬ。
どうかご理解ください。
[PR]

  by supersy | 2014-06-17 18:00 | Athletic Training | Comments(0)

<< アスレティックトレーナーの自己... 続・音叉と聴診器で骨折判別? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX