Camelback SignとPatella alta。

PT Schoolを卒業し、晴れてDPTとなった相方が、
7月のBoard exam(国家資格受験)に向けて、色々と勉強をしています。
AT界では卒業前に受験するのが当たり前になっていますが(例えば5月卒業なら2月や4月に受験可能)、PT界では今年から5月卒業で最も早くて7月受験、という風に変わったようです(相方が横で面倒臭いんだよ、と何やら色々文句を言っています)。

で、Ortho(整形外科)の復習をしている相方が、
「Camelback signが云々」と言っていたので、それ何?と教えてもらいました。
直訳すると、Camel = ラクダ、Back = 背中なので、ラクダの背中サイン。
どういうもんかというと、Patella altaのある患者は、膝を約30度に屈曲した状態だと、
PatellaとInfrapatellar fat padがprominentになり、
まるでフタコブラクダのように、コブになってふたつ並んで見える(↓)、ということみたいです。
b0112009_1101828.png

私はこれを習ったこともなければ、文献や本で見かけたこともなかったので、びっくり!
私自身Patella alta持ちだったので、ほうほう、こうなるのか!と自分の膝を観察してみましたが…
b0112009_1264234.jpg
ん~、見え…ます?言われてみれば?言われてみても?イマイチ、ひとつにも見えるように…。あんまり…かな?と思うのですが、こちらが実際のCamelback signのある患者の写真らしいです。
b0112009_1283139.jpg
こっち(↑)は、ちょっと見え…る?あんまり無いように思うのは私だけでしょうか?
まぁこれがはっきり見えたところで、Patella altaがあると分かるだけで、
あまりusefulな情報ではありませんが、一度も聞いたことがなかったので、面白くて、
他にも知っている人がいるかな?と思ったのでついつい書いてみました。

個人的にはPatella altaのMesurementにはThe Insall ratio(↓)、もしくはThe Insall-Salvati ratioが使えれば十分なんじゃないかと思います。単純にPatellaの長さ(Pole⇔Pole)と、Patellar tendonの長さ(Inf Pole⇔Tibial Tub)を比べる、という。Patella:Patella tendonで、Normalは0.8~1.2、<0.8はPatella baja、>1.2はPatella alta、という決まりがありますが、最近はそれぞれ<0.74、>1.5でいいんじゃないか、という許容的な意見も出ています。
b0112009_1515283.png
つまるところ、上の図(↑)でいうと、右(A)が「通常」、左(B)が「Patella alta」にあたるわけです。このとき、膝の角度はおよそ30度(Insall ratio)、もしくはAny degree of flexion(Insall-Salvati ratio)で良いので屈曲させておく、というのが唯一の注意点です。シンプルで、さくっとしたMeasurementなので、PFPSの評価時には知っておいて損はない数値だと思います。まぁ、Patella alta/bajaがあったからって、悪!というわけではなくて、もちろんそれが膝にどういった影響を及ぼしているのか、もしくはそんなにrelavantでないのか、というassessmentも重要になってきます。
[PR]

  by supersy | 2012-05-22 12:00 | Athletic Training | Comments(9)

Commented by sh at 2012-05-23 13:40 x
"camelback sign"、実際にみたことはありませんが、PFの文献を見ているとたまにみかけます。あと、自分がPFのバイブルとして使用している「the patella」にもしっかりと記載されていました!
他にも"grasshopper eyes"というものもあるみたいです。こちらはpatella alta+lateral tiltによってその名の通りpatellaがgrasshopper(キリギリス?)の目のようになる現象だそうです。おそらくVLのtightnessやspasticが高い場合に見られるのでは、と思います。

アメリカのPTの国家試験にはこんな部分まで出題されるのですね!自分も今年PTの国家試験があるのですが、レベルの差が歴然です…
Commented by さゆり at 2012-05-23 14:11 x
こちらではfrog-eyed patellaeというのはよく使いますが、grasshopperというのは初めて聞きました。frog-eyedはaltaは関係なく純粋にlateral tiltを指しますので、ちょっと意味合いが違うのかも知れませんね。VLも無きにしも、ですが、ITBやlateral retinaculumのtightnessも大いに有り得るでしょうし、以前まとめた(http://innervate.exblog.jp/12899141/)ようなbiomechanicsの異常もあるかと。 PTはneuroとかprofessionalismとか、ATでももっと取り入れられてもいいのになと思う分野もがっつり掘り下げるようです。それぞれに良し悪しがありますが、単純にカリキュラムの内容としてはやはり進んでいる部分は多いですね。
Commented by sh at 2012-05-23 21:39 x
たしかに!
ITBやlateral retinaculumもありますね!
先日、解剖実習があり、ITBを見てきたのですが、TFLやITBをstretchやreleaseして変わるのかな?と思ってしまうぐらいパツパツになっていました。

日本の養成校レベルでのPT教育はあまり深い部分までやりませんし、かつスポーツ分野の教育はゼロに近いです。以前、日本のPT教育はアメリカでいう理学療法助手に近いと聞いたことがあります。
学部・養成校レベルでのスポーツ分野の教育も、もう少し力を入れてくれればなぁと日々感じております。需要は高まってきてるわけですし…
Commented by さゆり at 2012-05-25 13:11 x
個人的な見解ですが、ITBがtightだからとITBに直接アプローチ(Foam roll, graston etc)しても効果はあまり見られないと思ってます。あれだけがっつりした繊維、そうそう伸びないような気がしませんか?同じような道具を使うんでも、quads/ham周辺のinsertionと、TFL/Glu Maxを重点的にやり、さらにPiriformistもほぐしてテンションを散らしてあげると効果が高いような…(根拠はありません)。

学生の間の勉強もそうですが、アメリカのPTは卒業してそのままというわけでもありません。一般的PTの資格を取ったあと、更に専門性のあるトレーニングを積めば(取得には基本的に2-3年かかります)Geriatrics, Pediatrics, E-stim, Aquatic, Orthopeadic, Sports Medicineなど、様々なスペシャリゼーションを兼ね備えた特殊なPTとして認められることができます。養成校のレベルの底上げも大事ですが、学び続けていくことの重要性も忘れずにいたいですね。
Commented by yuka at 2012-05-26 06:34 x
OSU学生時代、NCN主催のAT勉強会でご一緒させてもらいました、ゆかと申します。6、7年くらい前なので覚えていらっしゃらないと思いますが、勝手に崇拝しておりました^^;
私も5月にPT school卒業したのですが、クラスメートの一人は4月に国家試験を受け合格していました。手続きが面倒だったようですが不可能ではないようです。今からこんなことを言っても相方さんの試験時期は変わらないのは承知ですが、、、卒業前の受験も可能ですよ!ってことをお伝えしたくて書き込みました。
いつもブログ楽しみにしております★
Commented by さゆり at 2012-05-26 12:54 x
おお!ゆかちゃん!覚えています、久しぶり。ご卒業おめでとう!
4月受験が可能だとは知りませんでした。不勉強で申し訳ない。呑気な相方が、えー、できたの~?と申しております。
Commented by りゅうじ at 2012-05-29 09:14 x
いつもさゆりちゃんのブロブを見るのが遅れてしまってコメントが遅れるw今回、ITBやらVLの話がでたので、ちょっと。(本文から少しずれるけど・・・)ITB syndromeとかでは、そのもの自体の異常があるのも多いにあるけど、それよりITBとVLの間にあるFat padの圧の問題で痛みなど症状がでることもあるらしいよ。結果としてITBのストレッチをしてそのスペースの圧を下げると症状が減少するからアプローチは同じだけど、考えがITBの柔軟性を上げるだけでなく、Fat padの圧を下げるという考えでアプローチすると他にも治療方法が見つかるかもね。
ちょっとずれましたが、情報までにー
Commented by さゆり at 2012-05-31 09:58 x
今日自分の担当外の選手を診る機会があったのですが丁度彼の症状はそんな感じでしたねぇ。fat tissueに意外とinnervationが多いんで、irritateされると結構痛みの原因になる、ってのも知らない人多いですよね。
圧もそうなんですが、体全体にかかっている緊張(tension)を最近無意識に診るようになっています。動きを見ていると流れのイメージが沸くので、触ってみたり動かさせたりして確認する感じ。でも緊張の原因は必ずしもlocalではないので、あれこれalignmentを見て…。圧を見たり、緊張度を見たり、alignmentを見たり。クリニシャンってそれぞれで面白いですね。
Commented by りゅうじ at 2012-05-31 12:51 x
なるほどねー。やはりさゆりちゃんは知っていたかw
でも全体からtensionや圧を見るって人それぞれ見方があるだろうね。
さゆりちゃんの方法を是非勉強してみたいね

<< ビバ・バケーション! Isolated PCL te... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX