遠征に次ぐ遠征 ― in Nacogdoches, Texas。

火曜日の朝から木曜日の朝までSan Marcos(母校のTexas State)へ遠征、
そして金曜日の朝から日曜日の朝までNacogdochesへ遠征。
もちろん合間に授業も教えつつ、テストや宿題を採点したり…いやー、疲労困憊です。

遠征が続いて寝不足だったからか、今朝、久しぶりに金縛りに会いました。
幸いなことに、変な感触はあっても(人に触られていたり、乗っかられたり)
霊的なものを見た経験はないので特に怖くはありません。
今回は、腕が肩の回りにからみついて、ぎゅぎゅっと締め付けられているような感覚と、
誰かがベッドの上をのしのし歩いている感覚がありました。
すっごく手の感触がリアルだったので、人間の脳ってなんてCreativeなんだ!
と感動しつつ、ふぬふぬ格闘して、やっと目が覚めました。

で。
以前に金縛りという現象についてまとめたこと(こちら)があるのでそれは割愛しますが、
英語では金縛りのことを"Old hag attack"と言う、とインターネットで見つけたので、
周りの学生に聞いてみたら「そんなの聞いたことない」んだそうです。
じゃあこういう現象のこと何て言うの?と尋ねると、
「Trance…かなぁ?」と、首を傾げられてしまいました。
医学用語はSleep paralysisみたいだけれども、
あんまり、口語英語でコレ!という単語はないみたいですね。
自分を追い詰めやすい、日本人に起こり易い特有の現象なんでしょうか。
b0112009_13333181.jpg
GA CoachのToyaに金縛りの話をしたらやっぱり彼女も聞いたことがなかったらしく、
「それはデーモンの仕業よ!」と意気込んで言われてしまいました。
クリスチャンならではの発想にちょっとびっくり。そうかぁ、デーモンかぁ!
「それなら私を締め付けてたやつと、歩き回ってたのと、2人に憑かれたなぁ」と、ほのぼのと会話。
それから移動中ことあるごとに、
「(脇腹を突いて)おおっと!うちのデーモンが粗相を!」とか、
「うちのデーモンが、Toyaのほうが好みだから、今夜はそっちにお邪魔するかもと」
と大笑いで話していたら、「私はちゃんとお祈りしてるから、デーモンなんか来ないもんねー」
だそうで、これまたクリスチャンらしく理由に驚きました。
横にいたコーチ(♀)は「こわいこわいこわいわたしはそのはなしきかないきかない」
と耳をふさいでいましたけどね(笑)。
さて、今日はデーモンさんたちおとなしくしてくれるといいなぁ。

そんなわけで、今日はバスで7時間移動で疲れたので、
早めに寝ることにします。皆様も良い夢を。
b0112009_13592417.jpg
レギュラーシーズンも残すところあと10試合。明日も頑張っていくぞぉ。
ふがー。
[PR]

  by supersy | 2012-01-27 22:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< のどにおこるけが。 Diagnosing the ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX