Ingestible Thermometers。

Ingestible Thermometersについて、
どうせなら書いちゃえー、と衝動的に思い立ったので、さくっとまとめてみました。
何だかんだで20年以上の歴史があるのですが、私も比較的最近まで知らなかったので、
聞き慣れないわー、何かしらーそれ、と思っている方へのoverviewです。

b0112009_22392337.jpg
●CorTemp Ingestible Thermal Monitoring System
NASAとアメリカの大学が1908年代に共同開発をして作られた商品で、
現在では複数のNFLチームと大学のフットボールチームで導入されています。
Footballチーム以外での使用は、私がちゃちゃっと調べた範囲では確認できませんでしたが、
もしかしたらフットボール以外でやるメリットがデメリットをまだ上回らないのかな、
なんて思っています。

①選手がビタミン剤のようなカプセルを飲む。
  カプセルは3/4 inch(2cm弱程)の大きさで、シリコンでカバーされたセンサーが入っている。
  摂取は練習の数時間前が理想的。胃や腸では消化されずそのまま排出される。

②Data Recorderを選手の身体に近づけて、ピピッと体温を計測。
  錠剤が身体(主にGI)にある間(飲んでから1-2時間後~錠剤が排泄される18-30時間後)は
  計測可能。ひとつのData Recorderで99人分の体温を計測・記録できる。
  Real timeの計測が可能なほか、体温変化の推移もダウンロードして、のちに分析可能。
b0112009_2326324.jpg
Pros
- 体温の計測が数秒で済む。練習中でもピピッと手早く確認できる。
  推移も確認できることから、それに基づいて練習内容や時間の改善が(必要であれば)可能。
- Catheters, probes, wire connection等、
  体内に色々つっこまずとも計測が可能。身体への負担が軽い。
- Core Tempが一定以上に達したらアラームが鳴るように設定することも可能。
  その場合、該当選手に練習を中断させて深刻な事態になる前に予防ができる。

Cons
- CorTempのピルが体内にある状態で、MRI等の検査はできないので、
  練習中に深刻な怪我が起きた場合も、はいそれじゃあMRI撮りましょう、ということはできない。
- コストがバカ高い。Data Recorderが$2500で、
  Ingestible Sensor Pillがひとつあたり$40程。
  ということは、Footballチームに少なくとも80人の選手がいたとして、全員が毎練習で
  このCorTempを使ったとしたら、一ヶ月あたりで80人×(5日×4週)×$40=$64,000。
  もちろん、「2-a-daysの間だけ使う」とか「Linemen等の特別なポジションの選手にのみ使う」
  という限定的な使い方をすればコスト削減は可能でしょうが、それにしてもプロはともかく、
  一般大学レベル、ましてや高校レベルでは実現が不可能に近い。
  (現在導入しているチームの多くは研究目的で、多くのGrant(助成金)で賄っています)

文献も一応調べてみましたが、まだまだ数が少ないですねぇ…。
あまり時間かけずにささっとサーチした結果ですが、常用した場合の胃腸にかかる負担とか、
あとは飲んだ/食べたものの温度にどれだけ左右されるのか、とか、
気になるデータは良いものが手に入りませんでした。
もし良い文献を持ってらっしゃる方がいましたら教えてください。。。

某NFLチームで働いていた知り合いによれば、かなり使い勝手は良かったようで、
かなりなMarketabilityは含んでいるんじゃないかと思いますね。
コストの問題さえクリアできれば、相当実用性のあるツールではないでしょうか。
[PR]

  by supersy | 2011-07-25 22:23 | Athletic Training | Comments(6)

Commented by カツ at 2011-07-26 05:18 x
カプセル再利用できたらコストダウンにつながりそう。
カバーだけ使い捨てにしたら中身の再利用は可能だよね?
問題はどうやってカプセルをXXXの中から回収するかだな(笑)
Commented by かや at 2011-07-26 09:29 x
確かに問題はコスト(& 回収方法:笑)でしょうね。
再利用可能(?)なものを使い捨てで$40はねぇ。

おそらく小腸内の温度だろうけれど,手間を取らずに体温を追随するのには結構便利でしょうね。飲水の影響は・・・現場ではある程度データを持ってるでしょうね。未公開の。
Commented by ケニー at 2011-07-26 13:51 x
いや、やっぱり一番の問題は再利用する時にう○この中から出してきたカプセルを飲むと言う事でしょう。。。カバーが使い捨てといえどなんか嫌でしょう。笑

これ確かUTのフットボールが使ってましたよ。TCUは試験的に使った事がありましたけど、結局購入って事にはなりませんでした。
Commented by さゆり at 2011-07-26 22:06 x
気がついたらうんこ祭りに! (ノ・∀・)ノ = ●
UTもそうなんだ?UF、USF、U of Nebraskaとかは目にしたけれど。他人の使ったのは絶対嫌だね…というか、自分のでも相当嫌!

そういえば賀屋先生、今ももさんがLong Beachらしいですね!私がインターンさせて頂いたのはもう…5年前とかになっちゃうんでしょうか?
Commented by かや at 2011-07-27 09:46 x
今はある程度動きをコントロールできる内視鏡(カプセルカメラ)もあるようですけれど,そっちも再利用はしてないみたいですよね。やっぱ一度下から出たのを口から・・ってのはねぇ。
中枢温の管理だけでそこまでやっちゃうのかすごい!

LongBeachは明日が中日ですね。今年は桃ちゃんが2週間連ちゃんのかかりです。 Beachに行きはじめて7年目,Syが担当して6年ですねぇ。早いもんです。
Commented by さゆり at 2011-08-04 13:19 x
ろ、6年ですか!早いもんですね!
歴代のインターンメンバーで飲んだりしたら楽しそうですね、もちろん賀屋先生やももさん、師匠も皆で!

<< にゅうすれたーはじめました。 久々!りょうりにいやされーる。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX