ぷちマニアックス会。

築地とか色々行っているけど、地元を意外と回ってないよね!
…ということで、今日は母と高円寺散策。
NBAのFinal観戦に夢中になってしまい、家を出たのがお昼過ぎだったので、
まずは七つ森でお食事。高円寺ではとっても有名で歴史ある喫茶店。
b0112009_12191316.jpg
七つ森といえばやっぱりあのフクロウ(↑)。店内は昭和な雰囲気のレトロな造りで、アンティークも多い。メニューが刺繍で書かれていたり、細かい紙の切り貼りだったり。たくさんある時計が全て止まっているのもいい。時間を忘れてごゆっくりどうぞ、と言ってもらえているみたい。
お店の名の由来は…宮沢賢治が好きな人ならなんとなくわかりますかね?
ランチセットで985円、というのは中途半端な値段設定に思えますが、理由があるのです。
おつりを渡すとき、こんな5円玉(↓)を渡してくれます。5円=ご縁がありますように、と。
b0112009_12134876.jpg
“また来てくださいね”という想いをこめて、リボンをつけてくれるのです。かわいいでしょ。

そのあとは高円寺の商店街をふらふら。何も買わなかったけど、モノが不規則に所狭しと並ぶ古着屋さんや雑貨屋さんというのは覗くだけで面白い。アメカジが今でも流行っているようだけど、私としてはアメリカの非常にマイナーな大学のロゴが入ったTシャツを売っていたり日本人が着ていたりするのは、ちょっと違和感があったりします。University of NebraskaのTシャツなんか、新宿とか渋谷とか色々な場所で数回見かけたのですが…。以前、アメリカの洋服屋さんで“青森”と漢字で書かれたパーカーを売っていて「なんで青森!?」と大笑いしたけど、日本でネブラスカのTシャツ売ってるのも例えばそういう感じに思えてしまうんですよね(笑)。“なんでそんなマイナーなとこ!?”というのと、“お前それ絶対関係無いじゃん!っていうかどこか知ってるの?”と突っ込みたくなるのと。
あ、そういえばこの間、さまぁ~ずの大竹さんがテレビでDallas Baptist UniversityのTシャツ着ていてびっくりしたなぁ。だとすると、TAMUCCのTシャツを着ているひともどこかにいるんだろうか。
ぬ、そう考えたらかなり面白いかも。みつけたい!

夕方までたっぷり歩いて、帰りがけにラ・レーヌ(La Reine)に寄ってきました。
ここは、う~ん、覚えてる人いるかなぁ、めちゃイケでナインティナインの矢部さんが、
「新高円寺の寂れたケーキ屋さんに人気を取りもどそう」というオファーしちゃいましたの回で、
“ライバル店のケーキも食べてみよう”と訪れたケーキ屋さんなんです。
(ちなみに矢部さんが実際に働いていたのはメルベイユというケーキ屋さん。ここも近所です)
b0112009_14381940.jpg
その時に矢部っちが“美味しい!”と絶賛したモンブラン(↑右)と、
あとは最近雑誌やTV等で紹介されているロールケーキがとっても人気らしいのです。
ほかのケーキも鮮やかで綺麗だったけれど、迷いに迷ったあげく、
やっぱりモンブランがとっても素敵に見えたので、買ってきて家で紅茶と共に美味しく頂きました。
中にカシスが入っていて酸味もあって、爽やかな甘さで美味しかった~。
アメリカのお菓子やケーキは、砂糖の塊食べてるみたいだもんなぁ…。

-----------------------------------
夜は懐かしのマニアックスメンバーで、新宿でわいわいしてまいりました!
…と言っても、マニアックスのメンバーは小平氏と紀平氏と、かなえさんと私の4人。あとは某T大のボート部でATをされているという本田さんと、もっちゃんのお2人。合計6人の小規模飲み会。

小平氏と紀平氏に会うのは、5年ぶり3回目!
でもお二人とも変わりなく、というか、アスリートから日々エネルギーを吸い取ってらっしゃる(笑)からか、とっても若々しく、お元気そうでした。今回は技術の話もそうですが、プロとしてどういう気持ちで仕事をしているか、という意見を様々な方から聞くことができて、とっても新鮮でした!
b0112009_2331364.jpg
仕事に向かう姿勢とか、選手に対するコミュニケーションで選んで使う言葉とか、
面白いことに一人ひとり全然違うんですよね。
でも正解という正解はなくて、やっぱり自分の性格や信念に合ったものを選ぶわけで、
職人としての芯やprinciplesは皆結構似ていても、そこに個性がものすごく出てくる。
英語だと、“How do you present/carry yourself?”という言い方をしたりしますが、
自分を(プロとして周りに)どういう風に見せるか、って、すごくすごく大事だと思うんです。
私はこう、僕はこう、と“それぞれ”をshareすることで、逆に自分は(ヒトと違って)こうなんだ、
という自分の個性も明確に見えてくる、という感覚がとっても面白かったです。

ドSお二人のアプローチも非常に興味深く、勉強になりましたが、
私はドMらしく、これからもやっていこうと思います(笑)。
御世話になった皆さん、ありがとうございました!また帰ってきたら遊びましょう!
[PR]

  by supersy | 2011-06-03 23:50 | Athletic Training | Comments(2)

Commented by のり at 2011-06-07 11:46 x
先日はどーも。ホント楽しい時間でした!
Sっぽく脚色されたエントリーを読んで笑いましたよ。あ、ちゃんと目も笑ってますからね。
ところで、また時間があるときでよいので、話題に出ていた野球関連のATS兼PTSの方を紹介していただけますかー?
よろしくお願いします。
Commented by さゆり at 2011-06-08 01:39 x
遅くなりました!彼のことはtwitterでメッセージしておきましたので、ご確認下さい。別に私は誰がSとは言ってないですよー、誰とは。ヽ(*´∀`)ノ でも特にS&Cやリハビリ専門の方は、良い意味でいじめ上手じゃないといけないですよね。仕事柄です、仕事柄。

<< 歌舞伎初観劇! “呼吸”をふかくふかくふかーく... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX