Shortwave Diathermy(短波ジアテルミー療法)。

頭をすっきりさせるために、ATの話題を書きたいと思います。
勝手ながら、何かに没頭してたほうが気が晴れるので…。

さて。先学期はTherapeutic Modalityの授業を受け持っていたわけですが、
私だって物理療法全てを知っているわけではない。どちらかというと決して得意分野ではない。
不慣れなトピックは多々あり、生徒より一歩先に学びながら、必死に授業をしていたものでした。
その中でも一番あたふたしたのが、Shortwave Diathermy!
さて、次に教えるのはDiathermyだ、となったところで、
あれ、なんで私Diathermyについて何も知らないんだろ?
名前と、なんかあったまるもの、くらいしか知識が無い…と思って、
Undergrad時代のノートを引っ張り出して、読み返してみたら、なんとびっくり!
実は、私は全く習っていませんでした。えぇ、名前すらも。そりゃー、知らないわけだ…。

というわけで、冷や汗をかきながら猛勉強。
どんなに知らないトピックでも、“知った顔”で教えなきゃいけないんですもの。
それならば、必死にで学ぶ。それがセンセイの義務!
教科書や文献を読み漁り、パワーポイントをもくもく作って授業は無事に終わったのですが、
ゼロから学んだ分野だったので、なかなか面白い発見が一杯でした。他のATの方もあまり深く学ばない分野ではないかと思うので、この場を借りて少し説明できればと思います。

ちなみに、Diathermyは日本語ではジアテルミー療法と言うらしいですね。
ジアテルミーって、ドイツ語“Diathermie”から来ているのでしょうか。
英語の発音(ダイアサーミー)とはだいぶ違うので、今回調べてびっくりしました。じあてるみー!

----------------------------------------
さて、このDiathermyですが、定義で言うと“A modality that uses high-frequency electromagnetic waves”ということになります。高周波の電磁波を用い、体の特定の部位の温度・代謝を高めるのが主な目的です。その熱は、ヒートパック等と違い身体の奥深くまで浸透することから、“Deep Heating Modality”に分類されます。皮下1-2cmでなく、中からじんわりと暖めることが可能な治療器具なのです。
b0112009_13243777.jpg
写真(↑)はつい先日広報用に撮られたうちのATRのものですが、
中央少し左にある白い小さな冷蔵庫のようなマシーンが分かりますでしょうか?
これがうちの大学にあるDiathermyのマシーンなのです。えぇ、うち、あるんです。
アメリカの大学でもかなり珍しいと思います。拡大してみると、こんな感じ(↓)。
b0112009_13313324.jpg

AutoThermという種類のマシーンで、ドラムとパッド、両方が使用可能です。
上部がマシーンになっていて(本体はかなり小さいです)、
下部はドラム(白)やパッド(黒)等のパーツを入れる収納になってます。
b0112009_13424774.jpg
そもそも、Diathermyとは?
前日した通り、ものすごく高周波のAC current(交流電流)が流れ、
Electromagnetic field(電磁場)が形成されるわけですが、
その周波数の長さは11mと非常に長く、運動・感覚神経をdepolarizeしないので、
電気療法等と違い、患者さんが“感じる”ことはできません。

Diathermyには様々なサブカテゴリーがあり、
Microwave, Shortwave, Longwaveに分類することができます。
このうち、医療用としてアメリカが認めているのはShortwaveのみ。
(その他も以前は治療に使われていたこともあるようですが、
健康に害があるこという研究結果が多々出たこともあり、現在は廃止になっています)
そんなわけで、今回はShortwave Diathermy(SWD)に絞って書いていきたいと思います。

SWDのApplicationの仕方は、大きく分けて2つあります。
   ●Induction Field Generator (例:Drum or Cable)
   ●Capacitive Field Generator (例:Plates or Pads)

b0112009_14173425.jpg
Induction Field Generator
これは、コイル状になったケーブル(↑)に電流を通し、それが生み出す電磁場を利用して、
体内に存在するイオンの振動を引き起こし、その摩擦で熱を作り出す、というもの。
アプリケーションにはDrumとCableの2種類あり、中でもDrumは非常にポピュラーです。治療したい部位にタオルを置き(これはこの部位の発汗を吸収するため。電磁場内に水分があってはいけないので)、ドラムを皮膚から1.5~2.5cm程離して固定する、というやり方です(↓写真上)。
b0112009_14204449.jpg
一方、(↑)Cable Applicationは正直言ってちょっとOld School(時代遅れ)なやり方。
患部を直接ケーブルでぐるぐる巻きにするというもの。このとき、コイルの角度が全て等しくなければいけない、全てのコイルが等間隔で無ければならない、など、決まり事が多く、なかなか100%正しくapplyすることが難しい、という致命的な欠陥があります。これを失敗すると熱にムラが出来、患者さんに火傷を負わせてしまう可能性も…。
そういった理由から、今ではほとんど使う人はいません。

しかし!古いと馬鹿にしてはいけませぬ。
実はこの理論を使った、最新のポータブルDiathermyというのがプロスポーツを中心に徐々に人気を集めており、そのうち新しいトレンドになるかも!?と私は密かに睨んでいます。
それが、ReGearという会社の作ったReBound
b0112009_14554896.jpg

このユニットそのもの(↑)の値段は$3,300程、スリーブはそれぞれ$120程。
このスリーブの中に既にケーブルがコイル状にぐるぐる巻かれたものが内蔵されており、
マシーンをonにするだけでDiathermyが手軽に使える、という利点があります。
同じ時間使うなら、熱の伝導性を考えれば、
ポータブルHeat Packなんかよりよっぽど意味があるのでは?と個人的には思います。
一度じっくり遊んで 使ってみたくて、うちの大学でも研究目的とか上手くかこつけて、
購入できないか目論んでるんですけどねぇ…。

さて、Capacitive Field Generatorの話もしたいのですが、
今日は長くなってしまったのでここまで。明日続きをupします。
[PR]

  by supersy | 2011-03-15 23:59 | Athletic Training | Comments(4)

Commented by ヤス at 2011-03-16 17:10 x
Patriotsにいた時ReBound試してくれといわれてあったので自分でも試したり選手も試していたけどそんなに評判は良くなかったです。もし試せたらまたどうだったか教えてください。
Commented by さゆり at 2011-03-17 05:16 x
使ったことはありませんが、コンセプトとしてはかなり面白いと思ってます、Diathermy。ReBoundは“Diathermyって古くない?”というイメージを払拭するにも一役買ってくれるのではと密かに期待しています。評判の良くなかった理由は何ですか?
Commented by ヤス at 2011-03-17 09:23 x
評判が良くないというよりやっぱり一番は変化をあまり実感できないということでしょうか。選手にしてみたら「うーん、良いといえば良いような気がするけど・・・」みたいな感じということでしょうか。
Commented by さゆり at 2011-03-29 09:32 x
うーん、熱を感じにくいからですかね?私はheat packよりはよっぽど良いし、症状を選んで使えばかなり良いチョイスなんではないかと思っています。

<< Shortwave Diath... 東北関東大震災。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX