“死体”ではなく“献体”。

なんだか日本で“人体の不思議展”が法的問題になっているという記事を読んでびっくり。
ここまでCadaverを扱った授業を教わったり教えてきた立場の者として、
あれを“死体”と認識していること自体が非常に失礼だと思うのですが。。。
つまりは気持ち悪いものと思っている、ってことでしょ?
死体だなんて、とんでもない。献体です。捧げていただいたものなのです。
私たちが献体を使わせてもらった時だって、授業の最初と最後には、献体となることを了承してくださったご本人とそのご家族の方に感謝の気持ちを忘れないよう、黙祷したりしたものです。
今まで関わった解剖の先生たちも皆、尊敬と感謝と愛情の気持ちを込めて、
丁寧に献体を扱っていました。決して大げさに書いているわけじゃありません。
人体を学ぶ側も必死で真剣に学んでいるんです。遊びでやってるんじゃない。
展覧会を作っている人たちだって、死体並べたら面白いんじゃないか、うはは、
みたいなふざけた気分で作っているわけがないでしょう。
あの標本みたら分かります。とんでもない時間をかけて、とんでもなく高いレベルの技術で、
丁寧に綺麗にDisectされたものたちばかり。なんというdedication。感服ものです。
それを一般に公開するなんて、今までになかった、素晴らしい機会だと思うのに。

(まぁでも仮に死体だとしたって、自分だって死んだらああなるんだから、
 何もそんなに騒ぐこと無いのではなんて思うんですけどね。
 イヤだったら見に行かなければいいだけの話で)

あんたの感覚が麻痺してるんだ、と言われればばそれまでですが、
なんだか論点が違うように思えたので…。

不思議展を見に来るヒトの中には、そういう深い感謝や配慮を欠く、
もっと軽い気持ちの興味本位のみの人もいるかもしれないけれど、
それでも人間の、“人体をもっと知りたい”という欲求はごく当たり前のものだと思っています。
だってつまるところ人体って自分自身のことにつながるわけですし、
自分のことをもっと知りたいという欲求は悪いものではないでしょ?
この展覧会はそういう目的で作られたものではないの?

それを“精神的に苦痛を受けた”とか、グロテスクだとか…
私にはよくわかりません。医学の発展と医学を志す若者の教育のために、
自らの体を捧げてくれた死者を冒涜しているのは、紛れも無くそういう人たちなのでは。

あんまりまとまってないけれども、何だかちょっと気になったのでつれつれと書いてみました。
多くの人にとっては非日常すぎてびっくりしてしまうのは分からないでもないけれど、
でも結局のところ、行く行かないは個人の自由。イヤなら見に行くなよ、ってことで。
いやでも死体という言葉だけは許せない。
私の解剖学の恩師・Peggyが聞いたら何というか。
[PR]

  by supersy | 2011-01-27 20:00 | Athletic Training | Comments(9)

Commented by Makiko at 2011-01-28 21:18 x
人体の不思議展ね~これがなかなかproblematicなんだよ。
ここで展示されている人たちが、本当に生前の意思に基づく献体なのか、疑いが持たれているのが今大きな問題になっているのだと思う。ABCニュースがこの辺りを追ったドキュメンタリーがあるよ。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=wH0loYU-tLg

今日本で「標本ではなく遺体」といって訴えているのは、一種のレトリックだと私は解釈してます。遺体の入手経路や、もはや商業化しているプラスティネーションという技術のあり方にも批判が集まっているような状態で、こういったデリケートな展示を続けることが許されるのか。何年も、この展示に疑問を持つ人が訴え続けているけど、なかなか事態が進展しないから、ついに法的な力に訴えたのだと思う。

原告も、「今回は違法状態を世間に周知させることが目的」と言っている通り、文字通り「死体がたくさん置いてあるのが気持ち悪い」と思っているわけでは必ずしもなくって、この展示のはらんでいる問題を、今一度世間に問う、というのが大きな目的としてあると思う。
Commented by Makiko at 2011-01-28 21:21 x
まあでも、こういう言い方でしかコトを動かせないってのも、情けない話だあね…

私自身も、もう少しいろいろ情報をたぐって考えてみたいissueです。
Commented by さゆり at 2011-01-28 22:47 x
あ~、なるほど!私はmixiニュースと個人のブログを色々と見ていて、標本は死体で違法だし、気持ち悪くてグロテスクで不愉快というstatementばかり頭に残っていたけど、原告の意図はそうではないと。中国の人体闇市云々も絡んでいるのですね。たしかに本人の意思に基づかない献体ならば大間違いだし、それをこうして大量に集めた側にも商売的ニオイをぷんぷん感じますな。それは私も嫌だわ。

まぁでも色んなヒトのブログとかmixi日記読み飛ばしている限りでは、本気で展示そのものの意図や“死体”の“気持ち悪さ”に顔をしかめている人も少なくはないようで、それはやっぱり残念だなぁと思います。やり方に問題があったとしても、日本では医学部学生以外は人体解剖の授業が許されない背景もあり、医師以外のhealth care professionalの学生たちはアメリカや中国に短期留学して人体解剖の授業を受けざるを得ないという事実があるのよ。そういう学生には貴重な機会だと思うのです。もちろん筋を通した展示会をするのは何事よりも優先されるべきだけど、展示会=悪とは思わないで欲しいなぁとも思います。
Commented by さゆり at 2011-01-28 22:48 x
いやしかしこういう建設的意見交換懐かしい。お元気してますか牧子氏。日本に帰っていたみたいだけどもうイギリス?この夏、5-6月くらいとか日本にいない…よね、3年ぶりに日本に帰ろうと思ってるんだけど。
Commented by kihira at 2011-01-29 00:47 x
報道を見て、難しいところだと感じています。
乳児や胎児の展示など、同意が取れているのか不明な点もあるようです。
それでも自分の身体を知ろうとする欲求は抑えられないと思います。
今後どうなって、あるいはどうしていくべきなのか。討論があってもいいと思っています。
Commented by Makiko at 2011-01-29 11:37 x
>筋を通した展示会をするのは何事よりも優先されるべきだけど、展示会=悪とは思わないで欲しいなぁ

全くそうだと思う!何を隠そう、私も大学生の時にこの展示を見に行って、いくつかの標本に実際に触れ、こんなふうに人体を知ることができる展示がでてきたのは、すごいことだなぁと感動した一人でした。その時展示に来ていた人達を見る限り、周囲も衝撃と共に「すごいなぁすごいなぁ」って感動をもって見ていたよ。それだけに、今問題になっているような不確かな部分が出てきてしまったのはとても残念なことだと思ってたところ。

あたしまだ日本にいるんだよね~3月末までのたりのたりしています。
そして、何と、5月も日本に帰るよ!20日周辺にとりあえず帰ることは確定してるんだけど、もしかしたら5月頭から3週間くらいいるかも…うまく日程合ったらぜひ会おうよ!
Commented by さゆり at 2011-01-29 12:18 x
>kihira氏
不透明さは何よりの悪、と思います。観覧する側が罪悪感無くただただ純粋に“人体の不思議”に感嘆できるよう、主催側の責任は問われるべきですし果たされるべきですね。

>Makiko氏
そうなんだよ!人体って本当にすごくて不思議なんだ、もうずっと勉強してるけどまだ全然わかんないよー!仕組みがまだ未知なものが多いのに、一人ひとりがそれをしっかり所有してるという事実がまたすごいよね。
私はまだ確定してないけど、滞在は5月中旬あたりから一ヶ月かな?合いそうだね、久しぶりに会えるのを楽しみにしています。未来の結婚式にいけなかったからそのお祝いをしたいし、また某志記メンバーで集まるのもいいね!楽しみだ。いつかイギリスにも牧子氏に会いに行きたいです。
Commented by 人体 at 2011-01-29 14:33 x
「人体展」の何が問題かって一般人を捕まえて殺して皮を剥ぎ「無免許」展示で金を払わすすごい商売です。
 あれは 「献体」 ではないそうです。「事実」は、世界では米国ABCニュースビデオにあるように、「献体」ではなく、中国人の「闇売買死体」であり、フランス・ドイツで裁判所が「人体展」中止命令を出し、米国ハワイ州で死体展示禁止法案が成立しました。
○(グロ画像注意)アウクスブルクの裁判所が違法と判断しました。「死とセックス」展
http://chiquita.blog17.fc2.com/?no=4552
○京都府医師会は「開催中止」を要求しています。
 http://www.kyoto.med.or.jp/info/index.php?e=65
○フランスの「最高裁」は「中止を命じる最終判決」を下しました。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-37634720090422
○「献体同意書は盗用偽装」「ビデオ:米国ABC20/20」
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-100.html
Commented by さゆり at 2011-01-30 01:14 x
うーん、一般人を捕まえて殺して皮を剥ぎ、という表現は少し語弊があるのでは。主催者側とABC側の二極化した意見の間のどこかに事実があるのでしょうが、どちらの言葉も一字一句信じるのは安易かなと個人的には思っています。私はこの件のinvestigatorでも専門家でもありませんし、一個人のこんなのほほんとしたブログで何が真実かを決めるのも私の意図するところではないので、色々と思うところはありますが、ここでは客観的でいたいと思います。情報ありがとうございます!

<< 人を先導し、且つ殿を務める。三... 最近“働き盛りの30代”という... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX