意味ある一敗。

只今、夜の10時半です。Houston遠征から帰ってきましたー。

一週間前はColorado Stateに90-57で大敗してしまったわけですが、
今回の相手、University of Houstonはそれよりも格段に上、というスタッツでした。
アシスタントコーチのひとりが、前半が終わったら選手を置いてバスで帰ってしまおうか、
と冗談で言っていたほど、これまた情けない試合になるかも、という雰囲気が漂っていたのですが。

でも私は選手の態度や面構えから、そして自分の仕事の手応えからしても、
今回は結構良い仕上がりなんじゃないか、と思っていました。
前述のアシスタントコーチから、“Sy、今日勝てる可能性はどのくらいだと思う?”と、
試合直前に聞かれたのですが、“正直、皆、ここまでのどの試合より気持ちが
入ってるんじゃないかと思います…ので期待したいです”と心から答えました。
(…コーチには苦笑で返されたんですけどね)

一番最初の立ち上がりこそ2-19で17点のリードを奪われるというお粗末さだったものの、
次々と投入された新たな選手たちが悪い流れを断ち切り、11連続得点で盛り返す根性を発揮。
9点差で前半を折り返し、後半は一点差にまで追いつく猛追を見せました。
自分の選手たちが神がかって見える時間帯って、ほんとぞくぞくする!

結局そのあともう一回突き放されてしまって、ターンオーバーが重なり、
72-62で負けてしまったのですが、恐らく会場の誰もが予想し得なかった大健闘でした。
試合の後、いつも怒鳴ってばかりのヘッドコーチが、今日は、
"I am proud of you, I was glad to be your coach today.
The team I saw out there today was not a 0-7 team, not even close.
If THAT team keeps playing for the rest of the season,
trust me, we'll win a lot of ball games. Great game today."
と手放しで褒めたほど。だからこそ、私は本当に今回の負けが悔しかったけれど、
チームの皆が、今シーズン初めて確実な手応えを感じたはず!
次の試合は11日後と、少し間が空くのですが、皆がどう爆発してくれるのか、今から楽しみです。

---------------------------------------
さーて。もう25日間ほど連続勤務なのですが、この記録は伸びるばかりです。
ここ6週間で一日しかオフもらってません。しかもそのオフもアカデミックの仕事に費やしたし。
悲しいのは、この業界ではこれがわりかし“当たり前”だということ。
シーズン中は、基本、こんな感じ。Thanksgivingもクリスマスも正月もあったもんじゃない。
こういう世界に長く身を置いていると、本当に世の中に8 to 5で週休二日の職業など
存在するんだろうか、と真剣に漠然と考えたりしてしまう今日この頃です。
風邪引いたんで今日休みます、なんて言える職業でもないし。代わりいないから。
食中毒でげーげー吐きながらも出勤しなければいけないのが、きついところです。
心とカラダのバランスを上手く取りたいけど、なかなか休まらないなぁ。もう年かなぁ。
明日からまた学校だ。期末試験3つ作らなきゃ…。小論も採点しなきゃ…。
今週はきつい一週間になりそうです。明日も早めに出勤するか。
学期ももう一息で終わり!気合入れていくぞー!ぬす!
[PR]

  by supersy | 2010-12-05 22:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< 閑話休題…というか、たまにはち... In Houston, Texas. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX