きのうのおまけ。そして運動たのし。

b0112009_9402246.jpg
昨日の件に関して、ちょっと文献を探して読んでみたんですけど、
あんまり面白い発見は無かったです。
Minor injuriesによってThrombosisの危険性は通常時よりも3倍近く増える、
という文章はありましたが、そもそもThrombosisのprevalenceは1000人に1-3人くらい
と言われているので、それが3-9人になるくらいなんですかねぇ。そんなにsignificantかなぁ。

唯一興味を引いたのが、Minor leg injuriesとThrombosisの繋がりは非常に一時的なものである、という描写で、怪我発生から2-3週間後がThrombosis発生率が最も高かった、という結果が確認されました。とは言え、“怪我後1週間以内”との差は微々たるもので、著者の言葉をまとめると、“怪我から1-3週間後は特に注意が必要。それから徐々に危険は下がっていき、10週間後までに何も起こらなければ、その怪我におけるリスクの上昇は消えたと言っても良い”ということみたいです。

ちなみに参考にした文献はこちら(↓)。参考までに。
van Stralem KJ; Rosendaal FR; Doggen CMJ. Minor Injuries as a Risk Factor for Venous Thrombosis. Arch Intern Med. 2008;168(1):21-26.
abstractやfull textを読んでみたい方はこちらからどうぞ。

----------------------------------------

気分転換目的で始めた運動、日増しにintensityが上がっております。
始めた当初はカラダが鈍りすぎていて自分でも愕然としたのですが、ようやく去年の今頃くらいの
ライン、treadmillで7マイルをコンスタントに走れるようになってきました。
それでも去年は10マイル走れてたからなぁー、まだまだだなぁ。
あ、ちなみに膝が悪いんで私は外は一切走りません。
トレッドミルのみ!あの数字が上がっていくのを見てるのがたまらなく楽しい。
b0112009_1092529.jpg
しかし、急に上げたからですかねぇ。
Posterior Tibがちょっと痛んだり、足の親指が痛くなったり、ITB friction syndromeが出たり、
ちょこちょこ痛みが出ては消えてるんですが、ここ2日連続で右膝のMCLあたりが痛いです。
走ってるうちは平気で、走り終えてペースを落とし、クールダウンにジョグをしているときに
決まって痛んでくるんですけど…すごいsharpな痛み。なんだろ?

医者の不養生とは良く言ったもので、私はこういうとき、
“ま、走ってるときは痛くないからいいか”と流してしまうことが多いのですが、
年も年だし、たまには運動しない日もちゃんと作って休み休み行こうと思います。
…でも、運動ってノってる時は休まず続けたいんだよなぁー。
徐々にExercisaholicになってきてる気がする。。全くやらないよりいっか。
[PR]

  by supersy | 2010-05-26 20:00 | Athletic Training | Comments(2)

Commented by かや at 2010-05-27 11:10 x
Syの話題って,僕にとってホントにタイムリーなのよね!!
DVTも僕のまわりでつい最近話題になったのよ。
僕もすごく脚がむくんでて「おまえもだいじょうぶかぁ?」なんて言われたりして・・・
Commented by さゆり at 2010-05-30 11:48 x
ははは、偶然ですかね、面白い。
血栓が原因で起こるconditionは症状が出にくいのが怖いですね、heart attack含め。出たらもう手遅れの場合も多いですし…。internal medicineの人たちは本当にすごいと思います。肉眼で外から見えないものを診断・治療しようっていうんですから。

<< ご近所大冒険3・Castill... ふくらはぎ肉離れで人が死ぬ?? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX