うまうまおうま。

●Equine Chiropractor

うちの大学には週に2回カイロプラクターの先生が来てくれるのですが、
彼からこんな面白い話を聞きました。“競走馬用のカイロプラクターがいる”と。
b0112009_12305144.jpg
調べてみたらEquine Chiropractorというものらしいです。
馬だけでなく、他の動物のカイロプラクターもあったりするみたい。
でも、特に競走馬のメンテナンスとくればお金を厭わない馬主も多いのでしょう、
馬専門のカイロプラクターが特に重宝されているということみたいです。
先生曰く、“普通のカイロの資格を取った後に、更に3年間のトレーニングを積んでなるもの”だそうです。えぇ、馬を寝かせてやるんですか?と天然で聞いたら、いやいや、立ったままだよー、と。そらそうですよね。麻酔かけるわけにもいかないし。。。

最初に出てきた感想が“儲かりそうっすねー”でした。
相当お給料は良いみたいです。まぁお金持ちさんのluxuryみたいな仕事ですもんね。
まぁでも、競馬界もそんなとこまで来てたんだ、というか何と言うか…。
贅沢だなぁと思うだけで、別に反対も賛成もしないですけど、
でも馬のほうもこれ気持ち良いとか症状が良くなったとかそこはやめてーとか、
コミュニケーションが取れないから大変だろうなぁーと思います。
あと、人間相手だって力が相当要ることもあるのに、馬をadjustするとなると、
セラピストさん自身にかかる負担も相当なんじゃないかなぁとか、変な心配をしてしまいます。

ちなみにうちに来てくれるそのカイロの先生はすごく良い人で、
カイロに対する見方はそのお陰で随分変わりました。新しい治療コンセプトに対しても
懐が深く、今でも引き出しを増やすために勉強を絶やさない努力家ですし、
Adjustしてもらったことが今までなかったので、何事も経験!と思い、
申し訳ないんですが…とちょっと持病の腰痛に関してお願いしてみたら、
とんでもない、やってあげるよ、ほほいほーい、とぱきぱき気前良くやってくれたり、
ここのAT陣は本当に良く頑張ってるよねぇ、カラダを酷使してるから、
僕から出来るせめてものご褒美だよ、と、彼のクリニックに来ればタダでマッサージが
受けられるように私達のために手配してくれていたり、
UNFでSports Medicine Staffの一員として働くことをとても喜んでくれていて、
ホームゲームとなるとどのスポーツでも足を運んで楽しそうに観戦していたり。。。
とにかく素晴らしい人です。
こんな風なgiving personになりたい!

----------------------------------------
仕事もちょっと一息ついたので、
明日からちょっとOrlandoのほうへ小旅行へ行ってこようと思います。
日本のゴールデンウィークに対抗してるわけじゃないですよ、ええ決して。
そんなわけで更新はちょっとお休みです。
ネズミさんとシャムーに癒してもらってきます。ビバ、フロリダ。
[PR]

  by supersy | 2010-04-29 22:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< 小旅行一日目: Downtow... 悲しかったり嬉しかったり。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX