怒涛の週末。

●UNF Athletics Banquet
さて、金曜日にはUNFのAthletics Banquetがありました。
普通は大学レベルだと、個々のスポーツで異なる時期にBanquetがあるもんだと思うんですが、
UNFは全てのスポーツをまとめて、この日に一気にお祝いしちゃおうという感じになっています。
というか高校で働いている時も大きいところはスポーツ別でしたし、
小さい高校でも秋、冬、春と3回に分けられてやってたもんですが…年に一回って相当珍しい
と思います。フットボールがないからこそできるんですかねぇ。

Banquetというのはアワードセレモニーを兼ねた(というかメインはそっちですが)夕食会で、
シーズンにおけるチームの功績を称え、そして卒業するSeniorたちの今までの努力と
これからの活躍を祈って送り出すという会でもあります。
UNF Sports Medicine Staffも、ひとりだけ諸事情あって参加できませんでしたが、
Head ATCのFred、AssistantのMark、Manny、Courtney、Lauraと私で行ってまいりました。
b0112009_2112485.jpg
Athletics関係者が一同に会するとあってすごい人でした。
女の子たちはここぞとばかりに新品のドレスでおめかし。普段ラフな格好をしている選手たちなだけに、なんだか新鮮で鮮やかです。私たちSports Medicine Staffは“Businessで”とボスから言われていたので一応ちゃんとしていましたが、気合の入った女の子たちとは対照的に男の子の中にはジーンズで来ている選手もいたり、ゴルフの選手たちはゴルフ場からそのままやってきたのかと思うようなカーキにポロシャツでしたし、割と思い思いの格好で参加しています。
b0112009_31258.jpg
でも…中にはこんなクロスカントリーの集団がいました。何でハワイアン?と思っていたら、
去年、Athletic Directorが“お前らこんな格好はできまい”と冗談で言った無茶振りに対し、
それならやってやろうと皆揃いで本当に着てきてしまったということらしいんです。
アスリートに喧嘩ふっかけちゃーだめです。負けず嫌いの集団なんですから!

Banquetが終わった後は、Athleticsの知り合いスタッフの家で二次会。
久しぶりにビアポンやりました。全然勝てなかった…。

●vs Penn State & UCF
今日は、バレーボールの最後の練習日。
午前中はPenn StateとUniversity of Central Floridaという、
大きくて名の通った2大学を招いての合同練習を行いました。

アメリカ大学女子バレーボール界において、Penn State Universityとは
日本高校女子バスケでいう桜花。男子バスケでいう能代工業。スラムダンクでいう山王工業。
2年連続無敗、3年連続全米チャンピオン、公式戦102連勝中という記録はいまでも続いており、
もはや向かうところ敵無し、常勝という言葉が相応しい、超強豪校です。
選手も当然、めちゃめちゃガタイがいいし、身長も半端じゃなく大きい。
うちの選手と比べると遥かに逞しい子たちです。スパイクも上から下に打ち下ろす感じ。
Head CoachであるRoss氏は、どんな厳しい監督なんだろう…とどきどきしていましたが、
実際話してみるとものすごくフランクで面白い方。世間話から就活中だという話になったら、
“アメリカ人と結婚してGreen Cardを取ってしまえばいいじゃないか。ん、オレはどうだ?”
という元気の良さ。奥さんもおられる、56才のおじさまなのですが(笑)。

ともあれ。そんな強豪相手にプレーだなんて、選手たちも萎縮してしまうんじゃないかとうちのHead Coachも心配していたようですが、意外や意外、実にのびのびとプレーしていました。
うちの子が華麗なアタックを決めたり、逆にうちのリベロが鋭いアタックを拾ったりすると、
なんだか私まで“ふふん、うちの子たちだってやるのよ!”という親鳥の心境に(笑)。
…まぁ、私は私で、Penn Stateの選手に何かあってはいけないと、
これはこれで気が気じゃなかったんですけどね(苦笑)。

午後はビーチに場所を移動し、ビーチバレーの大会。
希望者のみでCompetitive Beach Volleyballのトーナメントが行われました。
UCFから5チーム、Penn Stateから2チーム、UNFから2チームがエントリー。
決勝戦でUNFとPenn Stateのコンビが当たり、白熱した大熱戦になったのですけれど、
接戦の末Penn Stateチームが優勝。UNFコンビは惜しくも2位でした。
参加していない選手たちは、遊びでビーチバレーをやっていたり、海で遊んだり、
とにかく自由。特にPenn Stateの子たちはビーチで遊ぶ機会もそうないとあって、
おおはしゃぎをしていました。こういうときの顔は、本当に普通の女の子ですねぇ。

実はうちの選手が一人、午前中の練習中に怪我をしてしまったんですけど、それ以外は
何事も無く、他の大学の選手たちは皆怪我無く終えられたのでとにかくほっとしています。
今回は体育館とビーチという2会場をセットアップしなきゃいけなかったのが大変でした。
ひとつ40kg近い10-galllon coolerを全て運ぶために、バンとビーチを行ったり来たり。
途中階段もあるし、砂地は足が取られて踏ん張れない。こういうときばかりは、学生のヘルプが欲しいです…。最後のほうは足も腕もガクガクになって、文字通りフラフラクーラーを運んでいたら、通りすがりのおじちゃんたちが手を貸してくれました。ありがとうっ。午後は丸々外にいたので、かなーり日焼けもしてしまいました。肉体労働ってこういうことをいうのかしらん。加えて帰り道でHead Coachの運転するバンに乗っていたらどどーんと交通事故に遭うというひどいおまけ付きでしたが、とにかく終わったので良し!あーきつかった!

これで来週一週間をみっちり使って書類等を済ませてしまえば、
ここでの仕事も95%くらいは終わったことになります。あと、本当にちょっとです。
アメリカで言う年度末ですからね、やらなきゃいけないことは実はまだまだ多いんですけど。
administrative系のお仕事はあまり得意とするところではないですが、
とっても大事な仕事なのでちゃんとやろうと思います。次の人がスムーズに引き継げるように。
[PR]

  by supersy | 2010-04-24 23:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< リハビリのすゝめ。 意外なお客様たち。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX