初めての…。

Tampa小旅行ダイジェストをupしました、お時間のある方はどうぞ。
もはや旅行というか、別荘に帰るくらいの気分&頻度で行っているような気もしますが…。
来週末また行けるー。それまでがんばるぞー。

----------------------------------------
土曜日です。しかし朝から働いて、今帰ってきました。
というのも今日はラクロスの試合があったんですね。女子が、4試合。
はー焼けた焼けた。こんがりしています。
b0112009_7202531.jpg
Buchholzは今年から男女共にラクロスが正式スポーツになりました。
それぞれJVとVarsity、合計4チームあります。
去年もクラブチームとしては在ったんですが、今年からは正式にBuchholzのスポーツってことになったわけです。と、言うことはどういうことか、と言いますと、クラブチームはAthletic trainerはカバーしなくていいので、去年まではATCが付かなかったのが、今年からはcoverageを正式にclaimできるというわけなんですね。
私にとってみてはこの変化は、別にもらえる給料は変わりませんから、単純に仕事が増えるだけなわけで、最初こそ正直、“何でよりによって今年から…。来年にしてくれればいいものを”なんて思ったりもしましたが、実は現在、最も好んでカバーするスポーツになっています。

と、言うのも、コーチにとっても選手にとっても親御さんにとっても、
今年から夢のAthletic Trainerが付くわけです。それはもう、すんばらしいことなわけです。
とにかく、私がすることひとつひとつにとんでもなく感謝してくれます。
ありがとう!ありがとう!Syがいてくれて本当に良かった!
なんて、まるでスーパーヒーロー扱いです。

特に女の子で、ぼこぼこのFieldで練習をしているので足首が悪い子が多いのですが、
(リハビリを見てあげられればいいんですが、Off-campusで練習をしているので
 こういう運動がいいよー、と教えてあげることはできても直接見るとなるとなかなか。。。)
私が付くまで、コーチが見よう見真似で足首テープをしていたらしく、本人曰く、
“Yeah but we really didn't know what we were doing (いやでも、正直デタラメだったのよね)”とのこと。
で、そこに私が現れてテープを巻いたもんだから、それだけで歓喜の悲鳴が上がっちゃうんです。
  “Oh my God!!! Sy really knows how to tape!!! This is P-E-R-F-E-C-T!!!”
  “Oh my God!!! I'll never let the coach touch my ankle A-G-A-I-N!!!”
  “It's like I'm walking in the air!!!”
  “It's like the heaven!!!”
  “I really didn't wanna take it off after the game!!!”
  “I know!!! I wanna keep this all day everyday!!!”
  “I wanna get taped before I go to bed!!!”
  “I know!!! and you'll wake up and feel so refreshed!!!”
  “No!!! I probably never wake up!!!”
いや、死ぬのかよ(三村風)!と突っ込みたくなりましたが(笑)、まるでコントです。
そ、そんなにスゴイことしてないよ?と思うのですが、文字通り“!”を3個くらいつけてoh my God!!! oh my God!!!ときゃっきゃきゃっきゃ連発しているので、いやいや、こんなことだったらいつでもいくらでもしますよ、と、こっちも嬉しく&楽しくなっちゃうんですよね。やっぱりすごい練習したの?どうして毎回全く同じに巻けるの?と目をくるくるさせて聞いてくるんですよ、かわいいなぁこのコたち。

選手がそうならコーチも親御さんたちもすごく良いヒトたちで、
“Concession(売店)の食べ物も飲み物も好きなだけ取っていってね!
 コドモの面倒見てもらってるんだから私たちもアナタの面倒くらい見るわ!”
と言ってくれています。他のスポーツでは、売店でお金払って食べ物買ってますよ、わたしゃ…。

正式種目になったばかりだからまだ色んなことに手探りで、全てに手作り感が溢れています。
コーチ、選手一丸となって、さらに親御さんたちも本当にたくさん試合の度に集まって売店を手伝ったりしながら、協力し合って支え合って、なんとか学校側に私たちが真剣だっていうことを認めてもらいたいの!もっともっと大きくしていきたいの!と頑張っているんです。ちょっと胸を打たれるものがあります。何ていうか、スポーツの原点ってここじゃないか、と思うんですよね。
正直他のスポーツの中にはふんぞり返ってあぐらをかいて、ヒトのやることに感謝はしないくせに要求ばかりは出してくる、みたいなチームもあるんですが、そんなトコよりよっぽどこういう人たちのために働きたい、と思ってしまいます。まだまだ出来たばかりのチームだからそこまで上手くないけれども、これからもっともっと練習と経験を重ねて、強くなっていってほしいなぁ、と、心から思います。がんばれがんばれ。

---------------------------------------
b0112009_743261.jpgあっ、そうだ、タイトルの“初めての…”ですが、
実は、ラクロスというスポーツをカバーするの、初めてなんです。
というか、試合観戦も過去に一度しかなかったので、本当に新鮮で。興味津々で試合見ちゃうし、コーチにもルールとか詳しく聞いちゃったりしてます。
←ラケットはスティックと呼ばれ、これを使ってパスやシュートをして、
ボールは小さいんですけれど結構重たいんです。当たったら痛そう。

女子と男子でもかなりルールが違います。女子はテニスのようなスコートがユニフォームで、
Eye protectionとMouth guardのみを付けてプレーしますが、
男子はまるでFootballのようなHelmetとShoulder padsを付けてがちがち激しくプレーします。
フィールドはアイスホッケーに近い感じで、ゴールの後ろまで回りこめるようになっており、
ゴールキーパーを交わしてネットにボールを放り込んだら1点が入ります。
b0112009_750496.jpg
で、感想。面白い!

いやー、ラクロスって面白いねぇ!なんだかやってみたくなっちゃうなぁ!と選手と話していたら、
やってみる?とスティックを渡され、ぽーんとボールを放られました。わっ、おお、取れた。
スティックの握り方、パスの仕方…、難しそうに見えたパスもキャッチも、教わってやってみたら意外にできるもんで。ぬあっ、これ面白いかも、これから毎日皆と一緒に練習しようかな…と半分本気で言う位ハマりそうになりました。ちょっと練習したいなー。でも、スティック高そうだからなー。

そんなわけで、初めてのラクロス、見るのもやるのも働くのも楽しいです!
シーズンもかなり後半になってきてますが、私も最後までしっかり働かねば。
出来るだけのことはしてあげたいなぁ。
[PR]

  by supersy | 2009-03-14 18:30 | Athletic Training | Comments(0)

<< もうすぐで…。 The Concept of ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX