年末年始ダイジェスト。

●テキサス楽しかったです。
ぬあー、あっという間でした、テキサス滞在。
遊んでくれたAT仲間のJさん、だいすさん、かなえさん、みねおくん、ありがとうございました。
一番感謝すべきはMOMO氏。いや、何ていうか、本当にありがとう。またこっちにも遊びにおいで。
30日早朝に、後ろ髪を引かれる思いでGvilleへ帰還。

●年越し。
年越しカウントダウンは@友人の結婚式、でした。
日本人の奥さんとアメリカ人の旦那さんの可愛らしいカップルなんですけれど、
日本式の結婚式は夏に既に日本で済ませていて、今回はアメリカ式結婚式を、ということだったんです。アメリカの結婚式は非常にカジュアルで、式の後半は皆でわいわい踊ったりするんですが、袴姿の花嫁のお祖父さまも扇子を片手に踊りの輪に加わったりして、大盛り上がりでした。

そろそろ私の日本の同級生も結婚の第一波が来ても良い頃だと思うんですが、
それがそうでもないんですよね。まだ日本の友人の結婚式、一度も行っていないんです。
だから“結婚式に行くと結婚したくなる”というの、本当なのかなぁ?と思っていましたが、
いや、あれ、本当ですね(笑)!素敵な結婚式でした。
花嫁さんの涙にこっちまでもらい泣き。末永くお幸せに!

●Bobcats Invitational。
1/2と3は新年早々の大仕事。
日本人としては三箇日くらいはイベントを入れて欲しくないもんですが、
アメリカでは正月って概念がないんですもんね。というか、日本のお正月がアメリカのサンクスギビングなんですよね。家族で集まって、一日中だらだら食べてまったりのんびりするという(笑)。
まーそんなわけでしょうがない。コレ、文字通り本当に大仕事だったんです。
BuchholzがホストするBobcats Invitationalというサッカートーナメントだったんですが、
男女合計36チームが集まり、2日に渡って54試合ものサッカーゲームをカバーしてきました。
2日でサッカーの試合を54試合!って、すごくないですか(笑)。

コーチからは“毎年、クラスメートなり何なりからATC1-2人くらいヘルプに来てもらってるから、頼んでみてくれ”と言われていたものの、そこは典型的アメリカ人な我がクラスメート達、休みになると実家へ飛んで帰っちゃうんですよね。大学院ともなると様々な州から皆集まっているわけで、それこそNYやらPittsやらOhioやら、アメリカ中にばらばらになります。もう一人でやるしかないか…とハラをくくっていたところに、慶太郎氏が予定が空いていると言ってくれたので、わざわざTampaからヘルプに来てもらっちゃいました。マジでありがとう慶太郎!!!!!

このトーナメントが気がかりで、実は年末は鬱々としていたのです(笑)。
以前にも書いたことがあるのですが、私はいわゆるマーフィーの法則というのを本当に信じていて、『備えあれば憂いなし』とはよく言ったものですが、なんでしょ、準備できてないときに限って予期せぬトラブルが起こり、準備万端のときには何も大事なく済むもんだ、と思ってるんですよ。特に仕事に関して。つまり、最悪の事態を想定して常に準備しておきたい、という信念なんですけども。
そんなだから一人でやるつもりでいたときはまーもー心配で心配で。
6試合同時進行ですから、同時に怪我人が2人以上出たらてんてこまいになるのは目に見えてますし、増してやそれが一刻を争うような大怪我だったりしたらですね、とても一人じゃ回せないわけです。だから、慶太郎氏が来てくれると聞いて本当にほっとしました。2人いるとね、機動力も2倍になるし、何より、2人でがっつり準備しておけば、意外に何も起こらずすんだりしそうでしょ。

この予想は大当たりと言いますか、実に穏やかにトーナメントは過ぎていきました。
各高校の選手が足首のテープだアイスバッグだと絶えずAthletic Training Stationにやってきましたが、起こった怪我としては脳震盪やら足首の捻挫やら軽い肉離れやら、まぁまぁ全くもって想定の範囲内です。可愛いもんです、と言ったらバチが当たるかしら。
待ち時間も多かったので、こんなこと(↓)もしたりして、時間は緩やかに流れていきました。
b0112009_3291117.jpg
一心不乱にテープを千切ってコレを作っていたら、通りすがりのおばちゃんに“あらー忙しそうね”と言われてしまいました。慶太郎氏にも何してんのと怒られました。えーと、ごめんなさい。でもこういうアソビゴコロもほら、オトナになったからこそ忘れたくないというか何というか、もごもご。

2日目の朝なんか濃霧が出ていてですね。会場入りすると、まぁ6試合も同時にやる
くらいだから広い会場を借りてやってるんですけど、もう全く周りが見えないんですよ。
サッカーフィールドの端に立つと、向こうのゴールが全く見えないくらいの濃い霧で。
b0112009_344172.jpg
試合開始時間になっても全然晴れないので、どうするのかなぁと思っていたら、予定も詰まっているしということで無理矢理試合を決行しておりました。これ、人影が見えると思うんですが、試合中の写真(↑)なんですよね(笑)。キーパーにしたらたまったもんじゃないと思うんです、いきなり視界にボールが飛び込んできたらちょっと、やる気無くしませんか。

最後の最後にACLが出てしまったのだけは残念でしたが、とりあえず無事に終了。
いやー、想像していたより本当にeventlessでした、と、主催者側の親御さんと話していたら、
いやいや、去年は本当にすごかったのよ、Open Fracture(開放骨折)もあったし、とにかく一時間に一回くらいは救急車呼んだわーと言われて、ちょっと背筋がゾッとしましたが、アナタ本当に穏やかな人で助かったわ!一緒に働けてよかった!ありがとう!と異様なまでに感謝され、妙な充実感と共に無事にトーナメントを終えることが出来ました。仕事始めとしては、うむ、完璧かも。

えーと、そんなわけで遅ればせながらですが、明けましておめでとうございます!
またこうして元気に、家族友人たちと共に新年を迎えられたこと、本当に嬉しく思います。
昨年沢山の方々に出会い、また、お世話になりましたが、
今年も新たな出会いがきっと沢山待っていて、
その中に人生を変えるようなものもあるのかもしれないと思うとわくわくします。
受身にだけはなりたくないので、今年も攻め続けていこうと思います!
そんなわけで、改めて、今年もよろしくお願い致します。Blogの更新もがんばります。
[PR]

  by supersy | 2009-01-05 03:13 | Athletic Training | Comments(2)

Commented by 慶太郎 at 2009-01-19 07:25 x
こっちこそ仕事紹介してくれて助かったよー。
最高の正月でした。
また漫画読みに行くよー
Commented by さゆり at 2009-01-19 23:43 x
いやいや、ほんとありがとうはこっちだし!
あんな素敵な正月がアメリカでも過ごせるもんなのね。
焼酎さいこうー。にゃー。

<< 悩んでいることがあるのです。 Stener Lesionその2。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX