東京EBP講習を終えて、と、帝京平成大学訪問。

b0112009_22292577.jpg
先週末は、東京は立川でEBP講習を行ってきました!土曜日の夕方に予防医学編、日曜日の朝に評価編、午後に治療介入編と3つ続けておこない、取りたいものに自由に参加してもらうというシステムにしましたが、蓋を開けてみれば参加者の7割は東京外、南は福岡や宮崎から、北は青森からと本当に日本全国津々浦々、たくさんの方々にご参加いただきました。お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました!

さて、情報過多のこの時代、これからのスポーツの現場、そして医療界は、良質で最新の情報を自分で見つけ、選び、咀嚼し消化し、アウトプットしていく、という今までにないサバイバル能力が問われる社会になっていくのではと思います。もちろん、資本がある方はテーブルに座って「ごはんまだー?」とフォークとスプーンをちゃんかちゃんかと鳴らしていれば美味しい料理がテーブルに運ばれてくる…なんて生活の楽しみ方もあるんでしょうけれど、我々のほとんどは自ら狩りに出て、栄養を多く含む獲物を捕って煮たり焼いたりしてむしゃむしゃ食べ、自らの血や肉へ変えていけるようにならなきゃいけなくなるんじゃないか、と思うのです。
「エビデンス迷子」にならぬよう、「こんな魚の釣り方は誰にでもできてお手軽じゃないかと思いますけど、どうでしょう?」というノウハウをご提案させていだたいているのがこのEBP講習です。釣りって大変だと思ってたけど楽しいなぁ、意外と自分でもおっきい魚釣れるじゃん!と実感して帰っていただけていれば、そしておうちに帰っても釣りの実践を続けられる方が一人でも多くいらっしゃっていれば幸いです。

この夏のEBP基礎3講習はこれで終了しましたけども、冬には新作のEBP臨床・実践編を評価や治療介入の領域でいくつかご提供できればと思っていたりもします。EBPアドバンスト講習も提供するのはひとつの夢なんですが…うーん、あまり同時に複数のプロジェクトに手を出すのは好きではないので、これに着手するにはあと数年かかるかな。しかもアドバンストって名前つけてしまったら、あんまり人が来ないんじゃないかなって気もしてまして…うーむ。ご要望などがありましたらお聞かせください。



さて、話は変わりますが、今日は実家から歩いて20分ほどの中野駅にある大学、帝京平成大学へお邪魔してきました!
b0112009_22560884.jpg
中野北口すぐの「セントラルパーク」を抜けるとそこには大学が集まる敷地があるのですが、その一角が帝京平成大学です。ここらへんは4-5年前にできたばかりで、私自身も地元(?)でありながら、ゆっくり歩いたのは今回が初めてです。パークでは水遊びをする子供たちが駆け回り、その横にはおしゃれなレストランやバー、屋台(?)なども立ち並んでいて学生にもオフィス・ワーカーさんらにも使いやすい場所になっていました。いやー、中野もずいぶん拓けましたねー…。

今回の帰国、「今までお名前は聞いた・オンラインでやりとりをさせていただいたことはあったけどお会いする機会に恵まれなかった」方や「10+年ぶりにお会いする」方などにご挨拶できる機会が続き、いやー、ご縁というのはありがたいものだなと実感しています。業界の先輩方の哲学や職業観、将来に対する予想や展望などのお話を聞くだけでも勉強になりますし、「お前はこういう道を行くといいのではないか」という良い意味で主観たっぷりのアドバイスを頂くのも心から楽しませていただいています。茶化しているわけではなくて、自分では考えもつかなかったような視点を共有していただけるので、こういうのは非常に刺激的で貴重な時間なのです。世界が広がるとはまさにこういうことです。同時に、面白いと思うものや大事だと思っていること、「芯」が似ている先輩に出会うと非常に心強くも感じます。先輩方がつけてくださった道筋をさらにもっと太く、後ろに続く人たちに歩きやすい道にできるように、私もできることがあればいいんですけれども…。

さて、明日からは仕事で仙台に行ってまいります!荷造りを終えたら寝なくては。牛タンたーべーるー。

[PR]

  # by supersy | 2017-06-22 23:30 | Athletic Training | Comments(0)

PRIマイオキネマティック・リストレーション広島講習終了!

熊本・福岡に引き続き、先週末は広島に講習へ行ってまいりました!
b0112009_12461879.jpg
PRI講習参加は初めて、という方がほとんどでしたが、その一方で日本の講習でもリピーターの方がじわじわと増えてきてうれしい限りです。PRI講習において、複数回同じ講習を履修することは全く恥ずかしいことではありません、ごくごく「当たり前」です。私もマイオキンだけでも5-6回は受講していますし、アメリカでも2-3回受講してる人は珍しくないんです、みんなやっているんですよー。今回「マイオキン講習参加は2回目」という方は4名ほどいらっしゃいました。「参加するたびにマイオキンの新しい面が見えてくる」と仰っていただけましたが、それは私も参加者として体感しつづけていますので頷けます。同じ講習でも、Ronが教えるもの、Jamesが教えるもの、Mikeが教えるもの、Jenが、Loriが…という風に、講師が違えば説明の工夫のされ方や切り口が異なりますので、なんでしょうこう、同じニンジンでも、こんな顔や面があるのねー、という…。あーニンジンって生でも美味しいと思ってたけどソテーもいけるのね、って発見がなかなか面白いんです。ここがPRI講習の醍醐味ともいえます。
b0112009_09120354.png
そんな風に日本でも私の教え方、ケニー(石井)の教え方が違うところが面白いんじゃないかと思いますし、ぬっきー(大貫)さんもいよいよ講師トレーニング中盤を過ぎて、部分的講習担当も始まります。PRIをじっくり腰を据えて勉強してみてもいいかな、と感じた方は、こんな風に3人の講師がそれぞれ持つ調理法も楽しんでいただけたらと願っています。もちろん根っこの部分、Ronの考えるPRI理念を形を変えずにそのまま伝えたい!という意思は講師3人変わりません。次回のPRIマイオキン講習は再来週・仙台にてですが、こちらもロンワールド全開で行きたいと思います。
b0112009_09290983.jpg
ご参加いただいた43名の皆様、主催のホグレルフィットネスの皆様、会場を提供してくださった朝日医療専門学校広島校の皆様、ありがとうございました!



広島には実は姉が住んでおりまして。講習後、滞在を一泊伸ばして観光したり姉と遊んでもらってきました。広島観光は以前にもしたことがあるので、今回はちょっと違うところに行きたい…ということで、姉に勧められて今話題の「呉」へ足を延ばしてきましたよ。
b0112009_12491576.jpg
大和ミュージアムに海軍自衛隊呉史料館、中央桟橋ターミナルやれんが通りなどあれこれ歩いて参りました。呉冷麺にフライケーキ美味しかった…グルメの町、呉!「海軍珈琲」など、喫茶店も充実しているようです。今度は食べ歩きできたーい!

さぁ、東京に帰ってきて、今は講習に参加する側にもなってみたり、ATCの先輩にお会いしたり、論文読んだり、これからある個人講習の準備をしたりなどしています。今週末は東京は立川でのEBP講習ですね!参加者リストを見せてもらったのですが、東京から来られる方は全体の3割ほど。北は青森、南は宮崎から、全国各地津々浦々の皆様にお会いできるようでこちらも大興奮です。楽しい土日にしたいと思います。会場が90人収容可能と広いのでまだ席は余っておりますから、今からでも申し込みしたいかたは是非こちらでー。

[PR]

  # by supersy | 2017-06-16 10:00 | PRI | Comments(0)

書籍発売 & 熊本・福岡講習を終えて。

突然ですが、書籍が販売になりました!
b0112009_17212261.png

本といっても新たに書き下ろしたのではなく、2016年6月から2017年5月までの一年間「月刊トレーニングジャーナル」に掲載した連載記事がまとめて書籍化されたものです。Amazonでも販売していますが、品薄だったり在庫切れになったりしてますので、その場合は出版社であるブックハウスHDさんのウェブサイトから直接注文いただくと良いようです。もしこの夏私の講習会に来てくださる予定のある方は、各講習に数部(多くはないですが)持っていくようにしますので、直接私からご購入していただくことも可能です。事前に連絡いただければ、「予約分」としてお取り置きしておきますので、お気軽にご連絡くださいー。



さて、私事ですが、5月半ばに帰国して、今は日本で仕事をしたり論文を読んだり友人と会ったり家族と時間を過ごしたり少し芸術に触れる機会を設けたりしています。東京は博物館美術館水族館などいっぱいで本当に、英気が養えます…。幸せ…。日本にいる間、専門に関することを教えるほうも勿論なんですが、もっともっと学ぶ側にもなってみたいんですよね。滞在中、講習会や学会などにも参加してみたいなぁと色々調べてみているところです。
b0112009_18291376.jpg
さて、仕事と言えば先週末は、6月3日の土曜日は熊本の九州看護福祉大学(↑写真)にて、4日の日曜日は福岡のゴルフ&トレーニング施設、torqueさん(↓写真)を会場に個人講習を行ってきました。どちらもEvidence-Based Practice = つまり、エビデンスを生かしながら実践するとはどういうことか?という切り口で、しかしひとつは「ACL断裂評価」と「脳震盪」の最新エビデンスについて討論してみたり、もうひとつは「評価全般」と「治療介入全般」という観点から英語論文を読み込み、エビデンスを使う練習をしてみたりと、少し異なった捻りを加えた2講習となりました。
b0112009_18295188.jpg
現役の学生さんから、臨床でバリバリ活躍されている皆様に囲まれて、どちらの講習も和やかに進行しつつも、ずばずばとたくさんの刺激をいただくことができました。特に熊本は今回初めてだったのですが、一日早く前乗りしたのでゆっくり観光をする時間もあり、先輩ATC・井出先生に水前寺公園、阿蘇神社、阿蘇山に連れて行っていただいたり(火山からもくもく煙が出ていました!)、熊本城や熊本県立美術館にふらりと立ち寄ったりと、なんだかもう、仕事しに来たんだかなんだかってくらい羽を伸ばしてしまいました。各地でお世話になった皆様、ありがとうございました!
b0112009_18461862.jpg

熊本城は思った以上に城壁が崩れていました。災害の力の強さを改めて感じます。私は目立ったボランティアなど、立派なことは何もしていませんが、また改めて家族を連れてここへ旅行に来て、温泉を楽しんだり美味しいものを食べたり…そんな形で「復興」へ貢献したいと思います。熊本、とても良いところでしたよ!皆さんもぜひ!
b0112009_18504252.jpg
さて、明日はPRI・マイオキン講習のために広島へ出発!梅雨入りしたばかりの西日本ですが、天気もまぁまぁ良さそうでよかった。こちらもわいわい楽しんで、ロン・ワールド全開で行きたいと思います。

[PR]

  # by supersy | 2017-06-08 20:00 | Athletic Training | Comments(0)

SCAT5と最新脳震盪コンセンサス・ステイトメント: その2。

前回に引き続きですが、6月4日に福岡で行う講習のご案内もさせていただきます。
b0112009_10155900.png
画像はクリックで拡大します。こちらは東京の講習と内容はほとんど一緒なんですが、主催してくださってる団体が違うので、いくつか昨日紹介した講習と異なる点数があります。1) 同じ内容をもう少し時間をかけてゆっくりと、そしてその分多くの文献をレビューします(特に治療編)。2) 主催団体が異なるため、BOC認定CEUはつきません。3) そのぶん、お値段が少し抑えめになっています。

福岡での個人講習は初めてなので、多くの方にお会いできるのを楽しみにしています!エビデンスにもうちょっと強くなりたい、英語文献の苦手意識を減らしたい、という方はぜひー。



さて、昨日の続きです。

7. Refer
成人なら10-14日以上、子供なら4週間以上症状が続く場合を"persistent symptoms"と呼ぶ、と。ひとつ前のリハビリのセクションで話された通り、symptom-limited aerobic exerciseとc-spine, vestibular rehabの使用を推奨する内容になっています。「今のところ、pharmacotherapyに関しては限られたエビデンスしかないが、これらを使用する場合、RTPの際の『無症状』状態は薬を飲んでいない状態での『無症状』であるよう確認すること」とありますが、これはごもっともですね(Amantadineとかのことを言っているのかなー)。

8. Recovery
より回復に長い時間がかかるpredictorとして、意識消失や健忘症など様々な要素が研究されてきていますが、今のところ一番はっきりと分かっているのが、「脳震盪を受傷した一日目の症状が深刻であればあるほど、回復には長い時間を要することが予測できる」ということなんだそう。逆に言うと、「初日の症状が軽ければ軽いほど、その先の見通しも明るい」ということにも。偏頭痛や精神疾患の既往歴がある患者は症状が一ヶ月以上続くリスクが高い一方、ADDやADHDなどの学習障害は脳震盪からの回復には影響が無いようだ、ということも報告されています。

9. Return to Sport
これは百聞は一見に如かず、ということで、第4回と第5回国際スポーツ脳震盪会談のRTPモデルを直接比べてみちゃいましょう!上が第4回から抜粋したもの、1 下が今回のコンセンサス・ステイトメントから抜粋したもの2 です。
b0112009_10553833.png
もうステージ1が明確に違いますね。闇雲にただ患者を休ませるのではなく、症状に導かれて(symptom-guided)活動をすることの重要性が改めて強調されています。ここらへんは、整形のケガと同じですよね。昔は足首の捻挫なんかもPRICE (protection, REST, ice, compression, elevation)しろと言われてきたのが、近年はPOLICE (protection, OPTIMAL LOADING, ice, compression, elevation)こそがカギである、3 と言われているのと同様に、脳震盪患者も1-2日しっかり休んで、3日目からは症状が悪化しない範囲で適度な活動をすることが大事、という風に専門家間の価値観が変わってきているのがわかります。

10. Reconsider
「エリート選手であろうがそうでなかろうが、同じマネジメント方法を変えることがあってはならない」というのは納得です。プロスポーツのプレイオフやオリンピックなんかで、あり得ないくらい速い脳震盪からの競技復帰を目にしたことは一度や二度ではありませんから…。

Child (5-12歳)やAdolescent (13-18歳)が脳震盪からの回復により長い時間がかかる(i.e. Childrenの場合は4週間)というのは今更言及するまでもないとは思うのですが、「彼らにまず優先されるべきは完全学業復帰で、その後で競技復帰がなされるべきである」「学校単位でスムーズな学業復帰の指針となるacademic accommodationを設け、サポート体制を整えておくべきである」と書かれているのはいいですね。これはスポーツ医療とは分けて、もう完全に学校側の責任にしてしまってもいいと思うのですが…。もちろん、スポーツと学校側のコミュニケーションと意思疎通は大事だと思うのですが、責任は振り分けたほうがいいとも思うのです…。私だけかな…。

11. Residual Effects and Sequelae (後遺症)
ここではほんの少しだけCTEについて記述されていますが、「繰り返されるhead traumaでCTEが起こる可能性がある」「…が、因果関係はまだ確立されておらず、これからの研究を待つ」という、強い肯定も否定も含まない文章になっています。True prevalenceがまだわからないのですから、この慎重な表現は当然ですよね。私も続報を待っています。

12. Risk Reduction
ヘルメットやマウスガードのエビデンスは限られており、どちらかというと「使用しても脳震盪予防には効果が無い」可能性のほうが高そう。最も確実に脳震盪予防に効果があったのは1) ユースホッケーでのバディーチェッキング禁止ルールの採用; いくばくかのエビデンスがあるのは2) ユースアメフトのコンタクト制限は頭部へのコンタクトを減らす(が、それが脳震盪を減らすかは不明); 3) 大学アメフト選手のビジョン・トレーニングは脳震盪を予防するかもしれない(これについては初めて聞きました…参考文献を読んでみたいけど引用がされていないので知っている方教えてください)だそうで。逆に「予防には無効」だと分かっているのは4) ユースホッケーの「フェアルール」採用; 5) ヘルメット・パッド無しのアメフトのタックル練習 (えー!これ期待していたのになぁ、ダメだったんだ)なんだそうです。ふむふむ。

さぁ、コンセンサス・ステイトメントはここまでなのですが、SCAT54についても手短にまとめておきたいと思います。
b0112009_12345609.png
冒頭(p.2前半)に分かりやすく"STEP 1: RED FLAGS"の記述があるのは非常に好感が持てます。なるほど、p.2が"Immediate or On-field Assessment"で、p.3-5が"Office or Off-field Assessment"になってるんですね、患者をいつ動かしていいのか明確で良いと思います。前回SACの後にあったNeck Examinationが今回はCervical Spine Assessmentとしてかなり早い段階で出てくる(p.2の最後)ところも、頸椎損傷をまず除外しようという目的なんでしょうね。しかし、Step 3 Maddocks ScoreとStep 4: Glasgow Coma Scaleは順番が逆なのでは?とどうしても思ってしまうのですが…。うーん、ここだけは少し腑に落ちないなぁ。
b0112009_12464860.png
p.4はまるまるSAC…数字も覚える単語もかなりバリエーションが増えていますね。で、p.5でNeurological Screenというのが初登場です。ここにFinger-to-Nose TestにTandem Gaitと、一見消えた風に見せかけられたアイテムたちが隠れています。で、次はそのままmBESS Testで、最後にSACのDelayed Recallやって終わり、と。

つまるところ内容はSCAT3とほぼ一緒。少し順番の入れ替えがあったのと、いつ患者を動かすかのタイミングを明確に表記したところが今回のSCAT5のユニークさでしょうか。"The SCAT5 cannot be performed correctly in less than 10 minutes"と冒頭に明記されていますが、SCAT5そのものは、やはり全てちゃんとやろうと思うと10分以上はどうしてもかかるものです。完全なるサイドラインテストではありません。そういう意味では、「ここまではon-field」「ここらはoff-field」という区別がされることでかなりユーザーフレンドリーにはなったのではと思いますね。個人的に、疑問がないところがないわけではないですが…。

K-D Testみたいな要素も入るのかなと思っていましたが、そういうのはないんですね。やっぱりportability(持ち運びの容易さ)も大事なんだろうし、これだけの小さなスペースに収めるのに無理があるということなんでしょうか。お手軽さ、スピーディーさでいったら大したもんだと思うんだけどなー。

今回のアップデート、Dr. Leddy氏らの研究内容が組み込まれたのはどきどきワクワクで、ある意味パラダイムシフトの始まりと言えそうですが (これを受けてNATA Position Statementも緊急でミニアップデートとかしないのかなー)、それ以外にこれといって目からウロコが落ちるようなびっくりする内容はなかったですね。将来、2020年に発表されるという第6回のコンセンサス・ステイトメントを楽しみに待つことにします。次回はウロコぼろぼろ落としたいです!

1. McCrory P, Meeuwisse WH, Aubry M, et al. Consensus statement on concussion in sport: the 4th International Conference on Concussion in Sport held in Zurich, November 2012. Br J Sports Med. 2013;47(5):250-258. doi: 10.1136/bjsports-2013-092313.
2. McCrory P, Meeuwisse W, Dvorak J, et al. Consensus statement on concussion in sport-the 5th international conference on concussion in sport held in Berlin, October 2016. Br J Sports Med. 2017;pii:bjsports-2017-097699. doi: 10.1136/bjsports-2017-097699.
3. Bleakley CM, Glasgow P, MacAuley DC. PRICE needs updating, should we call the POLICE? Br J Sports Med. 2012;46(4):220-221. doi: 10.1136/bjsports-2011-090297.
4. Echemendia RJ, Meeuwisse W, McCrory P, et al. The sport concussion assessment tool 5th edition (SCAT5). Br J Sports Med. 2017;pii:bjsports-2017-097506. doi: 10.1136/bjsports-2017-097506.

[PR]

  # by supersy | 2017-05-12 23:00 | Athletic Training | Comments(0)

SCAT5と最新脳震盪コンセンサス・ステイトメント: その1。

6月17・18日に東京は立川で開催するエビデンスに基づく実践(EBP)講習ですが、引き続き受講申し込み受付中です!

<講習日時>
2017年6月17日(土)
18:15pm-21:30pm エビデンスに基づく予防医学: 基本から応用まで

2017年6月18日(日)
9:15am-12:30pm エビデンスに基づくスポーツ傷害評価: 基本から応用まで
12:30pm-13:15pm 昼食(各自)
13:15pm-16:30pm エビデンスに基づく治療介入: 基本から応用まで

<会場>
   JR中央線立川駅南口より、徒歩13分
   JR南武線西国立駅より、徒歩7分
   多摩モノレール立川南駅より、立川南通りを直進、徒歩12分

<受講料> 
  一般 1コース 9,000円
     2コース 16,200円 (10% off - 1,800円引き)
     3コース 22,950円 (15% off - 4,050円引き)
  学生 1コース 8,100円 (10% off - 900円引き)
     2コース 14,400円 (20% off - 3,600円引き)
     3コース 20,250円 (25% off - 6,750円引き)
     *現役大学・専門学校生(国内外不問)さん対象。申込後に学生証の提示が必要です

講習の内容など、詳しくは3月30日付の記事をどうぞ!申込はこちらからです。



さて、忙しくてバタバタしていましたが、ようやく春学期が終わりました!明後日の土曜日に卒業式に出席して、日曜日に日本へ帰ります。そんな時期になんですが、つい先日 "Consensus Statement on Concussion in Sport - the 5th International Conference on Concussion in Sport Held in Berlin, October 2016"1と、SCAT5が発表になりましたね!毎度のことですが錚々たる著者陣…名前だけを眺めていてもワクワクどきどきゾクゾクというか…著者の専門分野から内容もそれなりに想像つくところがいいですね。Dr. Leddy氏、がっつり今回は入ってますよ!さすがです。
b0112009_12153286.png
それにしても…最初にSCAT5って目にしたときに、「えっ、いつのまにSCAT4が出てたの?それをまさか何年も見逃していた!?教師失格!?」とひやりとしたのですが、なんと「第5回国際脳震盪会談だったのでキリがいいからSCAT4を飛ばしてSCAT5にしました」というオチとは…。かなり焦ったのでやめてほしい…。

では、とりあえず最初から順番に読み進めて、私が気になったことを勝手にどんどん挙げていきます。

1. Preamble (全文)
「『絶対』ではない」―このコンセンサス・ステイトメントは2016年10月現在持てる知識を全て集めて作られたもの。脳震盪をめぐるエビデンスは日々発見され続けているからこそ、このコンセンサス・ステイトメントはその他のsystematic reviewなど一緒に読まれるべきであり、あくまで我々の医療を導く「一般的に作られた」「ガイド」なのであって、「医療ガイドライン」や「法的スタンダードケア」として解釈されるべきではない、という文章が頭に残ります。「2020年12月までにはまた新しい声明出しますので」という記述からもあるように、脳震盪に関しての研究が爆発的に進んでいることから、今回のこの声明を絶対的なガイドラインとして発表することはあまりにリスキーだと踏んだのでしょう。「皆はこれを参考に、現場では個々の判断でやってよね」という含みを持たせたニュアンスです。一見無責任にも聞こえますが、これは現状仕方ないのではと私は思います。

2. Recognize
ConcussionはTBIスペクトラムの一部で、中では軽度であると書いてはいるものの、「脳震盪」という言葉の曖昧さ、不正確さを改めて指摘しているのも印象的です。脳震盪の定義は今までと変わらないのですが、改めて書いておくと…
 ● caused by a direct blow to the head, face, neck or elsewhere on the body with an impulsive force transmitted to the head
  必ずしも頭部に直接衝撃を受けなくても脳震盪は起きますよー、と。
 ● typically results in the rapid onset of short-lived impairment... However, in some cases, signs and symptoms evolve over a number of minutes to hours
  「症状はほとんどの場合すぐに出る」としながら、「しかし、症状が如実に出るまで数分から数時間かかることがある」というのも大いに記しておく価値のある文章です。
 ●頭部にかかる衝撃と脳震盪の関係性はまだまだ解明しきれていない。脳震盪やマウスガードを使った研究も進んではいるが、脳にかかる衝撃を直接計測できるような道具はまだないので、今回の声明ではそういったデータはあまり考慮されていない。
 ●脳震盪の症状は時間の経過と共に変化するので、診断は非常に複雑で難しい。現在、完璧な診断の指標となるテストやマーカーは存在せず、逆に言うと一過性の神経系症状を訴えている患者に対して即座に脳震盪という診断を除外することは不可能である。疑わしき患者は即座にプレー中止させるべきである。
  脳震盪の除外はできない…これ、あんな人やこんな人たちに読んでほしいです…。

3. Remove
脳震盪を受傷した患者は一人きりにするな、という記述は他でも見たことがあるのですが、「症状の悪化が無いか、受傷後数時間に渡って監視されているべきである」という表記は初めてはっきり見たように思います。
それから、一番興味深いのは「Sporting bodies should allow adequate time to conduct this evaluation (= SCAT5などのサイドラインテスト)」というところで、現在のルールで(時間制限や交代制限などで)しっかりとした診断をさせてくれないスポーツのルール変更をはっきりを要求するような文章になっています。

4. Re-evaluate
前回のコンセンサス・ステイトメント2ではNeuropsychological (NP) assessmentは脳震盪マネジメントのコーナーストーンであるとかなり銘打って書かれていましたが、今回ではその重要性を強調しながらも、「ソロで使われるべきではない」「Baseline NP Testを現時点ではmandate(強制)しない…が、取っておくことはお勧めする」と少しマイルドな書き口で〆ています。
バイオマーカーや脳画像診断の可能性は示唆しながら、「決定的なエビデンスはまだない」とも。

5. Rest
受傷後24-48時間の休息は必要であるが、それ以上の休息がリカバリーに有益であるというエビデンスはない。24-48時間後からは、症状が悪化しない範囲でactiveに過ごすべきである、という文章がこういったコンセンサス・ステイトメントレベルではっきりと書かれたのも初めてなんじゃないのでしょうか?「激しい運動は控えるべきだ」「適切な運動量や時間はまだ研究中」としながらも、動ける範囲で動こう、というメッセージはきっとDr. Leddy氏の影響も大きいのでしょう。2020年のアップデートにはもっと詳しいprotocolが載るんじゃないかなーと勝手に期待しています。

6. Rehabilitation
コンセンサス・ステイトメントやガイドライン、ポジション・ステイトメントで正式に脳震盪の「リハビリ」という項目が設けられたのも初めてなのではないでしょうか。今のところ、リハビリというコンセプトは10-14日以内に回復しきらない、いわゆるPCS患者限定ではあるが、psychological, cervical, and vestibular rehabilitationは一定の効果を上げている、とのこと。
それから、来ました、controlled sub-symptom-threshold, submaximal exercise! このプロトコルがはっきりと「safe(安全)」かつ「may be of benefit in facilitating recovery(回復を促進させる効果があるのではないか)」と書かれたのは、脳震盪診断・治療の歴史で大いに意味ある一歩かと思います。

長くなるので、次回に続きます!


1. McCrory P, Meeuwisse W, Dvorak J, et al. Consensus statement on concussion in sport-the 5th international conference on concussion in sport held in Berlin, October 2016. Br J Sports Med. 2017;pii:bjsports-2017-097699. doi: 10.1136/bjsports-2017-097699.
2. McCrory P, Meeuwisse WH, Aubry M, et al. Consensus statement on concussion in sport: the 4th International Conference on Concussion in Sport held in Zurich, November 2012. Br J Sports Med. 2013;47(5):250-258. doi: 10.1136/bjsports-2013-092313.

[PR]

  # by supersy | 2017-05-11 23:30 | Athletic Training | Comments(0)

適切な心肺蘇生は肋・胸骨の骨折を伴う。

何年かに一回、SNSなどで「AEDを女性に使おうとして訴訟されそうになった」「肋骨や胸骨を折ると訴えられるから心臓マッサージはしたくない」という投稿を見かけ、そのたびにもやっとした気持ちになります。色々思うところはあるのですけれど、今回は、サラッと胸骨・肋骨骨折についてだけまとめますね。

さて、成人が意識を失って倒れている場合、まずは1) 真っ先に救急車を呼んで、2) 救急隊を待つ間、患者の脈拍・呼吸が見られなければ一刻も早く胸骨圧迫を開始/AEDを使用する、というのが近年の救急対応スタンダードです。私自身、つい最近、アメリカ赤十字のCPR(心肺蘇生)/AED資格更新講習を受けたんですが、最新のガイドラインでは、成人の胸骨圧迫は最低でも2インチ(=約5cm)、子供は約2インチ(約5cm)、幼児が1.5インチ(約3.8cm)の深さに達しないと十分な効果無しと指導しています。私が初めて救命講習を受けた15年前は成人の胸骨圧迫度合はもっとずっと浅くてよいと教えていたと記憶していますから、「効果的な救命には我々が以前思っていたよりもより深い圧迫が必要」というのが近年の共通理解なんです (*調べてみたら当初は3-4cmと教えられていたのが1960年代に4-5cmに変わり、2010年からは「最低でも5cm」に変更になったようです。スピードも2010年前には「一分間に100回」だったのが、2010年以降は「最低でも一分間に100回」と、時代と共により深く速い圧迫が求められるようになっているのが見て取れます1)。硬い胸郭に守られている心臓をマッサージしようというのだから、それなりの力が必要なのはまぁある意味アタリマエです。
b0112009_02004686.jpg
そんなに深く速く圧迫したら、胸骨や肋骨が折れてしまうんじゃないか?と心配する方もいるかもしれません。そのとおりです。最新のガイドラインに沿えば、以前よりもこういったCPRに起因する胸部の骨折が増えてしまうのも、至極当然なのです。一般の方にはショッキングかもしれませんが、簡単に統計を紹介します。1

●心臓マッサージを受けた全患者の87%(男性: 86%、女性: 90%)が何らかの骨折(胸骨 and/or 肋骨)をする。
●肋骨の骨折は全体の80%の患者に(男性: 77%、女性: 85%)、胸骨の骨折は全体の65.3% (男性: 59.3%、女性: 78.6%)に見られ、胸骨の骨折はかなりの確率で肋骨骨折を伴う。
●胸骨こそ女性のほうが2.3倍ほど骨折しやすいという統計が報告されているが(OR 2.28, 95% CI 1.83-5.18)、骨折全般のリスクそのものは男女差はない。
●骨折の可能性は年齢と共に上昇する傾向にあり、30歳未満の骨折率は41%程であるのに対して、50代では85%、60歳以上だと骨折率は92%にもなる(下のグラフ参照)。
●2010年のガイドライン変更前と後では、骨折率も85%から89%と増加しており、「胸骨圧迫の深さ・速さ」に関する改訂により、骨折のリスクはより高まったと言える。
b0112009_09103655.png
心臓マッサージによる年齢別骨折率。 Kraji et al., 20151 Figure 1を元に作成

つまり、まとめると「心臓マッサージに骨折はつきもの」!むしろ骨が折れて当たり前くらいの気持ちでやっていないと、現行のガイドラインの基準を満たすような深く速い胸骨圧迫はできない、ということになります。「折れて当たり前」は救急隊の間ではよく知れた常識であり、救命士資格の講習会でも「骨折は治る、しかし命を失ったらそれまで」と頻繁に謳われます。警察庁、消防庁、教育省、厚生労働省、日本医師会、日本救急医学会、日本赤十字社などが共同で発表している「救急蘇生法の指針」というガイドライン2にも、こんな風に明記されています。

わが国においては民法第698条の「緊急事務管理」の規定により、悪意または重大な過失がない限り善意の救助者が傷病者などから損害賠償責任を問われることはないと考えられています。また、刑法第37条の「緊急避難」の規定では、害が生じても、避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り罰しないとされています。善意に基づいて、注意義務を尽くし救急蘇生を実施した場合には、民事上、刑事上の責任を問われることはないと考えられています。(p.44)

個人的には「責任を問われることはないと考えられています」よりはもう少し語調の強い、「問われることはありません」という断言ができれば安心この上ないと思うのですが(例えばアメリカにはGood Samaritan Law、善きサマリア人法という『救急の場面で、人を救おうという善意で行った行為に対して、失敗するなどして実害が生まれてしまった場合にもその人は責任を問われない』という法律による確固たる保護があります。日本でもこれが制定されるべきかは協議中ということなのですが…)、それでも今までに日本で救命行為を行った人が法律的処罰を受けたケースはないそうです。AED使用時の脱衣行為で訴えられるなど、もってのほか。周囲の一般人が騒ぐことすらあれ、仮に警察などに通報されても、それが救命行為だったと分かれば警察も失笑、一蹴してくれるはずです(なんてったって、警察庁も構成委員を務める指針に「民事上、刑事上の責任を問われるべきではない」とはっきりと書いてあるんですからね)。

b0112009_02403441.png
さて、ここからは少しばかり突っ込んだ話をしますので、読みたい方だけ読んでください。私が今回参考にしたこの文献(↑)1は、スロベニアの研究チームによって2015年に発表されたもので、検証対象は「2004年から2013年の間にCPRを受けたにも関わらず助からなかった(= 死亡した)18歳以上の患者2148人」です。これを踏まえて、指摘しておきたい点が2つあります。1) サンプル数としては十分な数が揃っていると言える…が、2) あくまで死亡した患者ということで、解釈には注意が必要。例えば、私はこんな風に考えます。胸骨圧迫の深さが不十分だったから蘇生ができなかった可能性も否定できない→となれば、この研究で報告されている骨折率はむしろ胸骨圧迫を施されて助かった患者のそれよりも低い可能性は十分にあるのでは?私はこの論文に書かれている数字を「最低骨折率」として解釈してもいいのではと思っています。皆さんはどう思いますか?

その逆で、「胸骨圧迫そのものが死を招いた可能性も否定できないだろう」という人もいるかもしれません。しかし、同論文の中に、骨折をした1875人のうち、検死解剖で『胸骨圧迫により、死亡に関わった可能性があるほどの内出血』が認められた患者は30人にしか確認されませんでした(内訳は肝臓破裂 n = 13, 肋骨脱臼・胸骨骨折 n = 11, 脾臓破裂 n = 2, など)。これは全体の1.39%(30/2148)にしかなりません。もっと極端な例で言うと、その場で既に即死していても(= 既に蘇生の可能性がゼロでも)、なんとか蘇生しないかと奇跡を願って30分45分と胸骨圧迫を長時間続け、その結果骨がバキバキに折れてこれだけの内臓損傷を引き起こしてしまっていた可能性も十分にあると思うのです。死亡が先なのか、胸骨圧迫による損傷が先なのか、chicken or egg...どちらにしても、これらの30件全てが「胸骨圧迫によって死亡した」と断定できたわけではないのです。
b0112009_12152456.jpg
さぁ、多く見積もっても胸骨圧迫で患者が死亡する可能性は1.39%。1心肺蘇生を行わずにただただぼうっと救急隊の到着を待っていれば、一分ごとに患者の生存率は10%降下していきます。3 日本の救急隊が現場に到着する全国平均時間は8.6分とのことですから、4 これを悠長に待っていればどちらにせよほぼ確実に患者は命を落とすことになるわけです。一刻も早い「現場での行動」が生存率を少しでも上げるのは間違いのない事実です。

現場でCPRを開始できるのはプロの救急隊ではない、たまたま居合わせた一般の人であることが圧倒的に多いのです。3 頭に浮かぶかもしれない躊躇や不安を振り払ってでも、とにかく胸骨圧迫だけでも開始してもらえれば…と医療従事者のはしくれとして願っています。

ちなみに、もうかなり古くなってしまいましたが、AEDに関する記事を昔書いたことがありますので、こちらも併せてぜひ。


ところで全然関係ないんですけど、このデータもかなり面白かったです(↓)。1 肋骨、胸骨骨折を部位別に骨折確率をまとめたもので、肋骨は第3-5肋骨骨折が最も多いこと、そして胸骨は胸骨体の中心か胸骨角部分の骨折が多いことがわかります。いやー、これだけでも焼酎2杯はいけますね!おもしろい…。
b0112009_12284907.png

1. Kralj E, Podbregar M, Kejžar N, Balažic J. Frequency and number of resuscitation related rib and sternum fractures are higher than generally considered. Resuscitation. 2015;93:136-141. doi: 10.1016/j.resuscitation.2015.02.034.
2. 日本救急医療財団心肺蘇生法委員会. 救急蘇生法の指針、市民用、2015. https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/kyukyu_sosei/sisin2015.pdf. Published 2015. Accessed on April 28, 2017.
3. Rivera NT, Kumar SL, Bhandari RK, Kumar SD. Disparities in survival with bystander CPR following cardiopulmonary arrest based on neighborhood characteristics. Emerg Med Int. 2016;2016:6983750. doi: 10.1155/2016/6983750.
4. 消防庁. 報道資料:平成27年版 救急・救助の現況. 総務省消防庁website. http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h27/12/271222_houdou_2.pdf. December 22, 2010. Accessed July 10, 2016.

[PR]

  # by supersy | 2017-04-28 22:30 | Athletic Training | Comments(0)

Shoulder Impingement Syndrome (SIS)診断について、その3。

b0112009_10385830.png
#8 Kelly & Brittle, 2009
この研究ではUSを比較試験として用い、7つのテストの診断的価値を検証しています。US画像診断は最近の技術の進歩でより正確になってきていて…と他の論文(#7)でも書いてあったような文句が導入部に書かれていますが、その際に引用されている文献は#7でも使われていた2004年のものと2000年の論文のみで、もっと新しいはずの#6 (2006年)の論文と決定的に食い違うので、やっぱり個人的に「USをreference testとして使う」ことの正当性は低いのではと思いますが…。

被験者: 該当整形外科病院に肩のUSを撮りに来た34人の患者さん(男性20人、女性14人、中間年齢57歳、中間症状期間2年…なぜにmeanでなくてmedian?)。Inclusion criteriaは年齢が20-70歳で、指示に従う能力があり、no history of traumatic injury to the shoulderというところ(肝心な肩の症状に関する指定は一切なし)で、Exclusion criteriaは1) neurological-type pain or weakness originating from cervical spine もしくは 2) inflammatory joint diseaseがあること、だそうです。我々ATからしたら、US画像にreferされる患者の平均的criteriaが分からないのでこれは設定の甘いIn/exclusion criteriaですね。Sample sizeに関してもPower Analysisは行われておらず、かなり被験者の数は少ないなぁという印象です。

検証方法: US (肩の超音波の専門家であるひとりのradiologistが一貫しておこなう)の直後一人のphysiotherapistが7つのテスト(Neer, Hawkins-Kennedy, Painful Arc, Empty Can, Full Can, Resisted Abduction, Resisted ER)を実施。タイムラグがないのがいいですね。しかも、このPTはUSの結果を知らない(blinded)状態だったそうなので、ここも評価できます。

気になるのは「US画像がfull-thicknessがどうか不明瞭だったり、テスト結果が曖昧(陽性とも陰性ともつけがたい)だった場合は分析から省きました」という記述ですかね。実際の診療では「あれー?このテスト陰性かな、陽性かな?」と迷うような場面があるからといって「分からないから診断しない!」と投げるわけにはいきません。曖昧なケースも含めて診断できるようなツールを開発することこそに意味があるのではと思うので、「不明瞭なものは除外」というのはあまり褒められた研究デザインではありません
b0112009_12461577.png
結果: さて、結果は上の表の通りです。例によって-LRや+/-PVがなかったので全部まとめて出してみました。ハッキリ言って有効なものはほとんど確認できません。外転時の痛みが確定に有効なくらいでしょうか。それにしたって、95%CI値が報告されていないので、どれほど安定した数値なのかは残念ながら不明です。被験者の数が少ないので、95%CI幅が報告されていたとしても広いことは間違いないのではと思います。

著者の結論にも「SIS診断にこれらのテストの使用はさほど有効ではない」と書かれています。唯一面白いと思ったのが、それに続く考察で「肩周りは神経支配がリッチであるため、例えばまだまだSIS初期で、USでは変化が見受けられないけど、これらのテストでは痛みが出るという可能性も十分にあるのではないか」つまり、USという比較テストの信憑性そのものにも疑問を掲げているところでしょうか。まぁ、これを言ってしまうとGold StandardであるはずのArthroscopyもその絶対性が怪しくなってきてしまいますけども…。これ(初期の比較的asymptomaticなSISの診断)を考慮しようと思ったら、今度はSISの初期、中期、末期…みたいに患者を状態でわけて、それぞれでテストの診断価値を実証しなければいけなくなりますねぇ。興味深い考え方なんですけど、検証は難しいかな。
b0112009_10390587.png
#9 Hegedus, 2012
2006年に俺らreview article出したんだけど、あれから結構経ってoriginal researchもさらに出たし、systematic review/meta-analysisのmethodologyもかなりスタンダード化が進んだし、QUADASが進んでQUADAS-2になったりもしてるんで、もう一回新しくsystematic review/meta-analysisやりなおしますわー、という論文。

Inclusion Criteria: diagnostic accuracy studies; report SN and SP; written in English; examining adults with shoulder pain fur to musculoskeletal pathology
Exclusion Criteria: the use of equipment/devices; subjects tested under anesthesia; cadavers
Databases Used: Medline, CINAHL, EMBASE, Cochrane Library
b0112009_21041162.png
2人の研究者が別々にタイトルとabstractを読み、include or excludeを判断。意見が合わないところは話し合いで、それでも解決しなければ第3研究者によって決定。そののち、手元に残った論文の全文を読んでsystematic reviewとしての最終分析に入れるか決定。最終分析に含まれた32の論文のうち、2x2テーブルが抽出可能だった論文はmeta-analysisにも含まれたそうです。同様に、QUADAS-2に関しても2人の研究者がそれぞれindependentlyでこのツールを用いて研究の質を推し測る分析を行ったそうなんですが、QUADAS-2のagreementはk = 0.31 (95%CI 0.10-0.52)とかなりpoor (低い)値に。いやー、講習会などでも私はオリジナルQUADASのほうがまだ良かったのではないかって言ってしまったりするんですけど、そうなんですよね、QUADAS-2のほうが主観的なので、評価者によって意見の食い違いがある、つまり、inter-rater reliabilityが低いと思うんですよ…。まぁ別に今回のこのレビューそのものの悪口を言っているわけではなくて、これはツールそのもののlimitationですよね。ここまでのmethodologyはスタンダードな、いわゆる非常に丁寧に作られた良レビューという印象です。

QUADAS-2の分析から見えてきた「(今回のレビューに含まれた)多くの論文に共通するバイアス」に関する問題点は大きくふたつ。1) Patient Flow - index testとreference testの間が空きすぎ…これは以前に私も指摘した点ですね。それから、2) そもそもgold standardですらないUSをreference testに使う研究が近年増えている(n = 12)、という点も。これも私が書いていたところだ、やっぱりそうだよね!なんでUSがありきになったのか…。

Systematic reviewの部分はそんなに面白くなかったんで(オイ)、もっとワクワクするMeta-analysisの部分に飛んじゃいましょう!これはご飯三杯はいける、楽しい統計群です!下のテーブルは文中のTable 3を私が個人的に一番見やすいように修正したものなんですけど、ひとつだけ疑問があるとすれば「なんでImpingementとSLAPの上半分だけ、SNとSPを小数点以下まで求めていないの…?」という一貫性の無さですかね。数字いじるんだったらそういうところはしっかり合わせてほしかったです。んで。せっかくのmeta-analysisなので、95%CI幅を考慮しても絶対的な統計力がある「優れたテスト」はあるのか?ということで、「決定的統計力」があるものはがっつり赤に太字で、「まぁ使えないことはない」というテストはうっすら赤で、それぞれハイライトしてみました。意外というかやっぱりというか、少ないですね、良いテスト…。
b0112009_21001210.png
Impingement: NeerとHawkins-Kennedyは除外にはまぁまぁ、確定にはPainful Arcがまぁまぁ有効。
SLAP: Anteiror SlideとYergasonの確定は決定的。CrankとCompression Rotationは確定にまぁまぁ。除外に有効なものは残念ながらないが、一番マシなのはActive Compression (O'Brien's - 67%, 95%CI 51-80%)といったところか。
Anterior Instability: これはやっぱりAnterior ApprehensionからのRelocation, Surpriseのコンボをやれってことでしょうね。それぞれ確定力は決定的もしくはまぁまぁ。そして、Surpriseは除外力もまぁまぁあり。
Tendinopathy: Hawkins-Kennedyの除外力がまぁまぁ。
Labral Tear: Crankの確定力はまぁまぁ。
障害別にまとめるとこんな感じですかね。LR値は残念ながら総じて良くないです。例えばSpecificityが良くてもSensitivityが乏しいと、いわゆる「トレードオフ」状態になってしまっていて「総合的にLR値が1に近づく」という、まぁ、こういう現象が起こりえます。
b0112009_21042011.png
コンビネーションテストも紹介されてはいるんですが、95%CIがないのでここで敢えて言及する価値はないかと思います。結論としては、「使いどころによってはチカラを発揮できるテストはあるが、これさえ使えば完璧!というテストは存在しないし、コンビネーションテストもギリギリ使えるかどうか…という感じ。もっとcomprehensiveな診断方法を開発、検証する必要がある」とまとめられています。これは私も賛成です。

#10 Dinnes et al., 2003
肩の傷害の診断に、1) clinical examination, 2) US, 3) MRI, 4) MRAはどれだけ有効なのか、という大掛かりなレビュー文献。これは…誰かのdissertationでしょ?chapter形式で185ページあるし…。こういうの課題にするかね普通?ぶつぶつ…。
b0112009_12050926.png
この論文、長すぎてとてもまとめきれないので、面白いと思ったところだけ書くと…
  • Includeされた研究の多くがprimary care setting (i.e. スポーツの試合中に怪我が起こり、その場でATが診断)ではなく、誰かの手を渡って最終的に整形外科やリューマチ課などにreferされた患者であるからして(self-referもあるかもしれないけど)、これらの研究の結果が(比較的患者がunselectedである)現場でそのまま当てはまるとは限らない。
  • 上記の理由で、障害のprevalenceは高いものが多かった(i.e. RC disorderが平均で61%)。…現場での数字はきっとこれほど高くはないでしょうし、prevalenceは直接SN、SPなどの結果にも関わってくるので、これによって結論が影響を受けた可能性は十分にあり得ます。
  • 個々のSelective Tissue Testで除外に有効なのが1) Arc of Pain (SN 97%; 95-99%)/Impingement Sign (SN 97%; 95-99%); 2) IR Lag Sign (SN 97%; 83-99%, -LR 0.0; 0.0-0.2); 3) Rent Test (SN 96%; 85-99%, -LR 0.0; 0.0-0.2); 4) Neer (SN 89%; 80-94%); 5) Night Pain (SN 88%; 84-91%)。
  • 確定に有効なのは1) ER Lag Sign (SP 100%; 86-100%)/Drop Test (SP 100%; 86-100%)/Lift-Off (SP 100%; 86-100%); 2) Rent Test (SP 97%; 89-99%, +LR 30.1; 7.7-118.0)/Speed (SP 97%; 87-100%); 3) IRRST (SP 96%; 90-99%, +LR 24.8; 8.1-75.9)/IR Lag Sign (SP 96%; 80-00%)。
  • 総合的に優秀なのはRent Test (除外確定、SN、SP、+/-LR全て有効)、次にIR Lag Sign (除外確定、SN、SP、-LRは確定的)、そしてIRRST (確定、SP、+LRが確定的)というところでしょうか。しかし、これはそれぞれ異なる障害を診断するためのものなのでなんというか、わかりにくくなってしまっているまとめです。傷害別にorganizeすればよかったのでは?
b0112009_11353358.png
  • テストの組み合わせは臨床的に意味がありそうなものはなし。例えば、このまとめ(↓)によれば、7つのテストをおこなって全てが陽性だったら確定可能…って、あたりまえじゃん!って感じなので。他にも「10 tests + X-ray」なんて、ATにしては現実味がゼロ。
b0112009_12014583.png
  • 肩の傷害の診断にUSを使うことに関しては、今までに38の研究が発表されていたらしいのですが「最近使われている周波数は>10MHzが主流なのに、過去の研究では5MHz(6 studies)や7MHz(19 studies)、もしくは5MHzと7MHzのコンボ(6 studies)が使われていること多く、10MHzの研究(3 studies)のほうが圧倒的に少ないほど。バラツキが大きすぎる」とのことで。ふーむ、ここんとこは知らなかった。となると、研究間の比較の正確性がアヤしくなってきますね。
  • 加えて、超音波画像の研究は被験者のdemographicの描写が甘い、不適切なreference testを使っている、診断基準がきちんと定義されていない、USとreference testの間が空きすぎている、なども挙げられており、総合的にこれらの研究の質はかなり悪いと考えてよさそう。特に私が気になるのがretrospective (or unknown, n = 18) studiesの統計のほうがprospective (n = 11) studiesよりもSensitivity (85%; 81-85% vs 70%; 64-75%)とSpecificity (86%; 83-88% vs 81%; 76-85%)の数値がいいってことでしょうか。もうこうなってくるといよいよ過半数の研究にバイアスがあるってことじゃないかと。
b0112009_12553585.png
  • USそのもののOverall pooled SN = 80% (95%CI 78-83%)とSP = 85% (95%CI 82-87%)。RCのtear深刻度別にa: any tear; b: full-thickness; c: partial-thickness tearで見てみると(↑、個人的に重要だと思う結果に★を付けてみました)、断裂の度合いを問わず、確定にはいいけと除外はなー、という感じですね。画像診断まで取って損傷を見逃したくないというのが患者・クリニシャン双方の考えかなと思うので、このSensitivityの幅は私としては使い勝手がいいとは言えないのは、という印象です。これはLR値見ていても同じ(↓)ですね。full-thicknessのtearで陽性出たらDORが13にも跳ね上がるのだとか。しかし、陽性は有意義でも陰性はそれほど意味を持たない。
    b0112009_13061121.png
  • MRIのRC pathologyに対する診断価値を検証した研究は全部で29。Overall pooled SN = 83% (95%CI 79-86%); SP = 86% (95% CI 83-88%)ということで、USよりはほんのわずかばかり優秀。MRIに関して面白いと思ったのが、「患者の年齢が上がるとともに正確性が下がる」というところですかね。加齢に伴う組織の変化をpick upしすぎてしまうのでしょうか?
b0112009_00230568.png
  • RCのtear深刻度別にa: any tear; b: full-thickness; c: partial-thickness tearで見てみると(↑、これも確定的だと思うものに★アリ)、MRIはfull-thicknessの診断には確定・除外共にかなり有効(SN 89%; 86-92%, SP 95%; 91-95%)な反面、partial thicknessの除外力は非常に低い(Sn 44%; 36-51%, SP 90%; 87-92%)のがわかります。LR値(↓)もまぁ、この結果を反映していますよね。Full-thicknessの-LR値は完璧とは言いませんが、「陰性の場合はRC断裂の可能性は(pre-test probability 32%から)7%未満まで落ちる」のには十分な数値でもあります。臨床的意味はそこそこあるのではと私は感じています。これに基づき、最終結論では「MRIはfull-thicknessの除外に有効」とのみ書かれているので、「確定は?」と思って、nomogram使って陽性の場合のpost-test probabilityも示してみました(赤線がfull-thickness、緑がany tear、そして青がpartial thicknessです)。うーん、なるほど、確かにpre-test probabilityの32%を考慮しちゃうと、陽性の場合でもfull-thickness tearのpost-test probabilityは82%ほどと、それほど確定的ではなくなってしまうのか。なるほど。
b0112009_00520153.png
b0112009_01255933.png
  • さて、最後はMRA。MRAの診断価値を検証した研究はたった6、ということでこれは比較的コンパクトにデータがまとめられています(↓)。下の総合的な数値を見る限りでは、full-thicknessのtearにはMRAは確定も除外も決定的に有効partial tearに関しては確定が決定的に有効、ですね。MRIよりもそれぞれ数値が少しばかり高い印象です。Prevalence 平均36%を元に考えると、MRAが陽性だった場合full-thickness tearがある可能性は85%に、陰性だった場合その可能性は6%までに低下するという計算。
b0112009_03260954.png
  • まとめると、「画像診断ではfull-thicknessのほうがpartial thicknessよりも診断しやすい」というところは間違いなさそうですね。本文には「MRIに比べてUSとMRAのほうが優秀」とあったんですが…うーん?そうかなー?確かにUSとMRAが部分断裂を確定できるのに対して、MRIはその能力が少し劣るところは大きいのか?研究の質としてはUSのそれは低いものが多いかなと思ったんですけどね…。今ネットで調べてみたら、もちろん保険や場所によって差はあると思うのですが、コストはUSが一回平均$225ほど、MRIは$475くらいでMRAが$550くらいとありました。ちなみにarthroscopyは$2500-6000くらい?値段も加味すると、一番コスパが良いのはUSってことになるんでしょうか。お金に糸目はつけないんだったらさっさとMRA撮っちゃいましょ、って感じかな。
b0112009_05370319.png
そんなわけで、これでSIS診断の10文献レビュー終わりです!あーこれが終わればやっと読みたかった脳震盪の文献群に取り掛かれそう。楽しみです、ひゃっほうー。

[PR]

  # by supersy | 2017-04-15 18:00 | Athletic Training | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

AX